1. ナビナビ保険 >
  2. 生命保険 >
  3. 医療保険 >
  4. 入院給付金はいくらに設定すればいい?受け取る際の税金や支払われないケースもご紹介
更新 更新:2024.03.21

入院給付金はいくらに設定すればいい?受け取る際の税金や支払われないケースもご紹介

入院給付金はいくらに設定すればいい?受け取る際の税金や支払われないケースもご紹介
専門分野・得意分野
保険・医療・介護・相続・離婚・マネー(節約)など
所有資格
CFP®(公認ファイナンシャルプランナー) 、TLC(生命保険協会認定FP)、損害保険プランナー、証券外務員一種、日商簿記検定簿記2級
専門分野・得意分野
損害保険、生命保険、投資、税金
所有資格
ファイナンシャル・プランニング技能士3級
専門分野・得意分野
保険全般・金融全般・通信全般

入院給付金とは、病気やケガで入院した場合に保険会社から支払われる給付金のことです

入院給付金の日額は契約時に5,000円や10,000円など自分で決めるケースが多いため、入院給付金はいくらに設定すれば良いかわからない方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、公的なデータを参照しながら入院時にかかる費用の平均や、入院給付金の設定の仕方について解説します。

入院給付金はいくらに設定したらいい?

入院給付金の設定を考える際は、公的医療保険を考慮した後の「自分が入院した場合の自己負担額」を参考にするのがおすすめです。

日本では国民皆保険制度が採用されており、誰もが公的医療保険制度(国民健康保険・健康保険)に加入しています。

保険証を提示すれば医療費の1〜3割の自己負担で高度な医療を受けることができ、入院時の一部の医療費についても適用されることが特徴です。

ただし、1〜3割程度の自己負担分とはいえ、入院が長期化した場合の経済的負担は大きなものとなり、入院中の収入減少にも備えなければなりません

そのため、現在の年収や貯蓄状況を踏まえた上で、公的医療保険制度を利用した後の自己負担分に備えるための金額を「入院給付金」として設定するのが良いでしょう。

次の項目から、公的なデータを用いて入院給付金日額の平均や入院時にかかる平均費用をご紹介するので、入院給付金を設定する際の参考にしてください。

入院給付金日額の平均

生命保険文化センターの「2022(令和4)年度 生活保障に関する調査」によると、入院給付金日額の平均は男性が9,600円、女性が8,100円となっています。

また、年代別の疾病入院給付金日額をみても、基本的には女性よりも男性のほうが入院給付金日額は高くなる傾向にあります。

男女別 入院給付金日額の平均推移

※2019年以前は18〜69歳、2022年のみ18〜79歳を調査対象としています参照:生活保障に関する調査 2022(令和4)年度|生命保険文化センター

年齢別にみると、男女ともに50歳代が最も入院給付金日額の平均が高く、男性で10,900円、女性で8,700円となっています。

年代別 入院給付金日額の平均

 参照:生活保障に関する調査 2022(令和4)年度|生命保険文化センター

また、20歳代の入院給付金日額が男女ともに平均7,000円台であるのに対し、30歳代に突入すると平均額が大幅に上昇していることがわかります。

30歳代になると結婚や出産、住宅の購入など、長い人生の中でも大きな支出が増える年代であるため、もしものときに備えて保障を手厚くする世帯が多いものと考えられます。

入院時にかかる費用

続いて、入院時にかかる費用の平均についても確認していきましょう。

生命保険文化センターの「2022(令和4)年度 生活保障に関する調査」によると、入院時の1日あたりの平均自己負担額は約20,700円となっています。

入院時の1日あたり平均自己負担額

参照:令和4年 生活保障に関する調査|生命保険文化センター

入院時の自己負担額の分布をみると、10,000〜15,000円未満(23.3%)が最も多く、その次に20,000〜30,000円未満(16.0%)、5,000円未満(13.8%)と続きます。

