1. ナビナビ保険 >
  2. 損害保険 >
  3. 火災保険 >
  4. 火災保険料の相場はいくら?一戸建てとマンション、賃貸それぞれの保険料相場を解説
更新 更新:2022.10.24

火災保険料の相場はいくら?一戸建てとマンション、賃貸それぞれの保険料相場を解説

火災保険料の相場はいくら?一戸建てとマンション、賃貸それぞれの保険料相場を解説
監修者

前田 祐治

関西学院大学教授
所有資格
ARM(米国リスクマネジメント士資格)、CPCU(米国保険士資格)、PhD(博士)、MBA(経営学修士)
専門分野・得意分野
生命保険全般、リスクマネジメント、ファイナンス、経営学
執筆者

品木 彰

ファイナンシャルプランナー
所有資格
ファイナンシャル・プランニング技能士2級, 日商簿記検定3級
専門分野・得意分野
保険全般・不動産関連・税金・投資

マイホームを購入した場合、火災保険に加入して災害に備えるのが一般的です。火災保険に加入する場合は、保険料を支払っていかなければなりません。

火災保険の保険料は、一戸建てとマンションで異なります。また、火災保険の補償内容や建物があるエリアなども保険料の計算に影響します。

本記事では、戸建住宅とマンションそれぞれの火災保険料の目安や、保険料の計算に影響する要素を解説します。保険料負担を抑える方法についても解説していますので、ぜひご一読ください。

マンガ・イラスト付き

保険は本当に不要なの??

パンフレット その保健不要論本当に正しいですか?

火災保険料の相場

最初にお伝えしたいのが「火災保険の保険料相場は〇〇円」であると言い切るのは困難であるということです。

火災保険料は、建物の所在地や補償内容、建物の構造などさまざまな要素をもとに算出されます

また保険会社によっても、保険料の計算方法が異なるため、相場を算出するのは困難です。

そこで、今回はモデルケースを設定したうえで、保険料の目安を解説していきます。

一戸建て住宅の火災保険料

まずは、一戸建て住宅の保険料の目安を建物の構造ごとに試算します。試算結果は、以下の通りです。

構造 保険料(10年契約)
木造など(H構造) 約8万〜約29万円
鉄筋・鉄骨(T構造) 約4万〜約18万円

※試算の条件:建物の所在地・東京都、建物保険金額・2,000万円、建築年月日・2022年4月、延べ床面積・100㎡

木造の一戸建て住宅は、鉄筋・鉄骨で作られたものよりも燃えやすいため、火災保険料は割高に設定されます。

マンションの火災保険料

次に、マンションの火災保険料の目安を見ていきましょう。

マンションのほとんどは、鉄筋コンクリート造・鉄骨鉄筋コンクリート造であるため、建物の築年数ごとに保険料の目安を算出しました。

築年数 保険料(10年契約)
新築 約3.4万〜約5.3万円
築5年 約4.0万〜約5.9万円
築10年 約4.7万〜約6.6万円

※試算条件:建物の所在地・東京、建物保険金額・1,000万円、家財保険金額・500万円

築年数が経過したマンションほど、災害によって建物が損害を負いやすいため、火災保険料は割高となります

賃貸物件の火災保険の相場

賃貸住宅の場合、保険金の支払上限額や保険会社にもよりますが、保険料は1年あたり約7,000〜約1.5万円が目安です

賃貸住宅の入居者が加入する火災保険は、保険期間が基本的に1年です。

前田 祐治
ナビナビ保険監修
関西学院大学教授
前田 祐治

火災保険の保険料は、1996年の「保険自由化」以前は、各社とも同じ保険料が適用されていました。しかし、今では保険料率算定会の純率は参考として保険会社に提供されており、一律に同じ保険料率が必ず適用されることはありません。よって、同じ物件で同じ補償内容であっても、保険会社により違った料率が提供されることがあります。しかし、長期契約や一括払いの場合では、割引が適用されるので注意が必要です。水災の保険金の支払いが全社的に大きくなってきたので、今後の保険料率は上昇傾向にあります。

そもそも火災保険とは?

