1. ナビナビ保険 >
  2. 節約
更新 更新:2022.11.24

みんながやっている節約術24選!まずは固定費の見直しから始めよう

みんながやっている節約術24選!まずは固定費の見直しから始めよう
監修者

和田 由貴

消費生活アドバイザー(内閣総理大臣及び経済産業大臣事業認定資格)
所有資格
消費生活アドバイザー、環境カウンセラー、家庭の省エネエキスパート、家電製品アドバイザー
専門分野・得意分野
生活全般の節約、家計管理、家事、省エネ、3R
監修者

藤田 匡紀

所有資格
AFP資格、証券外務員Ⅱ種
専門分野・得意分野
生命保険全般、資産運用

貯金したいけど、どこから節約すればいいの?

何となく節約しているつもりだけど

「 貯金が増えない 」
「 毎月赤字になる 」

こんな人は、まずはちゃんとお金の流れを確認してみませんか? 見直すことで、自分の「お財布の穴」がどこにあるのかを知ることができます。

何にどの程度、お金を使っているのか可視化して、納得しながらお金を使いましょう。

この記事では、無理をし過ぎないすぐにでも始められるお金の節約術をご紹介していきます。

明日からではなく思い立ったが吉日です!さぁ今日から節約をはじめましょう!

和田 由貴
ナビナビ保険監修
消費生活アドバイザー(内閣総理大臣及び経済産業大臣事業認定資格)
和田 由貴

目標貯蓄額が決まったら、先取りで貯蓄するのが基本です。節約をして浮いた分を貯蓄しようと思ってもうまくいきません。
また貯蓄をする時には、「住宅購入の頭金」「子供の学費」「家電の買い替え」など、長期的に貯めるものか短期で必要なものか目的ごとに分けて貯めていきましょう。老後資金や教育費などの長期に渡って貯めるものであれば、iDeCoや学資保険などの簡単に解約ができないようなものを活用することをおすすめします。

マンガ・イラスト付き

保険は本当に不要なの??

パンフレット その保健不要論本当に正しいですか?

節約手順① 「お金の流れを知って【理想的な支出割合】と見比べる!」

自分の支出を書きだしてみよう!

まず「自分が毎月いくらくらい使っているのか?」確認してみましょう。

何となく節約している人が節約できてない「お財布の穴」をここで確認することが節約への道の大きな一歩となります。

ただ人によって、重要な支出は違います。

毎日のコンビニスイーツに人生の幸せを感じる人が、スイーツ代金を0円に節約してもかなりのストレスになります。

スマホゲームが大好きな人にとっては、「課金=絶対的無駄遣い」ではないのです。

0円にしようとするのでなく、自分の収入に沿った支出の範囲を知ることで、なるべくストレスなく節約するように心がけましょう

まずは「お財布の穴=悪ではない」ということを知っておいてください。

それでは次に下記「家族構成別【理想的な支出割合】」を参考に「オーバーしている項目」や「この項目なら節約できそう」と思う項目を見つけましょう。

それを元に、次の章の「費用別節約術」を参考にしてみてください。

「1人暮らし単身者」の理想的な支出割合

1人暮らしの場合、食費も交際費も趣味娯楽費もすべて自分だけで使えるため、貯蓄額は収入の17%を目標にやりくりすると良いでしょう。

例えば手取りが20万円の場合なら、貯蓄17%=34,000円となります。

1人暮らしの理想的な支出割合

費目 理想的な割合 例:手取り20万円の場合


住居費 28% 56,000円
水道光熱費 6% 12,000円
通信費 6% 12,000円
保険料 4% 8,000円
貯蓄 17% 34,000円


食費 18% 36,000円
被服費 3% 6,000円
趣味・娯楽費 4% 8,000円
交際費 5% 10,000円
日用雑貨費 3% 6,000円
その他
(医療費・小遣い)
6% 12,000円

