1. ナビナビ保険 >
  2. 資産形成 >
  3. 老後資金
更新 更新:2022.10.31

老後に必要なお金は1ヵ月あたり約26万円!老後資金の正しい貯め方を解説

老後に必要なお金は1ヵ月あたり約26万円!老後資金の正しい貯め方を解説
監修者

山中 伸枝

(株)アセット・アドバンテージ代表取締役/FP相談ねっと 代表
所有資格
ファイナンシャルプランナー(CFP)
監修者

藤田 匡紀

所有資格
AFP資格、証券外務員Ⅱ種
専門分野・得意分野
生命保険全般、資産運用
執筆者

中村 翔也

ファイナンシャルプランナー
所有資格
ファイナンシャル・プランニング技能士3級
専門分野・得意分野
保険全般・金融全般・通信全般

「老後資金に必要な金額はいくらなのだろう?」

将来設計を考える上で、誰もが一度は疑問に思う非常に大きな問題といえるのではないでしょうか。

はじめに結論からお伝えすると、老後資金に必要な金額は、自分や家族がどのような老後生活を過ごしたいのかによって大きく異なります。

そのため、一概に「老後資金は○○円が必要!」とは言い切れないのが現状ですが、老後に必要な生活費を知ることで、大まかに必要な老後資金を算出することが可能です。

安心できる老後生活を送るため、現役世代として働いている今のうちから、将来を見据えた老後資金を貯蓄しておくようにしましょう。

今すぐに老後資金の貯蓄方法を知りたい方は「今からできる!老後資金の貯め方」を参考にしてください。

マンガ・イラスト付き

保険は本当に不要なの??

パンフレット その保健不要論本当に正しいですか?

老後に必要なお金は1ヵ月あたり約26万円

早速、老後に必要な1ヵ月あたりの生活費を確認してみましょう。

総務省統計局のデータを参照すると、令和3年度における老後に必要な生活費は、独身者で約15万円、夫婦2人で約26万円という結果になっています。

老後に必要な1ヵ月あたりの生活費(令和3年度)
項目 独身 夫婦
食料 36,322円 65,789円
住居 13,090円 16,498円
光熱・水道 12,610円 19,496円
家具・家事用品 5,077円 10,434円
被服および履物 2,940円 5,041円
保健医療 8,429円 16,163円
交通・通信 12,213円 25,232円
教育 0円 2円
教養娯楽 12,609円 19,239円
その他の消費支出 29,185円 46,542円
上記合計(消費支出) 132,476円 224,436円
非消費支出(税金や保険料など) 12,271円 30,664円
総合計 144,747円 255,100円

※独身:65歳以上の単身無職世帯(高齢単身無職世帯)における1ヵ月あたりの生活費を記載しています※夫婦:65歳以上の夫婦のみの無職世帯(夫婦高齢者無職世帯)における1ヵ月あたりの生活費を記載しています
参照:Ⅱ総世帯及び単身世帯の家計収支|家計調査年報(家計収支編)2021年(令和3年)|総務省統計局

上記の結果を元に、老後に必要となる生活費の合計額を計算すると、次の結果となります。

老後に必要と予想される生活費
項目 1ヵ月 1年間(65歳) 20年間(85歳) 30年間(95歳)
独身 144,747円 1,736,964円 34,739,280円 52,108,920円
夫婦 255,100円 3,061,200円 61,224,000円 91,836,000円

参照:Ⅱ総世帯及び単身世帯の家計収支|家計調査年報(家計収支編)2021年(令和3年)|総務省統計局

昨今の日本では平均寿命の延伸化が進んでおり、令和となった現在では、男性が約81歳、女性が約87歳と平均寿命の数値が右肩上がりで上昇しています。

将来的にはさらなる平均寿命の延伸化が予測されており、65歳になって年金を受け取るようになってから、およそ20〜30年分の生活費が必要です。

また、上記はあくまで生活費のみで計算した結果で、趣味や娯楽費、介護費用や葬儀費用といった支出額は含まれていません。

生命保険文化センターの「令和4年度 生活保障に関する調査」によれば、老後にゆとりのある生活を送るための1ヵ月あたりの平均生活費は約37.9万円です。

実際に必要な老後資金は、年収や家族状況、日々の暮らし方によって大きく異なりますが、単純に見積もっても生活費だけで3,000万円以上の老後資金が必要となります。

老後に受け取れる公的年金の平均受給額

老後の生活費について確認したところで、続いて、老後に受け取れる公的年金の平均受給額についても確認していきましょう。

厚生労働省のデータによると、老後に受け取れる老齢基礎年金は年額で約67.5万円、老齢厚生年金は約173.2万円です。

年金受給額の平均月額
年度 老齢基礎年金(国民年金) 老齢厚生年金(厚生年金)
※国民年金を含む
平成28年 55,373円 145,638円
平成29年 55,518円 144,903円
平成30年 55,708円 143,761円
令和元年 55,946円 144,268円
令和2年 56,252円 144,366円