火災保険とは、火災や風災などで建物や家財が負った損害を補償する保険です。建物と家財の定義は、以下の通りです。

火災保険の「建物」と「家財」が指すもの

  • 建物:建物本体、門、塀、車庫、物置、設置済みのアンテナなど
  • 家財:建物内の家具・家電・衣服・貴金属 など

火災保険に加入する際は、補償の対象について「建物のみ」「家財のみ」「建物+家財」の3パターンから選択するのが一般的です。

賃貸物件の入居者は、室内にある家具や家電、衣類などが損害を被ったときに備えて火災保険に加入します

建物が損害を負ったときの補償は、オーナーが加入する火災保険でカバーされるためです。

また、賃貸住宅の入居者は、オーナーに対する損害賠償に備えるためにも火災保険に加入します。

オーナーに損害賠償する事例としては「タバコの不始末で室内の壁紙を焼損させた」「洗濯機のホースが外れて部屋中が水浸しになり、床の張り替えが必要になった」などのケースがあります。

火災保険料の決まり方

火災保険料は「純保険料」と「付加保険料」に分かれています

純保険料は、事故が発生したときに保険会社が支払う保険金の原資となる保険料です。

損害保険料算出機構が算出する「参考純率」をもとに、各損害保険会社が決めています。

一方で付加保険料は、人件費や店舗の運営費、代理店手数料など、保険会社の運営コストを賄うために契約者から徴収される保険料です

どの保険会社も、純保険料と付加保険料を分けて算出します。一方で火災保険料の算出方法は、保険会社によって異なります。

では、各損害保険会社は、何をもとに火災保険料を計算しているのでしょうか。ここでは火災保険料を算出する際の要素をみていきましょう。

建物の構造

火災保険は、建物の構造が保険料計算に影響します。個人の住宅が補償の対象である火災保険の場合、建物の構造は、下記の通りに分かれています。

火災保険の保険料に影響する建物の構造

  • M構造:鉄筋コンクリート造のマンションなど
  • T構造:鉄骨造やツーバイフォー構造の一戸建てなど
  • H構造:木造の一戸建てなど

建物が燃えにくい構造であるほど、火災による被害に遭うリスクは小さくなるため、火災保険料が安くなります。そのため火災保険料は、燃えにくいM構造の建物がもっとも安く、燃えやすいH構造の建物は高くなります。

建物の延べ床面積

延べ床面積は、建物各階の床面積を合計したものです。ロフトやバルコニーは、延べ床面積に含まれません。

建物の延べ床面積が広いほど、災害が発生したときの被害も大きくなりやすいため、火災保険料は高く設定されます

建物の所在地

建物が災害に遭うリスクは、エリアによって異なります。被害に遭いやすいエリアの建物ほど、火災保険料は高くなる仕組みです。

例えば、近くに海や河川がある建物は、洪水をはじめとした水害にあうリスクが高い可能性があります。

また住宅が密集しているエリアは、火災が発生したときに火元が他の住居へ燃え広がりやすいため、火災のリスクは相対的に高いです。

さらには、台風による被害状況もエリアによって異なります。

このようにエリアによって災害のリスクが異なるため、構造や延べ床面積が同じであっても、建物が建っているエリアの災害リスクが高いと火災保険料も高くなるのです。

補償内容

火災保険は、基本補償の中に火災や落雷、風災などの補償が含まれています。

一方で水災や水濡れ、盗難、破損・汚損などの補償は、付けるかどうか選択できるのが一般的です。補償範囲が広いほど、火災保険料は割高になっていきます

また火災保険の多くは、特約(オプション)を付帯して補償を手厚くできますが、保険料は高くなります。

保険会社

火災保険料を計算する基準は、保険会社によって異なります。

そのため補償内容や建物の構造、エリアなどの条件が同じであっても、火災保険料も同じであるとは限りません

また、大手損害保険会社とネット系損害保険会社で、火災保険料の相場は異なります。

ネット系損害保険会社は、店舗の運営費や人件費などがかからない分、大手損害保険会社よりも保険料は割安な傾向にあります

さらに保険会社によっては、独自の割引制度を実施している場合があります。

例えば、ホームセキュリティを設置した住宅や、オール電化を導入する住宅が補償の対象であると、火災保険料が割引となる保険会社もあるのです。

前田 祐治
ナビナビ保険監修
関西学院大学教授
前田 祐治

損害保険会社は毎年、年度終わりに保険金の支払い割合(損害率)と保険業をやっていく事業費(付加費)の割合が開示されています。それによると、2020年では損害率が約64%、事業費率が約33%とトータルで97%となっています。つまり、合計が100%以下ですので、保険業で利益を得ているということになります。この数字は保険料の運用益が含まれていませんので、これを加味すると損害保険事業ではかなりのプラスという結果です。保険業には「収支相当の原則」というものがあり、支払う保険金と保険料が同じになるように設計されているので、全体としてこの割合が100%に近いという数字が意味するのは、この原則が守られているということです。

