お電話でのお問い合わせ  
10:00〜19:00 土日祝も対応(年末年始を除く)
  1. ナビナビ保険 /
  2. 生命保険 /
  3. 定期保険
更新 更新:2021.07.08

定期保険とは? メリット・デメリット、終身保険との違いや必要性を分かりやすく解説します

定期保険とは? メリット・デメリット、終身保険との違いや必要性を分かりやすく解説します

【図解で分かる】定期保険とは?

定期保険の仕組み

定期保険とは保険期間が一定の死亡保険のことで、契約時に定めた期間中に死亡または高度障害状態などになった場合に保険金が支払われます。

一生涯の死亡保障が得られる終身保険と比較して、一般的な定期保険は貯蓄性はほとんどなく、解約した場合の解約返戻金もありませんが、その代わり月々の保険料は割安に設定されています。

また、満期を迎えると保険契約が終了しますが、更新することで継続して保障を受けられる商品もあります。

前田 祐治
ナビナビ保険監修
ARM(米国リスクマネジメント士資格)、CPCU(米国保険士資格)、PhD(博士)、MBA(経営学修士)
前田 祐治

定期保険は保障が一定期間担保されますが、満期が過ぎるとには保障がゼロになるいわゆる掛け捨て保険です。

特徴として、終身保険の保険料に比べて定期保険の保険料は安いです。また、保障期間は一定の保険料を受け取るので、保険会社としては初期は保険料を多めに取り、後半ではその取り過ぎた保険料を吐き出すことにより保険料を平準化しています。
したがって終身保険と同じく、保険期間中はキャッシュバリュー(現金価値)が存在すると言えます。

定期保険の保険期間

定期保険のタイプ(全期型と更新型)

定期保険の保険期間の定め方は、10年・20年・30年などの年数で定める「年満了」と、60歳満了・65歳満了など被保険者の年齢で定める「歳満了」があります。

歳満了の商品は「全期型」とも呼ばれ、一部の商品を除いて基本的に更新がなく、設定した年齢を迎えた時点で保険契約が消滅し、保障も終了となります

一方で、年満了の商品は「更新型」と呼ばれ、満期を迎えると自動更新で保障が継続されます。保険期間を更新すると、月々の保険料が年齢に応じて見直され、少しずつ高くなっていくのが一般的です。

ですので、契約時の保険料は更新型の方が割安ですが、同条件だと払込保険料の総額は期間が長い全期型の方が安くなります。更新時にライフスタイルの変化に応じて保障を見直したい方は更新型を、長期間一定の保障が必要な場合は全期型を検討しましょう。

定期保険の種類

定期保険には「平準型」「逓減定期保険」などといった種類があり、仕組みが異なります。それぞれの種類について、分かりやすく解説します。

定期保険(平準型)

平準型定期保険の仕組み

定期保険の中でもっとも基本形なのがこの平準型の定期保険です。契約時に定めた保険期間中に死亡または高度障害状態などとなった場合、保険金が支払われます。

保険金額も契約時から変わることなく一定で、満期を迎えると更新できる場合があります。自動更新の際、更新時点の年齢に応じて保険料が再設定されます。

逓減定期保険

逓減型定期保険で将来受け取れる保険金額の例

逓減定期保険は、契約した年の保険金額が最も大きく、年数が経過するとともに保険金額が徐々に減少していく点が大きな特徴の定期保険です。

毎月の保険料は一定ですが、年数に応じて保険金が減少していく分、元々の保険料が平準型よりも割安に設定されています。保険金の受け取り方法は一括のみで、請求時点の金額を受け取ることになります。

逓減率は商品によって異なります。中には自分で設定できるものもあり、子供の成長などに伴い、必要保障額が減っていく場合に最適な保険と言えます。

後述する収入保障保険との主な違いは、収入保障保険が支払事由発生後、年金形式で保険金を受け取れるのに対して、逓減定期保険は、一括での保険金受取となる点です。

収入保障保険

年金型(収入保障保険)で将来受け取れる保険金額の例

収入保障保険も定期保険のひとつで、年数の経過とともに保険金額が減少していく点は逓減型と同じですが、保険金を分割(年金形式)で受け取れるのが大きな特徴です。

また、将来必要になるお金が徐々に減少していくという考え方に基づき、年数の経過とともに保障が減少するので、一般的な定期保険と比較して保険料が割安に設定されているため、ご自身に万が一のことがあった場合に、家族の生活を保障したい人におすすめです。

収入保障保険については下記のコンテンツでより掘り下げて解説していますので、合わせて参考にしてください。

定期保険のメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 貯蓄型保険と比較して保険料が割安
  • 大きな保障が準備できる
  • 保障の見直しがしやすい
  • 解約返戻金がなく、貯蓄性がほとんどない
  • 満期を迎えると保障がなくなる
  • 更新時に同額更新すると、保険料が上がる

定期保険の大きなメリットは、終身保険・養老保険などの貯蓄性の高い保険と比較して「割安な保険料」で「大きな保障」を準備できる点です。子供の学費や住宅ローンといった支出が多い場合に、万が一に備えながら月々の保険料を抑えることができます。