また、40,000円以上の高額な自己負担費用を13.2%もの方が支払っていることもわかりました。

一方、直近の入院時における逸失収入(逸失利益)の平均は約30.2万円となっており、入院をしたことで100万円以上も収入が減った方が約9.2%もいます。

直近の入院時の逸失収入

参照:令和4年 生活保障に関する調査|生命保険文化センター

公的医療保険制度では医療費に対して保障が受けられますが、下記のような費用については公的医療保険の適用対象外なので、全額を自己負担で賄わなければなりません。

代表的な自己負担費用

  • 先進医療に係る費用
  • 差額ベッド代
  • 交通費や食事代、雑費

ここまでご覧いただいた通り、入院費用は非常に高額で、入院しなければ得られたはずの逸失収入の金額も大きいことがわかります。

医療保険で充分な入院給付金を備えておけば、長期間の入院に伴う収入減少に備えられるようになるので、上記を参考にしながら入院給付金日額を設定してみてください。

あなたにあった保険がわかる。LINEから簡単30秒、保険診断

入院給付金が支払われないケース

医療保険の入院給付金は、基本的に病気やケガの治療を目的とした入院時に支払われる保険金です。

入院をすることになっても、下記に該当するケースでは入院給付金が支払われない場合があるので気をつけましょう。

支払い事由に当てはまらない場合

医療保険の入院給付金には支払事由が設けられています。

支払事由に当てはまらない場合は、たとえ病気やケガの治療を目的とした入院であっても、入院給付金を受け取ることはできません

支払事由に当てはまらないケースの一例

  • 必要な入院日数に達していない
  • 支払限度日数を超えている
  • 通算支払限度日数を超えている など

これから医療保険に加入して入院給付金を設定する場合は、入院給付金の支払事由についてもしっかりと確認しておきましょう。

健康診断や人間ドックなどでの入院の場合

健康診断や人間ドックなど、病気やケガの治療以外の目的で入院する場合も、入院給付金は支給されません

入院でも給付金が支払われない例

  • 健康診断
  • 人間ドック
  • 美容整形
  • 正常分娩による入院 など

健康診断や人間ドックなどの検査目的の入院、美容整形における入院は支払事由に該当しないケースが一般的です。

ただし、身体に何らかの症状や異常があり、医師の指示による検査入院の場合は、保険金の支払い対象となります。

また、出産時における正常分娩や自然分娩による入院も支払い対象とはなりません。

ただし、異常分娩に伴う帝王切開や子宮外妊娠などの場合は入院給付金の支払事由に該当する場合があります。

基本的には、公的医療保険制度の対象となる費用については入院給付金が支給され、対象外の費用については入院給付金が支給されないと覚えておきましょう。

入院給付金に関するよくある質問

ここでは、入院給付金に関するよくある質問に回答します。

Q. 入院給付金とはなんですか?

A. 入院給付金とは、病気やケガの治療を目的とした入院時に、入院による一時的な出費や入院期間中の収入減少を保障するための給付金です

ほとんどの医療保険では、1回の入院における入院給付金の支払限度日数を設けています。

支払限度日数は30日・40日・60日・120日・180日などと決められており、基本的には保険商品ごとであらかじめ決められています。

また、保険商品によっては、前回の退院から180日以内に同一事由による再入院をした場合に「1回の入院」とみなされ、支払限度日数が合算されてしまう場合があるので注意が必要です。

一部の保険商品では自分自身で支払限度日数を選べるタイプや、特定の病気による入院の場合は支払限度日数が延長されるタイプなど、様々な医療保険も存在するので事前に確認しておきましょう。

Q. 入院給付金に税金はかかりますか?

A. 一般的に、身体の疾病や傷害を起因とした生命保険契約における給付金や保険金は、税法上非課税とされています

具体的には、下記の給付金や保険金に対しては税金が発生しません。

非課税となる給付金や保険金

  • 「入院給付金」
  • 「手術給付金」
  • 「通院給付金」
  • 「がん診断給付金」
  • 「特定疾病保険金」
  • 「介護一時金」
  • 「就業不能給付金」
  • 「先進医療給付金」
  • 「高度障害保険金」
  • 「リビングニーズ特約などによる生前給付保険金」