火災保険料をできるだけ抑える方法

「火災保険には加入したいけれども保険料はできるだけ抑えたい」と考えている方もいるのではないでしょうか。
ここでは、火災保険料の負担を抑える方法について解説します。

補償範囲を適切に設定する

火災保険の補償範囲は、ある程度選択できます。ご自身が住んでいる住宅のリスクに応じた補償に加入することで保険料を抑えられる可能性があります。

例えば、高台にある戸建て住宅やマンションを購入するのであれば、洪水や高潮などの水災に遭うリスクは低いかもしれません

そのため、水災補償を外して火災保険に加入することで保険料を抑えられる可能性があります。

ただし、土砂崩れで自宅が被害に遭う可能性があるのなら、水災補償は必要であると考えられます

お住まいの自治体の公表しているハザードマップを確認し、ご自身にとって水災補償が必要かどうか検討してみましょう。

また、防犯性能が高いマンションに住んでいるのであれば、盗難補償は不要かもしれません。

お住まいの住宅に抱えるリスクを考えたうえで、補償範囲を選ぶことで、余分な保険料の支払いを防げます。

家財の補償額を適切に設定する

火災保険に家財の補償を付ける場合、加入するときに建物だけでなく家財についても保険金額を設定します

保険金額とは、保険金の支払上限額のことです。

家財の保険金額を設定するときは、住宅内にある物が燃えたり流されたりして失ったとき、必要な物を買い直すための金額を試算すると良いでしょう。

例えば、必要なものを買い直すための金額が500万円であるなら、家財の保険金額も500万円に設定することで、余分な保険料の支払いを避けられます。

複数の保険会社から見積もりを取り寄せる

保険会社ごとに、火災保険料の算出基準や適用される割引の種類などが異なります。

そのため火災保険を選ぶときは、複数の保険会社から見積もりを比較して選ぶと良いでしょう。

ただし、いくら保険料が安い火災保険に加入できたとしても、万が一のときに必要な補償が受けられないようでは加入する意味がありません

火災保険を検討するときは、必要な補償や保険金額を決めたうえで比較することが大切です。

前田 祐治
ナビナビ保険監修
関西学院大学教授
前田 祐治

保険料が安い保険が良いと考えるのは間違っています。保険料が安いのにはそれなりの理由があります。たとえば、補償が薄い、支払期間が短い、災害を限定している、支払限度額が小さい、免責が設定されている、など多くの要素で保険料を安くすることができるのです。「ハイリスクハイリターン」という原則があります。保険会社からみて多くのリスクを取ることは、その見返り(保険料)が多くなるということです。つまり、補償が充実している保険は必然的に保険料が高くなってしまいます。しかし、充実していれば良いということでもなく、人によって必要のない補償は切った方がいいと思います。たとえば、高層住宅の高層階に住む人は、水害の危険はほぼ無いので、その補償を切るという考えは正しいです。

