ナビナビ保険
  1. ナビナビ保険 /
  2. 生命保険 /
  3. ネット保険(通販型保険)のメリット・デメリットは?申込方法から注意点まで必要な情報をすべて解説します

保険を知る

更新:2020.07.31 公開:2020.04.15

ネット保険(通販型保険)のメリット・デメリットは?申込方法から注意点まで必要な情報をすべて解説します

ネット保険(通販型保険)のメリット・デメリットは?申込方法から注意点まで必要な情報をすべて解説します

保険の加入は実店舗の窓口以外に、インターネット経由でも申し込みができます。

インターネットから申し込みができる保険を「ネット保険(通販型保険)」と呼び、加入までの時間を節約できたり保険料が割安だったりなど、様々なメリットがあります。

ネット保険は、保険商品の比較検討から申し込みまでインターネット上で完結できるため、以下のような方におすすめです。

ネット保険で申し込みをすべき人の特徴

  • すでに加入したい保険が決まっている
  • とにかく保険料を安く抑えたい
  • 窓口に対面で相談をしに行く時間がない

様々なメリットがある一方、ネット保険の審査は厳しめ・選べる保険の種類が少ない・窓口で相談しながら保険を選べないなどのデメリットもあります。

そのため、メリットとデメリットの両方をしっかりと理解した上で、保険商品を比較検討すべきだと言えます。

そこで、ネット保険のメリットとデメリット、申込方法や注意点まで必要な情報をすべてわかりやすくお伝えしていきます。

ネット保険のメリット・デメリット

ネット保険には、以下のようなメリットとデメリットがあります。

メリット1. ネット保険は申込みが手軽

ネット保険は、インターネットさえあれば24時間いつでも自分の好きなタイミングで申し込むことができます。

仕事や家事、育児などで忙しく、保険代理店や保険の相談窓口まで行く時間がない方でも手軽に申し込めるのは大きなメリットです。

また、すでに契約する保険が決まっている場合は店舗まで行く時間を節約できます。

「担当者と話すのが苦手」「他商品を案内されると断れない」といった方も対面で話す必要がないので安心して保険申し込みができます。

メリット2 .ネット保険は自分が納得できるまで検討できる

ネット保険は、自分が納得できるまで検討する時間を作れることもメリットのひとつです。

その保険商品に関する情報がインターネット上に全て掲載されているため、保障内容の確認や他の保険商品との保険料比較を自分が納得できるまで徹底的に行えます。

「保険の相談窓口だと話に流されてしまうかもしれない…」と心配な方でも、じっくりと時間を作って自分にピッタリの保険を探すことができるのも大きなメリットです。

保険会社の公式ホームページで料金シミュレーションができる場合もあるので、積極的に活用していきましょう。

メリット3.ネット保険は保険料が比較的安価

 対面販売方式とネット販売方式(ネット保険)の付加保険料の違い

ネット保険は対面販売の保険商品と比べて、保険料が比較的安価に設定されていることが多いです。

実店舗とは違い、ネット保険なら店舗の運営費やスタッフの人件費、事務費用などを低く抑えられることが主な理由です。

また、ネット保険は商品内容も非常にシンプルになっているので、保険料は対面販売の保険商品に比べて安価であることが一般的です。

保険料をとにかく安く抑えたいと考えている方にとって、非常に魅力的なメリットです。

デメリット1. ネット保険は審査が厳しい

原則として、死亡保険や医療保険などに加入する際は現時点の健康状態や過去の病歴を告知しなければなりません。

保険会社側は告知された情報や提出された書類をもとに審査を行い、場合によっては保険への加入を断るケースもあります。

これらの審査はネット保険・対面販売保険のどちらでも行われますが、一般的には保険料が安いネット保険の方が審査基準は厳しめに設定されています。

そのため、従来の保険なら問題なく加入できた健康状態だとしても、ネット保険では保険の加入が断られたということが実際に起こりえます。

また、ネット保険では申し込む際の告知情報の書き方や内容について確認してくれる担当者はいません。

もし、仮に告知した情報に間違いがあった場合、保険給付が受けられなくなる可能性もあるので、万全の注意を払って申し込みを行う必要があります。

デメリット2. 保険の種類が少ない

ネット保険で取り扱われてる保険の種類

  • 生命保険(死亡保険):定期保険、終身保険、収入保障保険
  • 医療保険:定期型医療保険、終身型医療保険、引受基準緩和型医療保険
  • がん保険:定期型がん保険、終身型がん保険
  • 就業不能保険

