お電話でのお問い合わせ  
10:00〜19:00 土日祝も対応(年末年始を除く)
  1. ナビナビ保険 /
  2. 生命保険 /
  3. 生命保険の配当金の仕組み・注意点と受け取り方法をかんたんに解説します
更新 更新:2021.03.31

生命保険の配当金の仕組み・注意点と受け取り方法をかんたんに解説します

生命保険の配当金の仕組み・注意点と受け取り方法をかんたんに解説します

生命保険の中には配当金が受け取れるタイプの保険商品があります。

配当金といえば一般的には株式投資で聞かれることが多いイメージですが、生命保険での配当金は「集めすぎた保険料の還元」という側面が強いことが特徴です。

この記事では、どのような場合に生命保険の配当金が受け取れるのか、配当金の仕組みや受け取る際の注意点についてご紹介していきます。

無料保険面談で
全員もらえるキャンペーン中!
無料でお金のプロ(FP)に相談する click

生命保険の配当金の仕組み(予定率)

予定利率、予定死亡率、予定事業費率の説明

生命保険の配当金とは、保険会社が事業を行う上で発生した運営費に対して、契約者から集めた保険料が多かった場合の剰余金を契約者に還元する際のお金のことです。

毎月の保険料は以下の3つの予定率から計算されて決定されますが、これらはあくまで「予定の数字」であるため、実際に発生する運営費が計算された金額とは異なる場合があります。

保険料の計算に用いられる3つの予定率

  • 予定利率:保険会社が想定する「運用利回り」のこと
  • 予定死亡率:保険会社が想定する「保険契約者の死亡率」のこと
  • 予定事業費率:保険会社が事業を行う上で発生する「運営費(事業コスト)」のこと

つまり、生命保険の配当金とは「保険会社が契約者から集めすぎた保険料を契約者に払い戻すときのお金」と理解していただければ良いでしょう。

なお、上記の予定率を元にして計算を行うことから、受け取れる配当金の金額は年ごとに変動します。

ある年の配当金が高かったとしても、翌年以降も同金額の配当金が受け取れるという確証はないのでご注意ください。

配当金の3つの差益(死差益・利差益・費差益)

配当金の仕組み

配当金は3つの予定率から計算が行われますが、計算した際の差益にはそれぞれ異なる名称がついています

保険商品によっては配当金の計算に用いられる差益の種類が異なる場合もあるので、ざっくりと目を通しておきましょう。

配当金の3つの差益
差益名称 元となる予定率 内容
利差益 予定利率 契約者から集めた保険料などを元手に保険会社が資産運用を行い、予定される運用収益の分だけ保険料を安く計算している
たとえば、年1%の予定利率で計算していたところ、実際には年1.5%の運用益が得られた場合、差額の0.5%分が契約者に還元される
死差益 予定死亡率 過去の統計結果などから男女別・年齢別の死亡率を計算し、その結果から将来的に保険会社が支払う予定の保険金の原資となる保険料を算出している
たとえば、ある年齢の男性10,000人が年間100人亡くなることを想定(100÷10,000=予定死亡率0.01)したところ、実際に亡くなった人数が90人だった場合、支払わずに済んだ10人分の差益が契約者に還元される
費差益 予定事業費率 保険事業を運営するために必要な諸経費を組み込んだ上で保険料を計算している

無料保険面談で
全員もらえるキャンペーン中!
無料でお金のプロ(FP)に相談する click

生命保険別の配当金の有無

有配当生命保険と無配当生命保険

生命保険の配当金は、すべての保険商品で受け取れるわけではありません。

大きく分けると配当金が受け取れない「無配当保険」、配当金が受け取れる「有配当保険」の2種類に分けられます。

有配当保険(3利源配当タイプ・利差配当タイプ)

配当金が受け取れる可能性のある有配当保険には、大きく分けて「3利源配当タイプ」と「利差配当タイプ」の2種類があります。

有配当保険の種類
タイプ 内容
3利源配当タイプ
  • 3つの差益(死差益・利差益・費差益)のすべてを使って配当金が支払われるタイプ
  • 「3年ごと配当金型」と「毎年分配金型」の2つがあり、一般的には後者が主流で契約して3年後の契約応答日から毎年配当金が受け取れる
利差配当タイプ
  • 利差益のみを使って配当金が支払われるタイプ
  • 「3年ごと利差配当型」「毎年利差配当型」などがあるが、一般的には「5年ごと利差配当型」が主流
  • 契約して6年後の契約応答日から5年ごとに配当金が分配される

なお、有配当保険を選んだからといって、保険会社に利益となる差額が生じなければ配当金が支払われることはありません。

そのため、必ずしも配当金が受け取れるわけではないという点を覚えておくようにしてください。

無料保険面談で
全員もらえるキャンペーン中!
無料でお金のプロ(FP)に相談する click

無配当保険

無配当保険は、配当金が得られない代わりに元々の保険料が低めに抑えられているタイプの保険商品です。

配当金の有無で比較すると有配当保険を選んだほうがお得なように見えますが、無配当保険は配当金という形ではなく保険料に補填する形で還元されていることが多いため、有配当保険よりも保険料が安い傾向にあります。

近年では低金利が続いている影響から保険会社が利差益を得られにくい状況となっており、有配当保険よりも無配当保険が選ばれるケースが増えているようです。

特別配当とは?