また、保障期間の満了日の設定を自身のライフステージに合わせて設定できるため(定年を迎える60歳・子供が独立する年齢など)満了を迎えたタイミングで適切に保険内容を見直せる点もメリットです。

定期保険のデメリットとしては、保障期間が決められているので満期や更新できなくなる年齢を迎えた後は、一切の保障が受けられなくなる点などが挙げられます。

また、更新型の定期保険の場合は、満了後に保障期間が自動更新されるのが一般的ですが、保険金額の同額更新をしたタイミングから月々の保険料が更新前より高額になる点も覚えておきましょう。

定期保険の必要性

ご自身が定期保険の加入に向いているか、そうでないかの目安は以下のとおりです。

定期保険の必要性が高い人の特徴

  • 万が一の際、遺族に当面の生活費を遺したい人
  • 子供の教育資金や住宅ローンの支払いなどで、月々の保険料を抑えたい人

定期保険の必要性が低い人の特徴

  • 満期を気にせず、老後も含め、確実に遺族へ保険金を遺したい人
  • 保険の解約時に返戻金を受け取りたい人

定期保険は、リスクに備えたい期間と理由が明確な人に向いている保険です。

子供の教育資金や住宅ローンなど、大きな支出を控えていることが確実に分かっており、万が一の際に家族の生活が立ち行かなくなる場合や、割安な保険料で家族のために大きな保障を設定しておきたい人は、定期保険の必要性が高いと言えます。

反対に、生涯を通して確実に遺族へ保険金を遺したい人や、将来に向けた貯蓄をしたい人は、貯蓄性の薄い定期保険は向いていません。その場合は、終身保険などへの加入を検討しましょう。

前田 祐治
ナビナビ保険監修
ARM(米国リスクマネジメント士資格)、CPCU(米国保険士資格)、PhD(博士)、MBA(経営学修士)
前田 祐治

定期保険は安価で保障額が大きいので、単身者である若者や家庭をもつ子供がまだ小さな世帯者にはいい保険であると言えます。

ただし、満期時に更新する度に保険料が上がっていくデメリットがあります。若い時にはいい契約でも、将来的には支払いが困難になる可能性があるので、途中で終身保険のような保険に変更することをおすすめします。

定期保険の見直しタイミング

定期保険に限らず、特に死亡保障額については、一生涯同じ額が必要というわけではなく、ご自身のライフステージの変化に合わせて必要保障額も変動するものです。特に、未婚か既婚か、子供がいるかいないかによって、備えるべき保障は変わってきます。

一般的には、結婚して子供が生まれ、家族が増えたタイミングが必要保障額が高額となりやすい時期です。ご自身の必要保障額を詳しく知りたい場合は、FPへの相談を検討しましょう。下記では、ライフステージ別の大まかな保障の考え方について、分かりやすく解説します。

生命保険全般の見直しについて知りたい方は、下記のコンテンツも合わせて参考にして下さい。

結婚したとき

配偶者が専業主婦(主夫)の場合、共働きの場合によって変わりますが、家計を支えている方に万が一のことがあった場合に、不足する生活費や居住費について考えた上で、不足する保障を準備するとよいでしょう。

出産したとき

子供が生まれたタイミングは必要保障額が高くなる時期です。万が一のことがあった場合には、子供の将来の教育資金なども含め、成人して独立するまでの生活費を保障できるようにしておく必要があります。

必要保障額は子供の成長につれて減少していきます。子供が増えた場合には追加の保障を検討しましょう。

住宅の購入時

マイホームの購入時には団体信用生命保険(団信)に加入するのが一般的です。団信に加入すると、住宅ローン分の負担には備えることができます。しかしながら、団信へ加入していない場合、ご自身に万が一のことがあると住宅ローンの返済が滞り、遺された家族の生活に支障が出る可能性があるため、別途の保険加入を検討しましょう。

子供が独立したとき

子供が成人して独立した後は、それまで子供のために備えていた保障を減らすことができますので、老後を意識して必要な保障に絞ることで、保険料を抑えることができます。

しかし、ご注意いただきたい点として、保障を削減すると新たに保険加入する際に健康状態の告知が必要になり、その際に診査に通らず加入できない可能性があります。

ですので、ご自身に合った最適な保障についてはFPへの相談をおすすめします。

定期保険に関する調査データ

ナビナビ保険で調査した定期保険の月額保険料の相場と、死亡保険金の設定金額は以下の通りです。

月額保険料の相場 死亡保険金の設定金額
定期保険の月額保険料の設定金額の調査結果グラフ 定期保険の死亡保険金の設定金額の調査結果グラフ
  • 月額保険料は、10,000円以上15,000円未満で設定している人が最多で20.8%
  • 死亡保険金額は、1,000万円以上2,000万円未満で設定している人が最多で19.7%
調査概要 インターネットによる調査
期間 2020年6月9日~6月16日
エリア 全国
サンプル数 380名
調査機関 Fastask