ネット保険は、保険の内容がシンプルで分かりやすいことが特徴ですが、その保障内容が自分に合ったものであるかどうかは限りません。

ネット保険では付加できない特約も存在するので、保障内容をカスタマイズして自分に合った内容にできないなど、選べる保険の種類が少ないことがデメリットです。

ネット保険だけで保険契約を完結したい方は、どれかひとつの商品に的を絞るのではなく、保障内容として不足に感じる部分を別の保険で補うといった形で選んでいくのが良い方法です。

また、家族の保険契約も検討している方は、ネット保険だけでは十分な保障内容を準備できない可能性があるので、実店舗での対面販売の保険商品を選ぶことをおすすめします。

デメリット3 .保険の予備知識が必要

ネット保険を契約する際は、保険商品の提案やアドバイスをくれる担当者はいません。

また、保険商品の重要事項説明や約款などは専門用語で記載されているので、自分で保険の選定を行う以上ある程度の予備知識が必要となります。

保険について全くわからない状態で適当に選んでしまうと、備えておきたい場面で保障が適用されなかったり無駄に高額な保険料を支払ったりなど、損をしてしまう可能性が高いです。

ネット保険で保険に申し込むのであれば、まずは自分自身がどういった場面に備えておきたいかのライフプランを明確にした上で、様々な保険商品の特徴やメリットとデメリットを確認していかなければなりません。

メリットの部分でお伝えしたように、自分が納得できるまで検討できることが魅力のひとつですが、逆にいえば自分が納得できるまで調べる時間と手間がかかります。

どうしても自分ではわからないことがある場合は、保険の相談窓口やコールセンターを利用するようにしましょう。

ネット保険の申込み方法

ネット保険の大まかな申し込み方法は以下のとおりです。

ネット保険の申込み方法

  1. ウェブサイトから申込み
  2. 必要情報の告知(引受審査)
  3. 契約成立

通常、実店舗などで申し込みをする場合は保険に対する意向確認や保険商品の提案、プラン内容の説明などで非常に多くの時間がかかります。

ですが、ネット保険での申込みなら基本的に上記の3ステップで手軽に申し込みが可能です。

必要情報の告知をする場合、各保険会社が定義する必要書類を添付して郵送する必要がある場合があります。

以下の必要書類を準備しておくと手続きがスムーズに行えるようになるので、申し込みをする前に準備しておきましょう。

ネット保険の申込みで必要な書類

  • 生命保険に加入する場合:運転免許証、健康保険証、印鑑登録証明書、住民票の写しなどの中からいずれか1点
  • 自動車保険に加入する場合:運転免許証や車検証、保険証券など

必要となる書類は各保険会社によって異なるので、事前に確認をしておくようにしてください。

ネット保険申込み時の注意点

ネット保険に申し込む時は、以下の注意点に気をつけて申し込むようにしましょう。

ネット保険に申し込む時の注意点

  • 告知情報の記入ミス
  • 必要書類の提出漏れ
  • 自分が求めている内容が保障されるか

これまでにもお伝えしたとおり、ネット保険は担当者からのアドバイスや提案がないので、全て自分で情報を集めて比較検討しなければなりません。

そのため、告知情報の記入ミスがあったり必要書類の提出漏れがあったりすると保険契約の無効化や強制解約となってしまう可能性があります。

また、保障内容の認識間違いや勘違いがあったとしても全て自己責任なので、これから申し込むネット保険の保障内容は最後までしっかりと確認しておくことをおすすめします。

保障が始まるのはいつ?