一人暮らしの方向けの節約術は、こちらの記事で詳しくご紹介しています。

「夫婦2人」の理想的な支出割合

夫婦2人暮らしの目標貯蓄額は、収入の20%です。

費目 理想的な割合 例:手取り30万円の場合


住居費 25% 75,000円
水道光熱費 5% 15,000円
通信費 6% 18,000円
保険料 4% 12,000円
貯蓄 20% 60,000円


食費 15% 45,000円
被服費 3% 9,000円
趣味・娯楽費 3% 9,000円
交際費 2% 6,000円
日用雑貨費 2% 6,000円
その他
(医療費・小遣い)
15% 45,000円

「夫婦と子供(小学生以下)」の理想的な支出割合

夫婦と小学生以下の子供世帯の場合、目標貯蓄額は収入の12%となります。

費目 理想的な割合 例:手取り30万円の場合


住居費 25% 75,000円
水道光熱費 6% 18,000円
通信費 5% 15,000円
保険料 6% 18,000円
貯蓄 12% 36,000円


食費 14% 42,000円
被服費 3% 9,000円
趣味・娯楽費 2% 6,000円
交際費 2% 6,000円
日用雑貨費 2% 6,000円
その他
(医療費・小遣い)
13% 39,000円
教育費 10% 30,000円

3人家族の生活費については、下記のページに詳しく解説しています。

「夫婦と子供(中学生以上)」の理想的な支出割合

夫婦と中学生以上の子供世帯の場合、目標貯蓄額は収入の8%となります。

費目 理想的な割合 例:手取り40万円の場合


住居費 25% 100,000円
水道光熱費 6% 24,000円
通信費 6% 24,000円
保険料 6% 24,000円
貯蓄 8% 32,000円


食費 15% 60,000円
被服費 3% 12,000円
趣味・娯楽費 2% 8,000円
交際費 2% 8,000円
日用雑貨費 2% 8,000円
その他
(医療費・小遣い)
13% 52,000円
教育費 12% 48,000円

家族構成や収入額により目標貯蓄額は異なりますが、少しでも毎月貯蓄をすることで心に余裕ができるのではないでしょうか。

では次に、オーバーしている費用や節約できそうな項目から、おすすめの節約術を確認していきましょう。

和田 由貴
ナビナビ保険監修
消費生活アドバイザー(内閣総理大臣及び経済産業大臣事業認定資格)
和田 由貴

理想の支出割合はあくまで参考ですので、その枠に収まっていないからダメということではありません。しかし、支出が突出して多い項目に関しては、その原因や理由を把握しておく必要があります。
特に固定費は、「高いけど見直しも面倒だから……」と目をつぶってやり過ごし、食費などの流動費で帳尻を合わせようとしがちです。住居費、保険料、通信費などの見直しは面倒ですが、一度の見直しで効果が大きく継続した節約効果が得られますので、まず最初にチェックしてください。

固定費の節約術

Q.どれくらい節約したいですか?固定費ならお得がずっと続くからおすすめです!

減らしたい費用 おすすめの節約術
住居費
水道光熱費
通信費
保険料
貯蓄

流動費の節約術

減らしたい費用 おすすめの節約術
食費
被服費
趣味・娯楽費
交際費
日用雑貨費
その他(医療費やお小遣い)

節約手順② 「みんながやっている節約術24選」から真似てみる!

