1. ナビナビ保険 >
  2. 生命保険 >
  3. 医療保険 >
  4. 医療保険は掛け捨てだともったいない?向いている人やメリットデメリットを解説
更新 更新:2024.07.18

医療保険は掛け捨てだともったいない?向いている人やメリットデメリットを解説

医療保険は掛け捨てだともったいない?向いている人やメリットデメリットを解説
所有資格
ファイナンシャル・プランニング技能士3級
専門分野・得意分野
保険全般・金融全般・通信全般

突然の病気やケガに備えるための医療保険には、「掛け捨て型」と「貯蓄型」の2種類があります。

どちらのタイプにも一長一短の特徴があり、個人の考え方によって選ぶべき医療保険のタイプは異なるため、掛け捨て型・貯蓄型のどちらが優れているか一概には言い切れません。

この記事では、医療保険の掛け捨て型と貯蓄型の違いやメリット・デメリットを解説していきます。

そもそも医療保険とはどんな保険かについて知りたい方は以下の関連記事をご覧ください。

医療保険の掛け捨て型と貯蓄型のそれぞれの違い

はじめに、医療保険における掛け捨て型と貯蓄型それぞれの違いから確認していきましょう。

それぞれのメリットとデメリット、おすすめの方の特徴がひと目で分かるように一覧にまとめました。

医療保険の掛け捨て型と貯蓄型の違い

医療保険の貯蓄型と掛け捨て型の大きな違いは、主に「保険料」と「解約返戻金の有無」です

同じ加入年齢・保障内容で比較した場合、掛け捨て型の医療保険は貯蓄型よりも保険料が低くなります

貯蓄型と掛け捨て型の払込保険料の違い

そのため、毎月の保険料負担を軽減しながら大きな医療保障を備えられます。

ただし、定期型の掛け捨て型医療保険の契約を同じ保障で更新する際は、保険料が値上がりしてしまいます

掛け捨て型の医療保険で何度も更新を繰り返すと、払込保険料の総額が貯蓄型を上回ってしまう可能性があるので注意が必要です。

一方、貯蓄型の医療保険は保険料を積み立てられるのが特徴です。

その保険料は、解約する際に契約者に払い戻される仕組みです。※払い戻される金額は、払い込んだ保険料の全額ではない場合があります。

掛け捨て型の医療保険に向いている人

上述の掛け捨て型と貯蓄型の違いを踏まえた上で、掛け捨て型の医療保険が向いている方の特徴は、次の通りです。

掛け捨て型の医療保険に向いている人

  • 毎月の保険料を抑えたい人
  • ライフプランに合わせて保険の見直しをしたい人
  • 将来必要となるお金をほかの方法で準備ができる人

掛け捨て型の医療保険は、解約返戻金や還付給付金などの貯蓄機能がない代わりに、割安な保険料で保障を準備できることが特徴です。

また、中でも定期型の保険期間は10年や15年などの形で一定期間に限定されており、保険期間の満了を迎える際に契約が更新されます。

そのため、子どもが生まれてから独立するまでの期間や、住宅ローンを完済し終えるまでの期間など、一定期間の医療保障を特に手厚くしたいと考えている方に向いています

保険期間が満了を迎えるタイミングで保障内容の見直しがしやすいことも特徴です。

その時々で保障内容を見直して、可能な限り保険料を抑えたい方も、掛け捨て型保険を検討しましょう。

ただし、一般的に掛け捨て型の医療保険は解約返戻金の受け取りが期待できないため、老後資金や介護資金など、将来的に必要となるお金については別の方法で貯蓄をする必要があります。

貯蓄型の医療保険に向いている人

一方、貯蓄型の医療保険に向いている方の特徴は、次の通りです。

貯蓄型の医療保険に向いている人

  • 将来に向けて貯蓄したい人
  • 貯蓄が苦手な人

貯蓄型の医療保険の最大の特徴は、医療保障を備えながら貯蓄にも同時に取り組める点です。

払い込んだ保険料が解約返戻金や還付給付金として契約者に戻ってきます。

また、貯蓄型の医療保険の中には、契約時の保険料のまま一生涯の医療保障を備えられるタイプも存在します。

これらの理由から、現在の家計を重視したい方は「掛け捨て型」、将来を見据えた貯蓄にも同時に取り組みたい方は「貯蓄型」を検討するのがおすすめです。

掛け捨て型の医療保険とは

掛け捨て型の医療保険とは、支払った保険料に対して解約返戻金や満期保険金等が支払われない保険です

保険会社や保険商品ごとに10年や15年などの年数で保険期間(契約期間)が設けられており、その期間中に病気やケガなどで医療費が発生すると、保険会社から保険金を受け取れます。

