三大疾病保障保険とはどんな保険?三大疾病保障保険の必要性や選び方を解説

三大疾病保障保険を知っていますか?三大疾病に対して不安は感じているけど、どんな病気になった時にどんな保障をしてくれるかまでわからないという方は多いのではないでしょうか?

 

そこで、今回は三大疾病保障保険について下記の内容をご紹介します。

  • 三大疾病の特徴
  • 三大疾病保障保険の内容
  • 三大疾病保障保険の必要性や選び方
  • 三大疾病への備え方

 

三大疾病は日本人がかかるリスクが高く、またかかったときに治療期間が長い、医療費が高額になりやすいといったリスクの大きい病気でもあります。

病気や保険内容を理解した上で、どのように準備するのか考えていきましょう。

 

三大疾病保障保険とは

 

日本では「がん」「急性心筋梗塞」「脳卒中」を三大疾病と呼ばれています。

三大疾病は日本人の死因上位を占めており、下記のとおり日本人の死因の50%以上が三大疾病によるものとなっています。

日本人の主な死因の構成割合(平成30年)
日本人の主な死因の構成割合(平成30年)

画像引用元:厚生労働省 平成 30 年(2018) 人口動態統計月報年計(概数)の概況

三大疾病にかかった際に備えるのが「三大疾病保障保険」といい、一般的な保険内容は下記のとおりです。

一般的な三大疾病保障保険の内容
給付形態 一時金型が主流(月額型or入院日額給付型もある)
保険期間 終身タイプ
給付条件

三大疾病で所定の状態になったとき or 死亡または高度障害状態になったとき(ただし、どちらか一回のみ)

貯蓄性の有無

近年、各社様々なタイプの三大疾病保障保険を販売されています。定期タイプや掛け捨て型もあるので、自分に合うタイプを探しましょう。

また、三大疾病はかかるリスクの高さの他に、下記の特徴があります。

  •  治療期間が長い
  • 医療費が高額になりやすい

    自分に合ったタイプの保険を探すには、三大疾病について知る必要があります。治療期間や治療費の相場など三大疾病の特徴を解説していきます。

    特徴1.三大疾病は治療期間が長い

    三大疾病は長期入院になりやすい病気です。それぞれの病気の平均入院日数は下記のとおりです。 

    病名 平均入院日数
    がん(悪性新生物) 17.1日
    心疾患 19.3日
    脳血管疾患 78.2日

    三大疾病は入院時に完治しているわけではありません。退院後には上記入院日数に加えて、通院での治療が必要となります。

    例えばがんは、厚生労働省による平成29年の調査ではがん患者の総数は「入院患者:12万6千人」に対して「通院患者:18万3千人」となっており、通院治療者の数が多いことがわかります。三大疾病では退院後の通院治療者が多く、その分の治療費も必要となります。

    特徴2.三大疾病は医療費が高額になりやすい

    三大疾病は医療費が高額になりやすい病気です。代表的な病気の平均入院費を下記の表で見てみましょう。 

    病名 一入院あたりの平均費用
    胃の悪性新生物 946,748円
    気管支および肺の悪性新生物 812,081円
    急性心筋梗塞 1,784,414円
    脳梗塞 1,542,822円
    脳出血 2,147,384円

    実際には高額療養費制度が適用されるので自己負担額はもっと少なくなります。しかし、高額療養費制度が適用されても、月々数万円〜数十万円は用意する必要があります。

    三大疾病保障保険の必要性

    三大疾病のリスクの高さは性別を問わないので、リスクを負う可能性で判断すべきではありません。

    三大疾病保障保険には下記のような特徴があります。

    三大疾病保険の特徴

    • 給付金を一時金として受け取れる
    • がん保険よりも保障範囲が広い
    • 死亡保障も一緒に持てる
    • お金の積立も一緒にできる

    これらの特徴をメリットとして活用出来る人は、三大疾病保障保険の必要性が高いといえます。

    向いている人・向いていない人

    三大疾病保障保険の加入に向いている人と向いてない人を下記にまとめました。

    三大疾病保障保険が向いている人 三大疾病保障保険が向いている人
    • 三大疾病になったときに、収入が極端に減少する人
    • 医療費に回せる貯蓄があまりない人
    • 死亡保障と一緒につけたい人
    • 保険と積立を一緒に行いたい人
    • 三大疾病への不安が大きい人
    • 貯蓄が十分にある人
    • 三大疾病になっても収入があまり変わらない人
    • 医療保険に入っていない人
    • がんの保障を厚くしたい人