では費用別でみんながやっている節約術を確認していきましょう。

おすすめ節約術 おすすめ3選

オススメ節約① スマホの料金プランを見直す

固定費の節約でおすすめなのはスマホなどの通信費の見直しです。

大手ドコモやauなど2021年の春から新料金プランが開始されます。

現在スマホ代1台の毎月5,000円以上かかっている人は、1度の変更手続きをするだけで年間24,000円が節約できます。

また、スマホ長く使っていれば、画面が割れてしまったり故障してしまうことはよくありますよね。

いつ起きるか分からない故障には、モバイル保険に入っておくことをおすすめします。

毎月700円程度で、画面割れや水没による故障による修理費用を全額保証してもらえます。

以下の記事に詳しく解説していますので、ぜひご参照ください。

オススメ節約② 生命保険を見直す

生命保険に加入してから何年も経過している場合、一度内容を見直すことをおすすめします。

保障内容がほとんど同じで、保険料が抑えられた新しい保険商品が登場している場合があります。

相談だけなら無料で対応している窓口も多いので、ぜひこの機会にファイナンシャルプランナーへの相談してみましょう。

オススメ節約③ 図書館を利用する

最近の図書館は幅広い本を貯蔵していて、ファッション雑誌なんかも読むことができます。

さらに貯蔵本をネットで検索でき、借りている状況なのか?すぐに借りられるのか?なども簡単に知ることができます。

ミステリー本など1度読んで終わる方は、図書館をうまく活用して趣味娯楽費の節約につなげましょう。

みんながやっている節約術

住居費の節約:更新のタイミングで家賃交渉をする

賃貸契約の更新をするタイミングで、大家さんや管理会社に家賃交渉をするのもおすすめです。

筆者自身も家賃交渉をした経験がありますが、以下のポイントを踏まえて交渉すると交渉を受け入れてくれる可能性が高くなります。

家賃交渉をする時のコツ

  • 現在住んでいる部屋の条件に近い物件(地域・間取り・周囲の施設や環境)の家賃相場を調査する
  • 交渉をする前に自分なりの家賃の落とし所を決めておく(いくらなら契約更新をするのか)
  • 調査結果とともに「引っ越しを検討中であること」を伝える
  • 家賃を下げてもらって当然という態度はNG

また、近所のコンビニやスーパーがなくなった、騒音が気になる、共有設備が汚い、隣に住宅が建ったことで日当たりが悪くなったなど、生活面での条件が悪化した場合も交渉が成功しやすくなります。

ただし、上記のような条件悪化に該当したからといって「家賃を下げてもらって当然」という態度では、家賃交渉に応じてもらうことは難しいでしょう

住居費の節約:収入に合った住居費へ転居する

一般的に、住居費の目安は自分の収入の3分の1程度と言われています。

たとえば、自分の収入が毎月30万円程度であれば9万円前後の家賃の物件に住んでいるのが理想的です。

これらの数字はあくまで目安ですが、極端にオーバーしている場合は住居費が家計の大きな負担となっていることが考えられるので引っ越しをすることもご検討ください。

水道光熱費の節約:エコ家電に買い替える

どのご家庭にもあるような家電を最新のエコ家電に買い換えることで節約できる可能性があります。

ただし新しい家電の購入費用が必要となりますので、生活費に余裕があるタイミングで、随時エコ家電への買い替えを検討しましょう。

最新家電に買い替えた際の節約効果(目安)
エアコン 20年前のエアコンを買い替えた場合:年間約5,000円の節約
冷蔵庫 20年前の冷蔵庫を買い替えた場合:年間約5,000円の節約
照明器具 LED照明に変えた場合:年間約2,500円の節約
※点灯時間:2,000時間※電気代:27円/kwh