火災保険料は2022年10月に値上げされる予定

損害保険料算出機構は、2022年1月からの火災保険の参考純率を全国平均で10.9%引き上げました

その影響により、損害保険各社は、2022年10月から火災保険料を全体的に値上げする予定です。

なお参考純率の改定率は、建物があるエリアや構造、築年数ごとに異なります

災害の被害に遭うリスクが高いと想定される場合は、30%以上も参考純率が引き上げられています。

一方で、自然災害の被害に遭いにくいと想定されるエリアの建物は、参考純率が引き下げられている場合もあります。

火災保険料が値上げされる背景

火災保険料が値上げされるのは、豪雨や台風などの大規模な自然災害が原因です

2018年度は、平成30年台風21号をはじめとした大規模な自然災害が発生したため、火災保険から支払われた保険金は合計で1.3兆円を超えました。

2019年度についても、台風や大雨により被害で9,000億円超の保険金が支払われています。
※出典:損害保険料算出機構「火災保険参考純率 改定のご案内」

このように大規模な自然災害によって火災保険から多額の保険金が支払われたため、保険会社の収支が悪化しました。

そのため、火災保険料の値上げが実施されることになったのです。

火災保険の契約期間も最長5年間に短縮

これまでの火災保険は、 保険期間を最長10年で契約できました。それが2022年10月からは、最長5年契約となります

かつて火災保険は、最長36年で契約できましたが2015年の10月からは最長10年になりました。

そこからわずか7年で、最長の契約期間が短縮されることになったのです。

火災保険は、保険期間が長いほど保険料に割引が適用される仕組みです。

そのため、最長の保険期間が10年から5年に短縮されることで割引率が低下し、保険料の払込額が割高となります

まとめ

火災保険の保険料は、補償範囲や保険金額、建物の構造、建物があるエリアなどさまざまな要素で決まります。また保険会社によって保険料の算出方法や、適用できる割引などが異なるため、火災保険を検討するときは複数社を比較すると良いでしょう。

一方で、保険料を安くできても、火災や風災などで自宅が被害にあったとき、必要な補償が得られなければ火災保険に加入する意味がありません。

火災保険を検討する時は、自宅の災害リスクを確認し適切であると補償を考えた上で保険料を抑えるようにすると良いでしょう。

マンガ・イラスト付き

保険は本当に不要なの??

パンフレット その保健不要論本当に正しいですか?
前田 祐治

前田 祐治

インディアナ大学ビジネススクールにてMBA(ファイナンス)取得。その後、マーシュ株式会社、東京海上日動保険会社、滋賀大学国際センター特任准教授を経て、現在の関西学院大学 経営戦略研究科 教授に至る。
所有資格
ARM(米国リスクマネジメント士資格)、CPCU(米国保険士資格)、PhD(博士)、MBA(経営学修士)
専門分野・得意分野
生命保険全般、リスクマネジメント、ファイナンス、経営学
品木 彰

品木 彰

大手生命保険会社にて7年半勤務し、チームリーダーや管理職候補として個人営業、法人営業の両方を経験。その後、人材会社で転職コンサルタントとしての勤務を経て、2019年1月よりwebライター/監修者として独立。
所有資格
ファイナンシャル・プランニング技能士2級, 日商簿記検定3級
専門分野・得意分野
保険全般・不動産関連・税金・投資
ナビナビ保険編集部

ナビナビ保険編集部

ナビナビ保険編集部は「どこよりも分かりやすい保険情報を届けること」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

おすすめの関連記事

火災保険とは?補償内容やおすすめの選び方、タイプ別の必要性をわかりやすく解説

火災保険とは?補償内容やおすすめの選び方、タイプ別の必要性をわかりやすく解説

2022.10.24
地震保険は必要ある?補償内容や保険料の相場、選び方などをわかりやすく解説

地震保険は必要ある?補償内容や保険料の相場、選び方などをわかりやすく解説

2022.10.24
賃貸住宅で火災保険は事実上必須!自分で加入すべき理由と補償範囲を解説

賃貸住宅で火災保険は事実上必須!自分で加入すべき理由と補償範囲を解説

2022.10.24
台風や風災は火災保険で備えられる!補償される事例や加入時の注意点を解説

台風や風災は火災保険で備えられる!補償される事例や加入時の注意点を解説

2022.10.24
火災保険に水災補償は必要? 補償を受けられる条件や金額などを解説します

火災保険に水災補償は必要? 補償を受けられる条件や金額などを解説します

2022.10.24
賃貸物件に家財保険は必要ない?持ち家との比較や必要性を解説

賃貸物件に家財保険は必要ない?持ち家との比較や必要性を解説

2022.10.24
災害時の非常用品を約2人に1人は備えている!防災バッグの基本6選

災害時の非常用品を約2人に1人は備えている!防災バッグの基本6選

2022.08.16
借家人賠償責任保険とは?相場感や火災保険との違いをわかりやすく解説

借家人賠償責任保険とは?相場感や火災保険との違いをわかりやすく解説

2022.10.24

もっと見るclick

ナビナビ保険公式SNS