特別配当とは、生命保険の長期契約者に対して支払われる特殊な配当金のことです。

特別配当の種類

  • 長期継続特別配当:10年以上の長期継続した保険契約に対して支払われる配当金のこと
  • 消滅時特別配当:契約者が死亡した場合や満期を迎えた場合の契約が消滅する際に支払われる配当金のこと

なお、一般的な配当金は「通常配当」や「普通配当」と呼ばれています。

後述しますが、特別配当であっても配当金の受け取り方については通常配当と同様の手続きを行う必要があります。

無料保険面談で
全員もらえるキャンペーン中!
無料でお金のプロ(FP)に相談する click

配当金の受け取り方法

配当金の受け取り方法には、以下でまとめた4つの方式があります。

配当金の受け取り方法
方式 内容 特徴
積立方式 配当金を保険会社に積み立てておく方式 配当金を積み立てておくことで将来的にまとまった金額を受け取ることができる
また、積み立てた配当金には利息が付き、積立金の一部をいつでも引き出せる
買増方式 配当金を使って保険金を買い増す方式 保険料はそのままに保険金を増額することができ、保障を手厚くできる
相殺方式 配当金分を保険料から差し引く方式 毎月払い込むことになる保険料を安くすることができる
現金支払方式 配当金を指定口座への振り込みという形で現金として受け取る方式 配当金が少額の場合、積立・買増・相殺を選んでもメリットが少ないため、現金支払方式が選ばれる場合が多い

一般的な保険商品では契約時に配当金の受け取り方式を自分で自由に選べることが多いですが、一部の保険会社では受け取り方式があらかじめ決められている場合もあります。

配当金がある生命保険を選ぶ際は、受け取り方式についても事前に確認しておくようにしましょう。

無料保険面談で
全員もらえるキャンペーン中!
無料でお金のプロ(FP)に相談する click

配当金の受け取り時期

配当金の受け取り時期は、大きく分けると3種類に分類されます。

配当金の受け取り時期
受け取り時期
毎年配当型 契約応答日から毎年配当金が受け取れる
3年ごと配当型 契約応当日から3年ごとに配当金が受け取れる
5年ごと配当型 契約応当日から5年ごとに配当金が受け取れる

生命保険の配当金は、基本的に契約してから数年後の「契約応答日」になるまで受け取ることができません。

契約した有配当保険の種類によって配当金の受け取り時期が異なるので、生命保険に加入する際には保険会社でよく確認してからお申し込みください。

なお、特別配当の場合であっても、10年以上の長期契約が必要となるものや、死亡時・満期時に契約が消滅する際に配当金が受け取れるものなどいくつかの種類が存在するので、配当金の受け取り時期には気をつけましょう。

無料保険面談で
全員もらえるキャンペーン中!
無料でお金のプロ(FP)に相談する click

生命保険の配当金に関するよくある質問Q&A

最後に、生命保険の配当金に関する「よくある質問」にお答えして終わります。

Q. 配当金に税金はかかりますか?

A. 生命保険の配当金は、受け取る時期によって税金の発生有無が変わります。

配当金を受け取る時期と税金の関係
受け取る時期 課税の有無 補足
契約期間中 課税されない 確定申告で生命保険料控除を申請する場合、「払い込んだ保険料」から「受け取った配当金」を差し引いた金額で申請を行う必要がある
保険金の支払い開始日以降 課税される 配当金を年金形式で受け取る場合は「雑所得」、一括でまとめて受け取る場合には「一時所得」に分類されることから所得税が発生する
保険金と同時 課税される 受け取った保険金額に含めて配当金額を申告する必要がある
ただし、保険金の受取人によって「所得税・相続税・贈与税」のどれに該当するかが異なる

保険契約中に配当金を受け取る場合、配当金に対して課税されることはありません。

ですが、保険契約中であっても保険金の支払い開始日以降に受け取る配当金については所得税が課されることになります。

また、配当金に対して課税されない場合であっても、確定申告で生命保険料控除を申告する場合は「払い込んだ保険料- 受け取った配当金」の金額を記載することになるので気をつけましょう。