※参照:COOL CHICE| 環境省
※上記節約料金はメーカーや電気料金によって多少変動します。

水道光熱費の節約:風呂水を洗濯水として再利用

洗濯をする際にお風呂の残り湯を使うことで、年間で数千円の水道代を節約できます。

残り湯を使うことで衛生的な問題が気になる人も多いかと思いますが、残り湯を使うのは洗剤を使う「洗い」に限定すれば問題ないでしょう。

なお、その後の「すすぎ」では通常の水道水を使うように気をつけましょう。

水道光熱費の節約:ガス・電気の料金プランの見直し

毎月の電気代は、固定料金の「基本料金」と使った分だけ請求される「電力量料金」の2つから成り立っています。

料金プランや契約アンペア数によって金額が変わるので、自分に合ったプランを選択することで、年間数万円の節約に繋がることもあります。

また、ガスにおいても同様なので、まずは一度契約中のガス会社や電力会社に問い合わせることをおすすめします。

通信費の節約:格安SIMに乗り換える

格安SIMの料金プランは、毎月500円から利用できるプランも存在します。

乗り換えが面倒でわかりにくいと思っている方も多いと思いますが、やってみると意外とカンタンにできます。

最近は乗り換え手順など親切にまとめているサイトも多く存在しますので、ぜひ一回読んでみましょう。

通信費の節約:フリーWi-FiやポケットWi-Fiを利用する

毎月のスマホ通信量で「ギガ不足」になりデータの追加購入をしている人は、ポケットWiFiやフリーWiFiを活用してみましょう。

日中は勤務先の会社で無料で使えるWiFiがあればそれに接続するようにしましょう。

またカフェやコンビニ、大手通信会社の近くなら無料のWiFiがあります。ただし無料WiFiの場合セキュリティが緩いので、個人データにアクセスする接続の場合はやめておきましょう