申し込みから保険責任開始時期までのフロー

ネット保険の保障が始まる日は「責任開始日」と呼ばれています。

責任開始日以降からネット保険の保障が開始されるので、それまでの間に発生した事象に対しては保障の適用外となります。

基本的にはネット保険の重要事項説明や約款内に書かれているので、内容を隅々までよく確認するようにしましょう。

一般的な保険商品では「保険契約の申し込み」「健康状態の告知」「最初の保険料の払い込み」の3つが揃った日が責任開始日となることが多いですが、ネット保険の場合は申し込みを受けた日を責任開始日とすることが多いです。

また、保険証券に記載される「契約日」は、「責任開始日の翌月1日」とされるケースが多いので、契約日と責任開始日は異なることを覚えておいてください。

ネット保険で保険金を受け取るにはどうすればいいの?

ネット保険で保険金や給付金を受け取る場合は、基本的に加入しているネット保険を運営する保険会社のサポートデスクやカスタマーセンターに電話で連絡をする必要があります。

まずは保険会社に連絡を取り、オペレーターからその後の請求手続きや必要書類などの情報をご確認ください。

なお、一部のネット保険ではインターネット上で請求手続きができるタイプもあるので、ネット保険を比較検討する際に合わせて確認しておくことをおすすめします。

まとめ

ネット保険とは、インターネット経由で申し込みができるタイプの保険商品のことです。

ネット保険には以下のようなメリットとデメリットがあります。

実店舗まで行く必要がない点や、24時間いつでも自分の好きなタイミングで手軽に申し込みができることがメリットです。

その一方で、保険についての予備知識が必要であったり、通常よりも審査が厳しかったりなどのデメリットも存在します。

そのため、ネット保険は以下の特徴に該当する方に向いている保険商品だといえます。

ネット保険で申し込みをすべき人の特徴

  • すでに加入したい保険が決まっている
  • とにかく保険料を安く抑えたい
  • 窓口に対面で相談をしに行く時間がない

上記の特徴に該当する人は、ぜひこの機会にネット保険へのご加入をご検討されてみてはいかがでしょうか。

この記事の執筆者
中村 翔也
携帯代理店法人部門にて営業職として2年半勤務後、2017年12月よりwebライターとして独立。通信ジャンルをメインに金融系、保険記事を毎月30本以上執筆。
この記事の監修者
石田 直樹
所有資格
AFP資格、TLC(生保協会認定FP)資格
ソニー生命、東京海上日動あんしん生命保険、保険代理店等、保険業界を28年間勤務。支社長や管理職を経験、200回以上のセミナーや研修講師の登壇経験あり。その知識を活かし、もっと多くの人に保険の必要性を正しく理解してもらいたい!という思いを胸に、ナビナビ保険の事業立ち上げメンバーとして異業種のIT企業に転職し、現在に至る。
この記事の編集者
ナビナビ保険編集部
ナビナビ保険編集部は「どこよりも分かりやすい保険情報を届けること」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

生命保険に関するおすすめコラム

生命保険の見直しポイントとは? 見直し手順と注意点を把握して家計を節約しよう

生命保険の見直しポイントとは? 見直し手順と注意点を把握して家計を節約しよう

2020.07.15
生命保険解約の注意点とは?手続きの流れや解約以外の対処法

生命保険解約の注意点とは?手続きの流れや解約以外の対処法

2020.08.05
死亡保険(生命保険)の選び方、加入目的と種類を分かりやすく解説

死亡保険(生命保険)の選び方、加入目的と種類を分かりやすく解説

2020.06.12
生命保険に加入するタイミングは? 年齢・性別・ライフステージ別の選び方

生命保険に加入するタイミングは? 年齢・性別・ライフステージ別の選び方

2020.08.05
生命保険の「掛け捨て型」と「貯蓄型」の違い、損しない生命保険の選び方

生命保険の「掛け捨て型」と「貯蓄型」の違い、損しない生命保険の選び方

2020.06.17
生命保険料控除証明書とは? 各項目の見方、再発行・手続きの流れを解説

生命保険料控除証明書とは? 各項目の見方、再発行・手続きの流れを解説

2020.07.27
貯蓄型保険とは?他保険と比較したメリット・デメリットから選び方まで徹底解説

貯蓄型保険とは?他保険と比較したメリット・デメリットから選び方まで徹底解説

2020.07.27
生命保険は誰にでも必要性がある?保険の必要性や保障額について解説

生命保険は誰にでも必要性がある?保険の必要性や保障額について解説

2020.08.04
もっと見るclick
Insurance