1. ナビナビ保険 /
  2. プレスリリース /
  3. 不妊治療と医療保険に関する意識調査~民間医療保険でも不妊治療の適用を望む人は約8割!~
更新 更新:2021.01.07
プレスリリース

不妊治療と医療保険に関する意識調査~民間医療保険でも不妊治療の適用を望む人は約8割!~

不妊治療と医療保険に関する意識調査~民間医療保険でも不妊治療の適用を望む人は約8割!~

高額な費用がかかる体外受精などの不妊治療に対して、菅義偉首相は公的医療保険の適用を打ち出しました。

今回の意識調査では、多くの人が貯蓄から高額な治療費を捻出しており、約8割もの人が公的医療保険はもとより、民間の医療保険でも不妊治療に対する保険適用が一般化することを望んでいることがわかりました。

調査サマリー

  • 不妊治療費総額は100~200万円の人が最多の20.3%300万円以上の人も8%以上
  • 不妊治療費は、貯蓄から捻出が約7
  • 公的医療保険が適用になることに対し、「賛成」「どちらかと言えば賛成」が8割以上
  • 民間の医療保険でも保険適用が一般化することを望む人は76.9%
  • 妊活中に妊娠出産を見据えて、約3人に1人が医療保険の見直し・新規加入を実施

調査概要

  • 調査方法:インターネットによる調査
  • 調査対象:子供がいる20~40代の女性
  • 調査期間:2020年11月2日~2020年11月7日
  • 調査エリア:全国
  • サンプル数:330名

不妊治療の治療費総額は100万~200万円の人が最多の20.3%8.3 %の人が300万円以上と回答

不妊治療にかかった治療費総額調査結果の円グラフ

不妊治療の治療費総額にかかった費用は「100万~200万円」と回答した人が20.3%と最多の結果となりました。

また、100万円以上かかった人は全体の35.4%その中でも300万円以上と回答した人は8.3%でした。

不妊治療費の捻出は、貯蓄から捻出が約7割の結果に

不妊治療費の捻出方法調査結果のグラフ

不妊治療費をどのように捻出したか質問したところ、「貯蓄」が最多の71.4%、以降「親の援助」が20.9%、「収入を増やした、副業をした」が19.4%、「借金をした」が4%と続きました。

不妊治療が公的医療保険の適用になることについて「賛成」「どちらかと言えば賛成」が8割以上

不妊治療が公的医療保険の適用になることの賛否調査結果のグラフ

不妊治療が公的医療保険の適用になることについて質問したところ、「賛成」が50.2%、「どちらかと言えば賛成」が33.2%、あわせると8割以上の人が賛成という結果になり、多くの人が公的医療保険の適用に賛成であることがわかりました。

一方、「どちらかと言えば反対」2.2%、「反対」0.6%という回答もありました。

間の医療保険でも保険適用が一般化することを望む人は76.9%

民間医療保険の不妊治療適用の賛否調査結果のグラフ

不妊治療が民間の医療保険でも、保険適用が一般化することを望むか質問したところ、「はい」と答えた人が最多で76.9%にものぼりました。

今回、不妊治療費が保険適用となるのは公的医療保険のみですが、民間の医療保険でも保険適用を望む人が多いことが分かりました。

活中に妊娠出産を見据えて、医療保険の見直し・新規加入を行った人は27.7

妊娠中に妊娠出産を見据えて医療保険の見直し・新規加入を行った人の割合調査結果のグラフ

「妊活中に妊娠・出産を見据えて、ご自身の民間医療保険の新規加入、もしくは見直しを行いましたか」と質問したところ、「元々加入していた医療保険を見直し、新たな医療保険に加入」は22.2%、「元々医療保険に未加入、妊活中に医療保険に新規加入」は5.5%と、あわせて27.7%の人が妊活中に医療保険の見直しや新規加入をしたことがわかりました。

【まとめ】専門家からのワンポイントアドバイス

不妊治療は病院や治療段階によって費用が異なりますが、多くの場合で保険適用されず高額な治療費になることが多く、公的医療保険の対象になることを肯定的に捉える意見が大多数ということが今回のアンケート調査にてわかりました。