さらに外出先で、大容量のデータ通信が必要な方は、ポケットWiFiを契約する方がお得になるでしょう。

保険料の節約:複数の保険に加入している場合は補償内容が被っていないか確認

保障内容をよく把握していないまま、複数の保険を契約しているのであれば見直しすることをおすすめします。

保険会社や保険商品の名称が違ったとしても、保障内容が他の保険と被っている可能性があります。

貯蓄の節約:つみたてNISAを検討する

つみたてNISAは、年間40万円まで非課税で運用できる積立に特化した制度です。

投資可能期間が最長で20年と決まっており、年間40万円×20年間の最大800万円までが非課税で運用可能できます。

貯蓄の節約:iDecoを検討する

毎月の掛金を積み立てて運用し、60歳以降に受け取れる「自分で作る年金制度」のことです。

最低月額5,000円から始められ、運用益は非課税だったり所得控除を受けられたりと非常にメリットが多い年金制度です。

iDeCoの口座を開設したい方は、SBI証券で開設することをおすすめします

ネット証券で国内株取引シェアが一番多く、更に手数料の安さや取引の際にTポイントが貯まることがおすすめの理由です。

もちろん注意する点もあるので、以下記事を読んでしっかりと理解してから申し込みましょう。

食費の節約:自炊をする

外食するより自炊する方が食費は少なくてすみます。

最近では節約レシピを紹介しているサイトが多く存在しますので、それを参考になるべく自炊するようにしましょう。

また自炊者に多いのが、買った食材を冷蔵庫で腐らせてしまうことです。

これはお金を捨てる行為ですので、買い物に行く際には冷蔵庫の中身をちゃんと確認しておきましょう。

食費の節約:コンビニの利用を控える

コンビニでは様々な商品が販売されているので、ついつい不要な物まで購入してしまいがちです。

コンビニで販売されている商品は安い物ばかりではないので、菓子類や酒類の衝動買いを続けているとひと月あたりの支出面において非常に大きな負担になります

絶対にコンビニを利用しないというのは難しいかと思うので、程々に利用しながらも無駄遣いはしないように気をつけましょう。

被服費の節約:メルカリなどフリマアプリを活用する

最近では手軽にネットでフリーマーケットを利用することができます。

特に子供服の場合、新しい服を買ってもすぐに成長してしまってサイズが合わなくなる場合も多く、提供者・利用者ともに増加しています。

自宅の住所なども伏せて買い物ができるアプリもありますので、ぜひ活用してみましょう。

趣味娯楽費の節約:マンガアプリの定額制を利用する

マンガを1冊ずつ買っていると、1ヵ月にとんでもない購入額になってしまうことがあります。

続きが読みたくてついつい買ってしまう人は、定額プランを利用するようにしましょう。

趣味娯楽費の節約:入場券は交通機関などとセット割がないか確認する

水族館や動物園の入場券は、交通機関とセット割で安くできる場合があります。

また手持ちのクレジットカード提示で安くなる場合もあります。

交際費の節約:飲み会食事会の回数を減らす

ひと月に数回程度であれば良いですが、週に何度も飲み会や食事会に参加してしまうと、食事代だけでひと月あたり数万円の費用がかかります。

仕事やプライベートの付き合いでやむを得ない場合を除いて、通常の飲み会や食事会の回数を減らすことで非常に大きな金額の節約に期待できるでしょう。

交際費の節約:幹事になってまとめ払いでポイントを貯める

大人数が集まる食事会の場合、総額がとても大きくなりますので1回で貯まるポイントも高くなります。

幹事というと面倒なイメージもありますが、こっそりお小遣いを稼げると思えばモチベーションも上がるのではないでしょうか。

例えば「ぐるなび」の場合、ネットで事前予約をしてそのお店を利用することでぐるなびポイントがもらえます。

日用雑貨費の節約:クレジットカードでまとめ買い

洗剤やトイレットペーパーなどの日用品は、固定費と言ってもいいくらい毎月必要なモノと言えます。

何か月分かをまとめ買いすることで割引されるので単価が毎月購入するよりもお得になる可能性が高いです。

医療費の節約:ジェネリック医薬品を使う

ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、新薬や後発医薬品の特許が切れた後、他の医薬品メーカーがその医薬品と同じ成分で作った同等の効果が得られる医薬品のことです。

新薬に比べて宣伝費などのコストが必要ないので、販売価格が新薬のおよそ5割程度に抑えられていることが特徴です。

医療費の節約:医療費控除を申請する

医療費控除とは、1年間に多くの医療費を支払った場合に、所得税が安くなる所得控除制度です。

一般的には10万円超えた場合に適応となり、病院での治療代だけでなく市販の風邪薬や下痢止め薬なども対象となりますので、ドラッグストアで購入したレシートは1年間置いておくとよいでしょう。

その他の節約:キャッシュレスを活用しポイ活を始める

キャッシュレス決済を利用することで、ポイントが貯まる場合があります。

またポイントを使って商品の購入もできたり、アプリ経由で支払うことで、利用履歴をすぐに確認できる点もおすすめです。

2021年の調査結果では、約6割の人が買い物の際にキャッシュレス決済を使っているみたいです。

節約ブログを参考にしてみる!

ちょっとした空いた時間に節約上手な人のブログを確認して、自分に合った節約を真似てみるのもおすすめです。

最近人気の節約ブログ3選

人気の節約ブログ

幸せを感じる愛されごはんレシピ♡byRINATY(りなてぃ)