Q. 有配当保険と無配当保険はどちらを選ぶべき?

A. 配当金は、保険会社が様々な事態を予測して計算した保険料と保険会社の実際の運営費を比較して、利益分の差額が出る場合に契約者に対して還元されるお金のことをいいます。

冒頭でご紹介したように3つの予定率を用いて保険料が決められていますが、昨今の日本では低金利状態が続いていることから予定利率は低く設定されています。

予定利率に対して実際の運用が好調であった場合、契約者に対して還元される配当金額が大きくなる可能性がありますが、逆に配当がほとんど出ないという可能性もあります。

そういった状況から、現行では配当金がない代わりに最初から保険料が割安に設定されている無配当保険を選ぶ人が増加傾向にあるようです。

とはいえ、生命保険に加入する目的は「万が一の事態が起きた時の備え」であるため、配当金の有無を重視しすぎるがあまり、保険商品の選択肢を狭めてしまわないように気をつけましょう。

無料保険面談で
全員もらえるキャンペーン中!
無料でお金のプロ(FP)に相談する click

まとめ

生命保険の配当金は、保険会社が事業を行う上で運営費よりも集めた保険料のほうが多かった場合に、契約者に対して還元されるお金のことです。

保険会社は「予定利率・予定死亡率・予定事業費率」の3つを元にして保険料を算定しており、それぞれの差益の合計額が配当金額となります。

契約期間中に受け取った配当金は非課税ですが、保険金の支払開始日以降であったり保険金と同時に配当金を受け取ったりすると課税対象となってしまうので気をつけましょう。

無料保険面談で
全員もらえるキャンペーン中!
無料でお金のプロ(FP)に相談する click

開催中のキャンペーン🎉

プレゼントキャンペーン
お申込期間
2021/4/1~2021/5/31
初回ご面談実施期間
2021/4/1~2021/7/31
キャンペーン対象
期間中に当サイトから無料保険相談にお申込みいただき、FPと初回のご面談を完了された方
商品
タリーズデジタルギフト(1,000円)

※詳細はナビナビ保険プレゼントキャンペーンをご確認ください

中村 翔也
この記事の執筆者

中村 翔也

携帯代理店法人部門にて営業職として2年半勤務後、2017年12月よりwebライターとして独立。通信ジャンルをメインに金融系、保険記事を毎月30本以上執筆。
所有資格
ファイナンシャル・プランニング技能士3級
藤田 匡紀
この記事の監修者

藤田 匡紀

新卒で日本生命保険相互会社に入社し、販売企画・代理店営業など多様な業務に従事。13年間勤務した後「もっと多くの人に、保険の必要性を正しく理解してもらいたい」という思いを胸にエイチームフィナジーに入社、ナビナビ保険の運営に参画。金融機関における顧客向け相続セミナー・研修会の実績も多数あり。
所有資格
AFP資格、証券外務員Ⅱ種
ナビナビ保険編集部
この記事の編集者

ナビナビ保険編集部

ナビナビ保険編集部は「どこよりも分かりやすい保険情報を届けること」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

生命保険に関するおすすめコラム

生命保険を見直すメリットやポイントは? 見直しタイミングや注意点、手順をわかりやすく解説

生命保険を見直すメリットやポイントは? 見直しタイミングや注意点、手順をわかりやすく解説

2021.03.29
生命保険をすぐに解約するには?注意点や解約以外の対処法を解説

生命保険をすぐに解約するには?注意点や解約以外の対処法を解説

2021.04.05
生命保険に加入するタイミングは? 年齢・性別・ライフステージ別の選び方

生命保険に加入するタイミングは? 年齢・性別・ライフステージ別の選び方

2021.04.02
掛け捨て型保険と貯蓄型保険の違いとは?メリット・デメリットを比較解説

掛け捨て型保険と貯蓄型保険の違いとは?メリット・デメリットを比較解説

2021.04.02
生命保険料控除証明書とは? 各項目の見方、再発行・手続きの流れを解説

生命保険料控除証明書とは? 各項目の見方、再発行・手続きの流れを解説

2021.01.07
貯蓄型の生命保険は必要?貯蓄型保険の種類と メリット・デメリット、掛け捨て型との比較を解説

貯蓄型の生命保険は必要?貯蓄型保険の種類と メリット・デメリット、掛け捨て型との比較を解説

2021.04.05
ネット保険(通販型保険)のメリット・デメリットや注意点、申込方法を解説

ネット保険(通販型保険)のメリット・デメリットや注意点、申込方法を解説

2021.04.06
生命保険は必要?必要性の高い人と低い人、加入率などを解説

生命保険は必要?必要性の高い人と低い人、加入率などを解説

2021.04.06

もっと見るclick