参照:令和2年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況|厚生労働省

上記の公的年金の平均受給額を年単位に換算して、上述の老後に必要な生活費と比較すると、次のような結果となります。

老後から受け取れる年金の平均受給額(令和2年度)
項目 1ヵ月 1年間(65歳) 20年間(85歳) 30年間(95歳)
老齢基礎年金 56,252円 675,024円 13,500,480円 20,250,720円
老齢厚生年金 144,366円 1,732,392円 34,647,840円 51,971,760円

参照:令和2年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況|厚生労働省

老後に必要と予想される生活費
項目 1ヵ月 1年間(65歳) 20年間(85歳) 30年間(95歳)
独身 144,687円 1,736,244円 34,724,880円 52,087,320円
夫婦 255,550円 3,066,600円 61,332,000円 91,998,000円

参照:Ⅱ総世帯及び単身世帯の家計収支|家計調査年報(家計収支編)2020年(令和2年)|総務省統計局

老後生活で不足するとされる生活費(予想生活費-年金平均受給額)
項目 1ヵ月 1年間(65歳) 20年間(85歳) 30年間(95歳)
独身 -88,435円 -1,061,220円  -21,224,400円 -31,836,600円
夫婦 -111,184円 -1,334,208円 -26,684,160円 -40,026,240円

平均受給額と平均生活費で計算すると、65歳から85歳までの20年間で2,122万〜2,668万円の赤字という結果になりました。

実際の公的年金の受給額は、国民年金や厚生年金の加入期間、会社員の場合には年収額によって金額が大きく変わります。

全ての人に上記の計算結果があてはまるという訳ではありませんが、大半のケースに置いて、公的年金だけで老後の生活を送るのは難しいといえるでしょう。

公的年金だけで老後資金を賄うのは難しい

ここでは、次のパターン別で予想される「老後資金の不足分」についてシミュレーションしてご紹介していきます。

世帯別で予想される老後資金の不足分

  • 夫婦で共働きの場合
  • 夫が会社員・妻が専業主婦の場合
  • 夫婦で自営業の場合
  • 独身で会社員の場合
  • 独身で自営業の場合

なお、各シミュレーションにおいては、以下の共通条件の元で計算を行っています。

シミュレーションの条件

  • 昭和21年4月2日以降に生まれた場合を想定
  • 平成15年3月以前に被保険者であった期間はない
  • 国民年金保険の保険料免除期間などはない
  • 経過的加算や加給年金等は考慮しない

共働きの夫婦世帯でゆとりのある老後生活を送るためには月5万円が不足

夫婦で会社員として共働きの場合、老後に受給できるのは老齢厚生年金となります。

老齢厚生年金には、老齢基礎年金も含まれているので、自営業の人よりも多くの年金が受け取れます。

受給期間や年収が以下である場合の老齢厚生年金を計算してみましょう。

シミュレーションの条件
項目
国民年金加入期間 38年(456月) 38年(456月)
厚生年金加入期間 38年(456月) 38年(456月)
在職中の平均年収 600万円 480万円
平均標準報酬額(平均年収÷12) 50万円 40万円

夫が受給できる老齢年金額

  • 老齢基礎年金額:780,900×(456月/480月)=741,855円
  • 老齢厚生年金額:500,000円×(5.481/1000)×456月=1,249,668円
  • 合計:741,855円+1,249,668円=1,991,523円(月額165,960.25円)

妻が受給できる老齢年金額

  • 老齢基礎年金額:780,900×(456月/480月)=741,855円
  • 老齢厚生年金額:400,000円×(5.481/1000)×456月=999,734.4円
  • 合計:741,855円+999,734.4円=1,741,589.4円(月額145,132.45円)

夫婦で受給できる老齢年金額

  • 合計:1,991,523円+1,741,589.4円=3,733,112.4(月額311,092.7円)