https://oceans-nadia.com/user/236306/article/2750

1週間の献立を決めてから買い物する方法で「食費の節約術」をご紹介しているブログです。

節約生活始めました - ホントはお金ないんです。

https://setsuyaku-blog.info/

月3万円の節約は出来ないと思っていたのに実は簡単!収入を増やすのは大変ですが節約なら楽しみながらお金が浮くのです。そんな私の節約術を紹介しているブログです。

真由美さんの1週間2500円節約レシピ

https://ameblo.jp/bistromayumi/

節約弁当や作り置きのおかず、食材を無駄なく使う技などを公開しているブログです。

節約についてよくある質問 Q&A

Q. 節約するには何から始めたら良いですか?

節約をするためには、まず自分が今使っているお金を把握することから始めましょう。

この記事で配布しているシートをつかって、お金の流れがどこに偏っているのかを把握するのがおすすめです。

Q. 主婦の節約術としておすすめなのは?

主婦のおすすめ節約術は、保険の見直しです。

保険の見直しはご自身のライフステージや、これからのプランなど、色々比較してじっくり考えなければいけないため、主婦の力の見せ所です。

特に生命保険はバリエーションが多いので、いくつか比較してみたり、プロへの無料相談を活用しましょう。

30秒でかんたん入力!
キャラクターの画像
お金のプロ(FP)に相談する
キャラクターの画像

まとめ

節約をするにはまず、通信費や保険料などの固定費から見直すことをおすすめします。

なぜなら、固定費は一度見直しをすれば、それ以降は何もせずとも半永久的に節約効果が続き、非常に大きな金額の節約に繋がると考えられるからです。

少しでも楽しく無理をし過ぎない自分に合った節約にお役立てください。

和田 由貴
ナビナビ保険監修
消費生活アドバイザー(内閣総理大臣及び経済産業大臣事業認定資格)
和田 由貴

セールやクーポン利用、ポイ活などのお得情報に敏感な方は多いと思いますが、これらに振り回されて余計な消費をするのが一番の無駄です。物を買うときには「必要だから」という動機が必須です。安いから、割引券があるから、ポイント2倍デーだからといった「お得だから」が理由での買い物は、節約してる気になってるだけの浪費であることが多いもの。物を選ぶときや買うときには、「本当に必要なのか?」「お金を払う動機は何か?」と自問自答してみてください。

マンガ・イラスト付き

保険は本当に不要なの??

パンフレット その保健不要論本当に正しいですか?
和田 由貴

和田 由貴

日本女子大学家政学部卒業。消費生活や節約術、省エネ、家事の専門家として、日常生活に密着したアドバイスを発信。「ホンマでっか⁉︎TV」節約評論家をはじめ、テレビ出演、講演、執筆など幅広く活動中。経済産業省消費経済審議会臨時委員ほか公務歴多数。
所有資格
消費生活アドバイザー、環境カウンセラー、家庭の省エネエキスパート、家電製品アドバイザー
専門分野・得意分野
生活全般の節約、家計管理、家事、省エネ、3R
藤田 匡紀

藤田 匡紀

新卒で日本生命保険相互会社に入社し、販売企画・代理店営業など多様な業務に従事。13年間勤務した後「もっと多くの人に、保険の必要性を正しく理解してもらいたい」という思いを胸にエイチームフィナジーに入社、ナビナビ保険の運営に参画。金融機関における顧客向け相続セミナー・研修会の実績も多数あり。
所有資格
AFP資格、証券外務員Ⅱ種
専門分野・得意分野
生命保険全般、資産運用
ナビナビ保険編集部

ナビナビ保険編集部

ナビナビ保険編集部は「どこよりも分かりやすい保険情報を届けること」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

おすすめの関連記事

家計の見直し方法とは?コツやどこから見直すのが最適かなどの節約ポイントをFPが解説!

家計の見直し方法とは?コツやどこから見直すのが最適かなどの節約ポイントをFPが解説!

2022.11.17
【節約のプロが解説】挫折しない家計簿のつけ方のコツとは?

【節約のプロが解説】挫折しない家計簿のつけ方のコツとは?

2022.11.22
貯金ができない人に共通する3つの特徴とは?貯金を増やすための5つの対処法

貯金ができない人に共通する3つの特徴とは?貯金を増やすための5つの対処法

2022.10.21
みんなの生活費の内訳は?世帯人数別 1ヶ月の平均支出と家計の見直し方まとめ

みんなの生活費の内訳は?世帯人数別 1ヶ月の平均支出と家計の見直し方まとめ

2022.11.30
お金の増やし方とは? お金を増やす13の方法とたった3つの考え方

お金の増やし方とは? お金を増やす13の方法とたった3つの考え方

2022.10.21
お金が貯まらない人のNG習慣は?貯めるために心掛けるポイントと積立のススメ

お金が貯まらない人のNG習慣は?貯めるために心掛けるポイントと積立のススメ

2022.10.24
【対決】1万円稼ぐ派 VS 1万円節約派 勝ったのはどっち?

【対決】1万円稼ぐ派 VS 1万円節約派 勝ったのはどっち?

2022.10.24
【継続のコツ】家計簿は項目選びが重要!抑えるべき固定費や変動費一覧

【継続のコツ】家計簿は項目選びが重要!抑えるべき固定費や変動費一覧

2022.11.16

もっと見るclick

ナビナビ保険公式SNS