    三大疾病保障保険は治療費などの費用に備えた保険なので、収入が極端に減少するなど経済的に不安がある人は向いているといえます。

    特に三大疾病保障保険は一時金で給付されるのが特徴です。あまり貯蓄がなく、初期にかかる費用が不安な人には検討されてもいい保険だといえます。

     

    ただし、医療保険に加入せずに三大疾病保障保険に加入しようとしている人は慎重に考えなければなりません。三大疾病保障保険は三大疾病以外の病気やケガには対応していないからです。

     

    また入院給付金がない保険も多く、長期入院した場合に一時給付金では不足します。入院給付金がある医療保険と組み合わせた方がより安心です。

    死亡保障や積立はあくまでサブの目的

    三大疾病保障保険の特徴は、死亡保障や積立なども一緒に出来るという点です。しかし、死亡保障や積立を三大疾病保障保険に全て頼るのは危険です。

     

    三大疾病保障保険の死亡保障は保険金額があまり充実していません。自分に万が一のことがあったときに家族がいると保険金が足りない可能性が高いです。

    逆に独身でそこまで死亡保障を必要としない人であれば便利な保険といえます。

     

    積立に関しては、積立金を得るために解約すると保障がなくなってしまうという点に注意しましょう。終身で保障を受けたい人は解約できないので、積立金を得ることができないからです。

     

    逆に三大疾病保障保険は若いうちだけでいいという考え方であれば、支払った保険料が無駄にならない三大疾病保障保険は非常に良い商品であるといえるでしょう。

    三大疾病保障保険選びの選び方、事前チェックポイント

    三大疾病保障保険の必要性が自分にはあると思ったら、ここから解説する三大疾病保障保険の選び方とポイントを参考にしてください。

    三大疾病保障保険では商品ごとに下記のような違いがあります。

    • 給付形態(一時金or月額など)
    • 保険期間(終身or定期)
    • 貯蓄性の有無

    他に特約内容も商品ごとに変わります。自分が不安なシーンや期間を想定した上で、給付形態や保険期間・特約内容を選んでいきましょう。

     

    また、三大疾病保障保険を選ぶ際には事前にチェックしておくべきポイントもあります。

    事前にチェックすべきポイント

    • 三大疾病保険の保険金の支払条件
    • すでに加入している医療保険やがん保険

    それぞれ解説していきます。

    三大疾病保障保険は保険金支払い条件がある

    三大疾病保障保険は診断されると無条件で支給されるわけではなく、多くの場合「所定の状態」になっていることが求められます。

    三大疾病保険の保険金が支払われる条件を下記にまとめたので、チェックしましょう。

    病名 支払対象条件
    がん がんであると診断されたとき(上皮内新生物を除く商品もあり)
    急性心筋梗塞 急性心筋梗塞によって「60日以上、労働の制限を必要とする状態が継続」したと医師に判断されたとき

    脳卒中

    脳卒中のうち「脳出血・くも膜下出血・脳梗塞」を発病し、「60日以上、言語障害、運動失調、麻痺などの後遺症が継続した」と医師に判断されたとき
    死亡・高度障害 死亡や所定の高度障害状態になったとき

    心筋梗塞と脳卒中に関しては診断されたときではなく、60日以上働けないまたは後遺症が残って初めて支給されることが多いです。

    商品によってさらに条件がついている場合もあるので、検討時に必ず支払対象条件は確認しましょう。

    がん保険や医療保険との重複をチェック

    三大疾病保障保険は、医療保険やがん保険と保障の範囲が一部重複する保険です。他に加入している保険があれば事前に内容をチェックしておきましょう。

    例えば、医療保険でも三大疾病で入院した際には給付を受けられます。医療保険からの給付で十分に費用を賄える場合は、三大疾病保障保険に加入する必要はありません。

    三大疾病保障保険は、「お金のかかる三大疾病になったときに医療保険などで足りない部分をカバーするための保険」と考えてみると必要性を判断しやすいです。

    三大疾病のリスクへの備え方

    三大疾病のリスクへの備え方として代表的なものは下記の3種類です。

    三大疾病へのリスクの備え方

    1. 三大疾病保障保険(単体保険)
    2. 医療保険の特約
    3. 団体信用生命保険への特約(住宅ローンを組んだ人)