一方、妊活中に医療保険の新規加入や見直しを行った人はあわせて27.7%と、一定数の方が妊活をきっかけに保険の新規加入や見直しを実施したことがわかりました。

妊活の結果、懐妊され、医療保険への加入要望をいただくことがありますが、妊娠中の加入は出産関連の疾病や子宮部位の疾病が不担保(条件付き)になることが一般的です。

出産は不測の事態が起こる可能性もあるため、安心したマタニティ期・出産を迎えられるよう、妊活を始めるタイミングで保険の見直しを検討するのがベストだと言えます。

藤田さん

AFP認定者
藤田 匡紀

妊娠出産期の保険の見直し方法については、ナビナビ保険の以下のコンテンツを参考にしてください。

開催中のキャンペーン🎉

プレゼントキャンペーン
お申込期間
2021/6/23~2022/9/30
初回ご面談実施期間
2021/6/23~2021/11/30
キャンペーン対象
期間中に当サイトから無料保険相談にお申込みいただき、FPと初回のご面談を完了された方
賞品
ミスタードーナツ ギフトチケット(500円)

※詳細はナビナビ保険プレゼントキャンペーンをご確認ください

藤田 匡紀

藤田 匡紀

新卒で日本生命保険相互会社に入社し、販売企画・代理店営業など多様な業務に従事。13年間勤務した後「もっと多くの人に、保険の必要性を正しく理解してもらいたい」という思いを胸にエイチームフィナジーに入社、ナビナビ保険の運営に参画。金融機関における顧客向け相続セミナー・研修会の実績も多数あり。
所有資格
AFP資格、証券外務員Ⅱ種
専門分野・得意分野
生命保険全般、資産運用
ナビナビ保険編集部

ナビナビ保険編集部

ナビナビ保険編集部は「どこよりも分かりやすい保険情報を届けること」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

プレスリリースに関するおすすめコラム

新型コロナウイルス感染症の流行前後の家計とお小遣いについて調査を実施
プレスリリース

新型コロナウイルス感染症の流行前後の家計とお小遣いについて調査を実施

2020.05.27
「新型コロナウイルス感染症の流行による生命保険加入への影響調査」を実施
プレスリリース

「新型コロナウイルス感染症の流行による生命保険加入への影響調査」を実施

2020.06.18
日常的に自転車に乗る人の約75%が事故に遭いそうになった経験あり!自転車保険に関する意識調査
プレスリリース

日常的に自転車に乗る人の約75%が事故に遭いそうになった経験あり!自転車保険に関する意識調査

2020.09.16
【相続に関する意識調査】相続に生命保険を活用できることを知らない人は50%以上!
プレスリリース

【相続に関する意識調査】相続に生命保険を活用できることを知らない人は50%以上!

2020.11.04
【1/31生命保険の日】コロナ禍の生命保険の実態とは?生命保険に関する意識調査
プレスリリース

【1/31生命保険の日】コロナ禍の生命保険の実態とは?生命保険に関する意識調査

2021.01.20
【東日本大震災から10年】防災対策に関する実態調査 新型コロナウイルスの影響で防災意識に変化があった人は約4割 ~被災経験者の5人に1人が保険への加入を重要視~
プレスリリース

【東日本大震災から10年】防災対策に関する実態調査 新型コロナウイルスの影響で防災意識に変化があった人は約4割 ~被災経験者の5人に1人が保険への加入を重要視~

2021.02.10
【ニューノーマル時代の家計調査を実施】コロナ禍での世帯収入増加の理由1位は「転職」、世帯収入減少の理由1位「給料減額」2位「ボーナスカット」
プレスリリース

【ニューノーマル時代の家計調査を実施】コロナ禍での世帯収入増加の理由1位は「転職」、世帯収入減少の理由1位「給料減額」2位「ボーナスカット」

2021.03.17
【未就学児の親を対象とした教育費の意識調査】子供一人当たりの教育費準備の総額は「200万円以上400万円未満」が最多の29.7%
プレスリリース

【未就学児の親を対象とした教育費の意識調査】子供一人当たりの教育費準備の総額は「200万円以上400万円未満」が最多の29.7%

2021.04.20

もっと見るclick