掛け捨て型医療保険のメリット

掛け捨て型の医療保険のメリットは、次の通りです。

掛け捨て型医療保険のメリット

  • 貯蓄型保険と比べて保険料が低い
  • 保障内容を見直しやすい

同じ加入年齢・保障内容で比較した場合、貯蓄機能がない分だけ掛け捨て型のほうが保険料が低くなります

また、保障内容を見直しやすいというメリットがあります。

掛け捨て型医療保険のデメリット

一方、掛け捨て型の医療保険のデメリットは、次の通りです。

掛け捨て型医療保険のデメリット

  • 満期保険金や解約返戻金(※1)がない
  • 保険契約の更新で払込保険料が上がる(※2)
  • 更新を繰り返すことで払込保険料の総額が貯蓄型よりも高額になる可能性がある

※1 金額は少ないが戻ってくる場合もある※2 同じ保障で更新した場合

掛け捨て型の医療保険は、その名前からも分かるように保険料が掛け捨てです。

場合によっては払戻金が発生することはありますが、保障内容に該当する事案がなければ受け取れるお金はありません

貯蓄型の医療保険とは

貯蓄型の医療保険は、医療保障と貯蓄機能を持った保険商品です

掛け捨て型の医療保険と同じく、保険料を支払うことで医療保障を受ける権利を保有でき、さらに払い込んだ保険料が保険会社に積み立てられていきます。

保険契約の解約時には、それまで保険会社に積み立てた保険料に対し、一定の利率を乗じた金額が解約返戻金として払い戻される仕組みです。

貯蓄型医療保険のメリット

貯蓄型医療保険のメリット

もしものときの医療保障を備えながら貯蓄できる

貯蓄型医療保険は、保障を備えながら将来を見据えた貯蓄にも取り組める点がメリットです。

保障の対象である病気やケガにならなかった場合でも、満期保険金や解約返戻金などを受け取ることができます。

そのため、支払った保険料を掛け捨てにしないで、貯蓄性を重視したい方におすすめです。

貯蓄型医療保険のデメリット

貯蓄型の医療保険には次のデメリットもあります。

貯蓄型医療保険のデメリット

  • 同じ保障内容で比較すると、掛け捨て型よりも保険料が割高
  • 短期解約の場合は受け取る金額が全くない可能性がある

貯蓄型の医療保険は保険期間が長期間である場合が多いため、加入してから数年程度で短期解約をしてしまうと、受け取る金額がまったくないか、あっても払い込んだ保険料を下回る金額しか受け取れないことになります。

特別な事情がない限り途中解約はしないことを心がけましょう。

また、同じ保障内容で比較すると掛け捨て型の医療保険よりも保険料が割高なこともデメリットです。

掛け捨て型と貯蓄型、それぞれ一長一短の特徴が存在するため、メリット・デメリットを把握した上で医療保険への加入をご検討ください。

掛け捨て型の医療保険についてよくある質問 Q&A

最後に、掛け捨て型の医療保険で聞かれることが多いよくある質問に回答します。

Q. 掛け捨て型の医療保険は途中解約できますか?

A. 掛け捨て型の医療保険は、保険期間の途中でも解約可能です

ただし、掛け捨て型の場合は基本的に解約返戻金が受け取れず、仮に解約返戻金を受け取れる場合でもごくわずかな金額しか受け取れないことを覚えておきましょう。

Q. 掛け捨て型の医療保険のデメリットはありますか?

A. 掛け捨て型の医療保険には解約返戻金や満期保険金などがなく、支払った保険料が戻ってこない点がデメリットです

デメリットの詳細については「掛け捨て型医療保険 デメリット」で解説しています。

払い込んだ保険料を掛け捨てにしたくない場合は、保険料負担は大きくなりやすいものの、返戻金や還付給付金を受け取れる貯蓄型の医療保険を検討しましょう。

まとめ

医療保険を検討する際に比較されがちな「掛け捨て型」と「貯蓄型」には、次のような違いがあります。

医療保険の掛け捨て型と貯蓄型の違い

簡単にまとめると、今の生活における家計を重視したい方は掛け捨て型、保障を備えながら将来を見据えた貯蓄にも取り組みたい方は貯蓄型の医療保険を選ぶのがおすすめです。

ただし、医療保険をはじめとする生命保険に期待する役割は個人の考え方によって異なります。

家族構成やライフステージによっても選択肢は異なるため、それぞれのメリット・デメリットをしっかりと把握した上で、自分に適した医療保険をご検討ください。

あなたにあった保険がわかる。LINEから簡単30秒、保険診断
中村 翔也
中村 翔也
Webライター/ファイナンシャルプランナー
携帯代理店法人部門にて営業職として2年半勤務後、2017年12月よりwebライターとして独立。通信ジャンルをメインに金融系、保険記事を毎月30本以上執筆。
所有資格
ファイナンシャル・プランニング技能士3級
専門分野・得意分野
保険全般・金融全般・通信全般
ナビナビ保険編集部
ナビナビ保険編集部
ナビナビ保険編集部は「どこよりも分かりやすい保険情報を届けること」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

おすすめの関連記事

ランキングをみる

ナビナビ保険公式SNS