夫の年収が600万円、妻の年収が480万円の夫婦世帯が受給できる老齢厚生年金は、月額で約31.1万円です。

ゆとりのある生活を送るための平均生活費が約36.1万円であることを踏まえると、毎月およそ5万円は貯蓄を取り崩して生活を送ることになります。

夫が会社員・妻が専業主婦の場合は毎月2.4万円が不足

夫が会社員、妻が専業主婦の場合をシミュレーションしていきます。

一方が会社員の場合、もう一方は扶養に入っているケースが多いので、第3号被保険者として年金保険料の負担はありません。

ただし、第3号被保険者は厚生年金に加入している訳ではないので、実際に受け取れる年金は老齢基礎年金(国民年金)のみとなります。

条件
項目
国民年金加入期間 38年(456月) 40年(480月)
厚生年金加入期間 38年(456月) -
在職中の平均年収 600万円 -
平均標準報酬額(平均年収÷12) 50万円 -

夫が受給できる老齢年金額

  • 老齢基礎年金額:780,900×(456月/480月)=741,855円
  • 老齢厚生年金額:500,000円×(5.481/1000)×456月=1,249,668円
  • 合計:741,855円+1,249,668円=1,991,523円(月額165,960.25円)

妻が受給できる老齢年金額

  • 妻:780,900円×(480月/480月)=780,900円(月額65,075円)

夫婦で受給できる老齢年金額

  • 合計:1,991,523円+780,900円=2,772,423円(月額231,035.25円)

夫の年収が600万円、妻が専業主婦の世帯における年金受給額は、月額およそ23.1万円です。

夫婦世帯の生活費が約25.5万円なので、毎月およそ2.4万円の赤字となり、毎年およそ28.8万円の貯蓄を取り崩しながら生活を送ることとなります。

結婚前に会社員として働いていた場合は専業主婦でも厚生年金が受け取れる

なお、結婚前に会社員として働いていて、厚生年金に加入していた場合は、受給資格を満たしていれば老齢厚生年金を受給することができます。

ただし、会社員時代の平均年収や厚生年金の加入期間に応じて受給額が変動するので、夫婦共働きで老後を無耐えた場合と比べて、年金受給額が少なくなるケースが大半です。

年金受給額の計算は非常に複雑なので、詳細については次の記事をご参照ください。

夫婦で自営業の場合は約12.7万円が不足

夫婦ともに大学を卒業してから、自営業となった場合の年金受給額を確認していきましょう。

夫は4年制大学、妻は短大を卒業してから自営業として働いており、過去に厚生年金に加入したことはないものと仮定してシミュレーションしていきます。

国民年金加入期間

  • 夫:38年(456月)
  • 妻:40年(480月)

受給できる老齢基礎年金

  • 夫:780,900円×(456月/480月)=741,855円(月額およそ61,821円)
  • 妻:780,900円×(480月/480月)=780,900円(月額65,075円)
  • 合計: 741,855円+780,900円=1,522,755円(月額126,896.25円)

夫婦ともに自営業の場合の年金受給額は、月額およそ12.7万円です。

自営業の場合は、老齢基礎年金しか受け取れないので、会社員として働いている場合に比べて受給額が大幅に少なくなっています。

夫婦世帯の平均生活費が約25.5万円であることを考えると、公的年金だけでは全く生活費が足りない状況といえるでしょう。

独身で会社員の場合は公的年金だけでもギリギリ生活できる

続いて、独身で会社員の場合における老後資金のシミュレーションを見ていきましょう。

会社員として勤務しており、厚生年金に加入している場合は老齢厚生年金が受け取れます。

条件

  • 国民年金加入期間:38年(456月)
  • 厚生年金加入期間:38年(456月)
  • 在職中の平均年収:720万円
  • 平均標準報酬額(平均年収÷12):60万円

独身で会社員の場合の年金受給額(老齢厚生年金)

  • 老齢基礎年金額:780,900×(456月/480月)=741,855円
  • 老齢厚生年金額:600,000円×(5.481/1000)×456月=1,499,601.6円
  • 合計:741,855円+1,499,601.6円=2,241,456.6円(月額186,788.05円)

独身で会社員の場合の年金受給額は、月額およそ18.7万円です。

老後の単身世帯の平均生活費が14.5万円であることを考えると、わずかではあるものの、生活を送ることには問題なさそうに見えます。

ですが、実際には趣味や娯楽費、介護費用等も考慮しなければならないので、公的年金だけで生活費を賄うのは非常に難しい状況といえます。

独身で自営業の場合は毎月8万円が必要

最後に、独身で自営業の場合における老後資金のシミュレーションを見ていきます。

国民年金加入期間

  • 夫:38年(456月)