定期保険に関する口コミ

まとめ

定期保険は、契約時に定めた保険期間に手厚い保障が得られる保険です。「平準型」「逓減定期保険」といった種類があり、ライフステージの変化に合わせてご自身に合わせた保障内容を設定できます。

掛け捨て型保険でもあり、終身保険・養老保険などの貯蓄性の高い保険と比較して「割安な保険料」で「大きな保障」を準備できるのが大きなメリットですが、一方で、解約返戻金がないタイプもあり、満期を迎えた後は保障が受けられなくなります

保障は更新することで継続できますが、更新時の年齢に応じて月々の保険料は更新前より高額になるのが一般的です。詳しくは定期保険のメリット・デメリットを参照して下さい。

上記の内容から、定期保険の必要性が高い人と低い人の特徴は以下のとおりとなります。

定期保険の必要性が高い人の特徴

  • 万が一の際、遺族の生活費を遺したい人
  • 子供の教育資金や住宅ローンの支払いなどで、月々の保険料を抑えたい人

定期保険の必要性が低い人の特徴

  • 老後も含め、確実に遺族へ保険金を遺したい人
  • 保険の解約時に返戻金を受け取りたい人

長期での保障を前提として保険加入を検討したい、貯蓄もしながらリスクに備えたいといった場合は「終身保険」や「養老保険」を検討した方がよいでしょう。

定期保険の仕組みが分かったら、下記のシミュレーション機能を利用して実際の商品を確認しましょう。それでも商品を選ぶのが難しいと感じられる方は、FPへの無料相談または電話によるお問い合わせをお気軽にご利用ください。

定期保険のランキングはこちら。

開催中のキャンペーン🎉

プレゼントキャンペーン
お申込期間
2021/6/23~2022/9/30
初回ご面談実施期間
2021/6/23~2021/11/30
キャンペーン対象
期間中に当サイトから無料保険相談にお申込みいただき、FPと初回のご面談を完了された方
商品
ミスタードーナツ ギフトチケット(500円)

※詳細はナビナビ保険プレゼントキャンペーンをご確認ください

藤田 匡紀

藤田 匡紀

新卒で日本生命保険相互会社に入社し、販売企画・代理店営業など多様な業務に従事。13年間勤務した後「もっと多くの人に、保険の必要性を正しく理解してもらいたい」という思いを胸にエイチームフィナジーに入社、ナビナビ保険の運営に参画。金融機関における顧客向け相続セミナー・研修会の実績も多数あり。
所有資格
AFP資格、証券外務員Ⅱ種
専門分野・得意分野
生命保険全般、資産運用
前田 祐治

前田 祐治

インディアナ大学ビジネススクールにてMBA(ファイナンス)取得。その後、マーシュ株式会社、東京海上日動保険会社、滋賀大学国際センター特任准教授を経て、現在の関西学院大学 経営戦略研究科 教授に至る。
所有資格
ARM(米国リスクマネジメント士資格)、CPCU(米国保険士資格)、PhD(博士)、MBA(経営学修士)
専門分野・得意分野
生命保険全般、リスクマネジメント、ファイナンス、経営学
中村 翔也

中村 翔也

携帯代理店法人部門にて営業職として2年半勤務後、2017年12月よりwebライターとして独立。通信ジャンルをメインに金融系、保険記事を毎月30本以上執筆。
所有資格
ファイナンシャル・プランニング技能士3級
ナビナビ保険編集部

ナビナビ保険編集部

ナビナビ保険編集部は「どこよりも分かりやすい保険情報を届けること」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

万が一に備えたい

病気に備えたい

貯蓄したい

定期保険に関するおすすめコラム

就業不能保険とは? メリット・デメリット・必要性を徹底解説します

就業不能保険とは? メリット・デメリット・必要性を徹底解説します

2021.07.14
【保存版】生命保険の見直しタイミングは? メリットと注意点を分かりやすく解説します

【保存版】生命保険の見直しタイミングは? メリットと注意点を分かりやすく解説します

2021.07.20
生命保険に加入するタイミングは? 年齢・性別・ライフステージ別の選び方

生命保険に加入するタイミングは? 年齢・性別・ライフステージ別の選び方

2021.05.17
終身保険とは? メリット・デメリット・注意点を分かりやすく解説します

終身保険とは? メリット・デメリット・注意点を分かりやすく解説します

2021.07.08
掛け捨て型保険と貯蓄型保険の違いとは?メリット・デメリットを比較解説

掛け捨て型保険と貯蓄型保険の違いとは?メリット・デメリットを比較解説

2021.07.21
子供に医療保険は必要?子供の万が一に備えるための方法

子供に医療保険は必要?子供の万が一に備えるための方法

2021.06.04
シングルマザーの保険の選び方、保険料負担を抑えるポイントも解説

シングルマザーの保険の選び方、保険料負担を抑えるポイントも解説

2021.05.27
【日本初】わりかん保険とは?基本的な仕組みとメリット・デメリットを分かりやすく解説します

【日本初】わりかん保険とは?基本的な仕組みとメリット・デメリットを分かりやすく解説します

2021.06.23