ただし、入院給付金などを被保険者が請求する前に死亡した場合や給付金を使い残して死亡した場合、本来であれば支払われるはずの給付金や残りの金額については相続財産として扱われるため、相続税の課税対象となります。

また、死亡保険金に対しては「法定相続人数×500万円」の非課税枠が設けられていますが、それらと一緒に入院給付金を受け取っても、非課税枠は適用されないので注意が必要です。

まとめ

監修者からひとこと
鬼塚 眞子
  • 鬼塚 眞子
  • 保険ジャーナリスト/一般社団法人介護相続コンシェルジュ協会代表
入院給付金を検討する上でヒントにしたいのが、厚生労働省の患者調査です。退院患者の平均在院日数を傷病分類別にみると、 長期では精神及び行動の障害は290.6日、循環器系の疾患は52.7日となっています。このデータから給付金の例を考えてみます。35歳から64歳の方が、胃の腫瘍で入院した平均日数は19.4日です。また、生命保険文化センターが公表している、直近の入院時の1日あたりの自己負担費用の平均は20,700円ですから、「19.4×20,700=401,580円」となります。
入院給付金を検討する上で一度、入院日数はチェックしておきたいもの。会社員と違って自営業の方は保障がないので、入院日額や一時金を会社員より5,000円から10,000万円程度、手厚く備える方もいます。一時金タイプも人気がありますが、長期入院の場合は一時金ではカバーできない可能性も覚えておきましょう。いずれにせよ、家計と相談しながら、高額療養費の説明とともに、保険関係者とよく相談して決定していただきたいものです。

生命保険文化センターの調査によると、2022年(令和4年度)における入院給付金日額の平均は男性が9,600円、女性が8,100円となっています。

一方、同調査によれば入院時の1日あたりの平均自己負担額は約20,700円で、入院しなければ得られたはずの逸失収入は平均30.2万円であることがわかっています。

ただし、これらはあくまで目安なので、これから医療保険に加入して入院給付金を設定する場合は、公的医療保険を考慮した後の「自分が入院した場合の自己負担額」を参考にするのがおすすめです。

あなたにあった保険がわかる。LINEから簡単30秒、保険診断
鬼塚 眞子
鬼塚 眞子
保険ジャーナリスト/一般社団法人介護相続コンシェルジュ協会代表
出版社勤務後、出産を機に専業主婦に。10年間のブランク後、保険会社のカスタマーサービス職員になるも両足のケガを機に退職。保険業界紙の記者に転職後、ジャーナリスト・ファイナンシャルプランナーとして独立。相談業務やセミナー、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌などでも活躍。
専門分野・得意分野
保険・医療・介護・相続・離婚・マネー(節約)など
小宮 崇之
小宮 崇之
(株)コミヤ保険サービス代表取締役/損害保険プランナー
大学卒業後、信用金庫に入社。金融機関から独立して、中立的な立場でお客様目線の営業をしたいという思いから、保険代理店として独立を決意。保険会社の代理店営業職を経て、損保ジャパンの研修生を5年間経験し、2020年9月に㈱コミヤ保険サービスという保険代理店を設立致しました。現在は、損害保険、生命保険の代理店を経営しております。また、保険代理店の実務経験を生かして、FPとして執筆業や講師業にも取り組んでおります。
所有資格
CFP®(公認ファイナンシャルプランナー) 、TLC(生命保険協会認定FP)、損害保険プランナー、証券外務員一種、日商簿記検定簿記2級
専門分野・得意分野
損害保険、生命保険、投資、税金
中村 翔也
中村 翔也
Webライター/ファイナンシャルプランナー
携帯代理店法人部門にて営業職として2年半勤務後、2017年12月よりwebライターとして独立。通信ジャンルをメインに金融系、保険記事を毎月30本以上執筆。
所有資格
ファイナンシャル・プランニング技能士3級
専門分野・得意分野
保険全般・金融全般・通信全般
ナビナビ保険編集部
ナビナビ保険編集部
ナビナビ保険編集部は「どこよりも分かりやすい保険情報を届けること」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

おすすめの関連記事

ランキングをみる

ナビナビ保険公式SNS