独身で自営業の場合の年金受給額(老齢基礎年金)

  • 老齢基礎年金額:780,900×(456月/480月)=741,855円(月額およそ61,821.25円)

4年制の大学を卒業してから60歳になるまで、自営業として働いていた場合の年金受給額は、月額およそ6.2万円です。

1ヵ月あたりの平均生活費が14.5万円なので、毎月8万円以上を貯蓄から賄って生活を送ることとなります。

年間でおよそ100万円の赤字となる計算なので、将来を見据えて現役のうちから老後資金を貯蓄しておくことが必要不可欠です。

生活費以外(医療費・介護費など)の検討も忘れずに

老後資金を計算する際には、生活費以外の費用についても想定して計算するようにしてください。

昨今では男女ともに平均寿命が延伸化しており、長生きをする上で次のような支出は必ず発生します。

生活費以外に必要とされる老後資金

  • 入院費用・手術費用
  • 介護費用
  • 総裁費用・身辺整理代
  • 旅行・レジャー・趣味
  • 住宅リフォーム代など

年齢を重ねると身体が衰えていき、些細なことで大きなケガをしてしまい、入院費用や手術費用が高額になってしまう場合があります。

日本では誰しもが必ず健康保険に加入しており、医療費の1〜3割を自己負担するだけで病院にかかることができますが、そもそもの医療費が高額になれば自己負担分も増大してしまいます。

また、自分自身や家族が介護を必要とする状態ともなれば、介護費用が家計を圧迫する大きな要因ともなるでしょう。

万が一の場合には総裁費用や身辺整理代といった諸費用も発生するので、これらの「生活費以外の様々な支出」についても想定して、貯蓄を進めておくことが重要です。

今からできる!老後資金の貯め方

老後資金を貯蓄するための方法としては、次のような制度や保険商品が挙げられます。

今からできる!老後資金の貯め方

つみたてNISA

つみたてNISA(少額非課税制度)は、年間40万円までの資産運用による利益が非課税で再運用できる制度です。

名前の通り「積み立て」に特化した制度で、一般的な投資でイメージされがちなチャートを見張る必要がなく、投資初心者でも取り組みやすいことが特徴です。

年間40万円×25年間(制度改正前は20年)で最大1,000万円まで(制度改正前は800万円)を非課税で運用できます。さらに、最低100円から積立投資を始められるので、今すぐにまとまった資金を準備するのが難しい人でも安心です。

後述するiDeCo(個人型確定拠出年金)と合わせて、老後資金を貯蓄する方法として人気を博しているので、詳細が気になる人は以下の記事もご参照ください。

iDeCo(個人型確定拠出年金)

iDeCo(個人型確定拠出年金)は、毎月の掛金を積み立てて自分で運用を行い、積み立てた金額や運用益を60歳以降になってから受け取れる制度です。

20〜65歳(改正前は60歳)までの国民年金加入者であれば誰でも利用可能で、積み立てた金額が全額所得控除となり、運用で得られた利益についても非課税となります。

毎月の掛金で所得税や住民税を大幅に軽減できるメリットがあり、税負担を軽減しながら将来を見据えた計画的な貯蓄ができることから注目を集めています。

また、2022年10月1日以降は企業型確定拠出年金(企業型DC)の加入者であっても、特別な要件なくiDeCoに加入できるようになりました。

一方で、原則として60歳になるまで資産を引き出すことができず、加入できるのは20〜65歳までの公的年金の被保険者に限定されています。

さらに、iDeCoの専用口座を開設する際や維持するためにはもろもの手数料がかかる点には注意が必要です。

iDeCoの口座を開設したい方は、SBI証券で開設することをおすすめします。

ネット証券で国内株取引シェアが一番多く、更に手数料の安さや取引の際にTポイントが貯まることがおすすめの理由です。

もちろん注意する点もあるので、以下記事を読んでしっかりと理解してから申し込みましょう。

個人年金保険

個人年金保険は、保険加入時に取り決めた年齢まで保険料を払い込み続け、その後の一定期間、もしくは一生涯に渡って公的年金とは別の年金が受け取れるようになる保険商品です。