    それぞれの特徴は下記のとおりです。

    備え方 特徴
    三大疾病保障保険(主契約)
    • 死亡と三大疾病に対する備えを同時にできる
    • 保障期間は定期と終身がある・保障期間が終身の場合は解約返戻金がある
    医療保険の特約
    • 三大疾病以外に対する備えも同時にできる
    • 月々の保険料が安い
    • 定期であることが多い
    団体信用生命保険への特約(住宅ローンを組んだ人)
    • 住宅ローンの残債をを0円にすることができる
    • 住宅ローンの残債以外に保険金の支払いはない
    • 保障期間は住宅ローンが終了するまで

    どの備え方がいいかは、その人の置かれている状況や考え方によります。それぞれどんな人が向いているかを解説していきます。

    三大疾病保障保険(単体保険)

    この方法に向いている人は下記の通りです。

    三大疾病保障保険(単体保険)に向いている人

    • 死亡保障も同時に受けたい人
    • 終身で三大疾病に備えたい人
    • 解約返戻金を活用したい人(保障期間が終身の場合)

    三大疾病保障保険は死亡保障も同時に持つことができます。独身で死亡保障を必須ではない人であれば、死亡も病気も備えられるので便利な商品です。

    医療保険の特約

    医療保険に三大疾病保障特約をつける方法に向いている人は下記のとおりです。

    医療保険の特約に向いている人

    • 保険料を抑えて三大疾病への備えをしたい
    • 三大疾病への備えは最低限で良い
    • 医療保険に加入している方で、さらなる保障内容を充実させたい

    医療保険にも三大疾病になった時に一時金が受けられる特約をつけることができます。多くの場合、三大疾病に対しては一時金の備えのみです。しかし、医療保険なので入院すると入院給付金も受けられます。

     

    保険料は三代疾病保障保険と保障内容が違うので保険料が安くなるケースがあるので、医療保障として一般的な病気よりも三大疾病への備えを少し厚くしたいと思っている人にはぴったりの備え方です。

    団体信用生命保険への特約(住宅ローンを組んだ人)

    住宅ローンを組むと団体信用生命保険という生命保険に加入します。団体信用生命保険に三大疾病になった際、住宅ローンの返済を免除する特約をつけることが可能です。この方法に向いている人は下記の通りです。

    団体信用保険生命保険の特約を組んだ人に向いている人

    • 住宅ローンへの不安が大きい
    • 住宅ローンがある期間だけ三大疾病に備えたい

    住宅ローンの返済が免除されるので、ローンがたくさん残っているときであれば3つの方法のうち一番保険金額が高くなります。三大疾病になって働けなくなった際に住宅ローンの支払いへの不安が大きい人は、この方法で準備するといいでしょう。

    団体信用生命保険は住宅ローンを完済するまでの定期保険です。

    また、住宅ローン以外に給付を受けることができません。保険期間や給付金の金額に不安がある人は、他の保険も検討することをおすすめします。

    三大疾病保障保険とがん保険との違い

    三大疾病保障保険と同じく、特定の病気に特化した保険として「がん保険」があります。

    二つの保険は保障範囲が違います。がん保険は「がんのみ」で、三大疾病保障保険は「がん、急性心筋梗塞、脳卒中」をカバーしています。

     

    ただし、がんになった時のサポートは三大疾病保障保険よりもがん保険の方が手厚いです。

    がんへの不安が大きく、より手厚いサポートが必要な時はがん保険の方が合っているかもしれません。

     

    三大疾病保障保険とがん保険を考えるときには、自分が必要とする保障の範囲や何の病気に対して重点的に備えておきたいかを考えましょう。

    まとめ

    今回は三大疾病保障保険について解説してきました。

    大切なポイントを振り返ります。

    • 三大疾病とはがん・急性心筋梗塞・脳卒中に備えた保険
    • 三大疾病保障保険は三大疾病で所定の状態になった時か死亡時に保険金を受け取れる
    • 長期入院や療養時に収入や貯蓄に不安を持つ方は三大疾病保障保険を検討する
    • 三大疾病保障保険加入している医療保険の内容と重複しないように加入する
    • 三大疾病は医療保険の特約や団体信用生命保険の特約で備える方法もある 

    三大疾病保障保険はリスクの高い病気への備えとして魅力的な商品ですが、支払い条件があるので適用できないケースもあります。

    自分の三大疾病に対する保障として考え、医療保険の特約とともにそれぞれの特徴をイメージしながら考えてみるといいでしょう。

    プロに相談する

    万が一に備えたい

    病気に備えたい

    貯蓄したい

    Insurance