60歳や65歳などの老後になるまで保険料を払い込むこととなり、保険商品によって5年や10年、一生涯など、年金が受け取れる期間を選ぶことができます。

公的年金だけでは賄うことができない老後資金の準備や、60歳で定年退職を迎えて根金が受け取れるようになる65歳までのつなぎとして活用されるのが一般的です。

条件を満たしていれば「個人年金保険料控除」として所得控除を申告でき、指定した口座から自動的に保険料を引き落としできるなどのメリットがあります。

その一方で、固定金利の定額保険は将来的に発生したインフレに対応できない、途中解約で元本割れを起こすなどのデメリットもあるので注意が必要です。

まとめ

本記事では、政府が公開するデータを参考にして、老後に必要となる平均的な生活費や公的年金、世帯ごとで老後資金の不足額をシミュレーションしてご紹介しました。

老後資金として必要な金額は、自分や家族が老後生活をどのように過ごしたいかによって大きく変わってきます。

この記事でご紹介した老後資金の平均額を見て危機感を持った人は、元気に働ける今のうちから、将来を見据えた貯蓄を進めておくことを心がけてみてください。

マンガ・イラスト付き

保険は本当に不要なの??

パンフレット その保健不要論本当に正しいですか?
山中 伸枝

山中 伸枝

1993年米国オハイオ州立大学ビジネス学部卒業後メーカーに勤務。これからはひとりひとりが、自らの知識と信念で自分の人生を切り開いていく時代と痛感し、お金のアドバイザーであるファイナンシャルプランナー(FP)として2002年に独立。年金と資産運用、特に確定拠出年金やNISAの講演、ライフプラン相談を多数手掛ける。株式会社アセット・アドバンテージ 代表取締役。FP相談ネット 代表。一般社団法人公的保険アドバイザー協会 理事。
所有資格
ファイナンシャルプランナー(CFP)
藤田 匡紀

藤田 匡紀

新卒で日本生命保険相互会社に入社し、販売企画・代理店営業など多様な業務に従事。13年間勤務した後「もっと多くの人に、保険の必要性を正しく理解してもらいたい」という思いを胸にエイチームフィナジーに入社、ナビナビ保険の運営に参画。金融機関における顧客向け相続セミナー・研修会の実績も多数あり。
所有資格
AFP資格、証券外務員Ⅱ種
専門分野・得意分野
生命保険全般、資産運用
中村 翔也

中村 翔也

携帯代理店法人部門にて営業職として2年半勤務後、2017年12月よりwebライターとして独立。通信ジャンルをメインに金融系、保険記事を毎月30本以上執筆。
所有資格
ファイナンシャル・プランニング技能士3級
専門分野・得意分野
保険全般・金融全般・通信全般
ナビナビ保険編集部

ナビナビ保険編集部

ナビナビ保険編集部は「どこよりも分かりやすい保険情報を届けること」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

おすすめの関連記事

個人年金保険とは? 種類やメリット・デメリットを簡単に解説します

個人年金保険とは? 種類やメリット・デメリットを簡単に解説します

2022.10.21
貯蓄型保険がおすすめな人とは?メリットやデメリット、掛け捨て型との比較を解説

貯蓄型保険がおすすめな人とは?メリットやデメリット、掛け捨て型との比較を解説

2022.10.21
私は年金いくらもらえる?平均年金受給額や種類別の計算方法、今からできる老後資金の積み立て方法

私は年金いくらもらえる?平均年金受給額や種類別の計算方法、今からできる老後資金の積み立て方法

2022.11.14
老後に備えるための保険とは?必要な生活費や保険以外の資産形成の方法を紹介

老後に備えるための保険とは?必要な生活費や保険以外の資産形成の方法を紹介

2022.10.21
貯金が300万円って多いの?少ないの?年代別、世帯別で見る貯蓄額

貯金が300万円って多いの?少ないの?年代別、世帯別で見る貯蓄額

2022.10.21
40代におすすめの生命保険とは?見直し方法や必要性、選び方を解説

40代におすすめの生命保険とは?見直し方法や必要性、選び方を解説

2022.11.30
働きながら年金をもらえる「在職老齢年金」とは?計算方法や受け取り方のコツを解説

働きながら年金をもらえる「在職老齢年金」とは?計算方法や受け取り方のコツを解説

2022.12.01
独身者は老後にいくらお金がかかる?老後資金の目安と準備方法を解説

独身者は老後にいくらお金がかかる?老後資金の目安と準備方法を解説

2022.10.21

もっと見るclick

ナビナビ保険公式SNS