お電話でのお問い合わせ 0120-641-297
10:00〜19:00 土日祝も対応(年末年始を除く)
  1. ナビナビ保険 /
  2. 生命保険 /
  3. 生命保険はいつから必要?加入率や加入のタイミングまで解説

保険を知る

更新:2020.08.20 公開:2020.07.15

生命保険はいつから必要?加入率や加入のタイミングまで解説

生命保険はいつから必要?加入率や加入のタイミングまで解説

一般的には、生命保険は年齢が若いうちから加入することを勧められますが、果たして、本当に若いうちから加入する必要はあるのでしょうか。

この記事では、生命保険の年代別加入率や加入目的などの様々な統計データを活用しながら、いつから生命保険に加入すべきかを解説していきます。

先に結論をお伝えすると、原則としては年齢が若い20代や30代のうちから保険に加入しておくのがおすすめですが、その理由とメリット・デメリットについてもまとめているので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

20代・30代、いつから生命保険に加入するべき?

最初に、年代別の生命保険加入率や加入目的、年間で払い込む保険料の平均額など、様々な統計データを用いながらご紹介します。

生命保険の加入率

生命保険文化センターが公表する「令和元年度 生活保障に関する調査」によると、20代の保険加入率は約60%に留まっています

その後、30代で保険加入率が80%に飛躍し、以降はどの年代においても8割の人たちが生命保険に加入していることがわかります。

生命保険加入率(性別・年齢別)出典:生命保険に加入している人はどれくらい?|生命保険文化センター

30代から飛躍的に加入率が上昇した理由としては以下の2点が考えられます。

生命保険の加入率が30代から飛躍している理由

  1. 結婚や出産、育児などライフスタイルが大きく変化する人が増えるため
  2. 年齢を重ねるにつれて給与面も上昇し、保険料を支払う余裕ができたため

20代の頃は独身だった人も、30代に入ったことで結婚や出産、育児などによってライフスタイルが大きく変わる人が増加します。

独身時代は自分ひとりの心配で済みますが、結婚をして家族ができるとパートナーや子供の人生のことも考える必要があります。

もし、働き手の自分自身に万が一のことがあれば、遺された家族は生活に困るばかりか、その後の人生にも大きな影響が出てしまう可能性があります。

そういったリスクを考慮して、結婚や出産などのライフイベントを迎えることが多い30代から生命保険に加入する人が増加しているものと考えられます。

また、20代では収入が少なく保険料の支払いが難しいために加入できなかった人も、30代に入り収入面で余裕ができたことで保険に加入する人も増えているものと思われます。

生命保険の主な加入目的

続いて、生命保険の主な加入目的についても見ていきましょう。

生命保険文化センターが公表する「平成30年度 生命保険に関する全国実態調査」によると、以下のような目的から生命保険に加入する人が多いようです。

生命保険の加入目的

生命保険の加入目的ランキング

  1. 医療費や入院費のため:57.1%
  2. 万一のときの家族の生活保障のため:49.5%
  3. 万一のときの葬式代のため:15.4%
  4. 老後の生活資金のため:10.8%
  5. 貯蓄のため:8.6%

生命保険の加入目的としては「医療費や入院費に備えるため」「万一のときの家族の生活保障のため」の2つの理由が大半を占めています

医療費に関しては、全日本国民が加入している「公的医療保険」によって3割負担で病院を受診できますが、公的医療保険では入院費用や入院中の食事代、交通費、差額ベッド代まではカバーできません

また、がんを含む三大疾病に罹患した場合は長期的な通院や入院が必要となることが多く、治療を行うためには多額の費用がかかります。

こうした費用に備えるため、生命保険に加入する人が多いものと考えられます。

同様に、自分に万が一のことがあれば遺された家族が生活に困る可能性が高いので、死亡保障を備えるために生命保険に加入している人も多いです。

無料でお金のプロ(FP)に相談するclick

年代別の年間払込保険料(全生保)

生命保険は保険商品によって保障対象が異なるため、ひとりで複数の保険に加入しているケースも多いです。

そこで、生命保険文化センターが公表する「平成30年度 生命保険に関する全国実態調査」から年代別の年間払込保険料を確認していきましょう。

世帯年間払込保険料

年代別の年間払込保険料を見ると、20代では年間で23.3万円となっており、ひと月あたり約2万円の保険料を払い込んでいることがわかります。

30代前半では29.8万円、30代後半では38万円と一気に払込保険料が増えており、ひと月あたりおよそ2.5〜3万円程度の保険料を負担しながら暮らしています。

30代になると保険料が一気に高くなっていますが、結婚や出産に加えて一戸建てや車の購入費用、子供の教育資金などが必要となることから、保障額の増額や別の保険に追加で加入していることが要因だと考えられます。

なお、これらはあくまで平均額なので、実際に払い込む保険料は保険商品の種類や保険会社、保障額によって異なります。

上記の金額より高い場合もあれば安くなる場合もあるので、参考程度に留めておくようにしてください。

年代別の入院給付金日額

医療保険に加入する場合、入院した時に支払われる1日あたりの給付金のことを示す「入院給付金日額」を決めることになります。

これから初めて医療保険に加入する人は、入院給付金日額をいくらにすれば良いかがわからないかと思うので、年代別の入院給付金日額を見ていきましょう。

年代別の入院給付金額

出典:生命保険文化センター「生命保険に関する全国実態調査」/平成30年度

入院給付金日額は、20代では5,000円~7,000円未満に設定している人が一番多いことがわかります(41.9%)。

30代になると10,000円~15,000円未満が34.7%と一番多く、以降の年代においても同金額の入院給付金日額を設定する人が多いようです。

これから医療保険への加入を検討している人は、上記の金額を参考にして入院給付金日額をご検討ください。

年代別の死亡保険給付金額

死亡保険給付金額とは、病気によって亡くなった際に支払われる保険金額のことです。

高額な保障を備えておくほど毎月の保険料が高くなる傾向にあります。

年代別の死亡給付金額

出典:生命保険文化センター「生活保障に関する調査」/令和元年度

生命保険文化センターの「令和元年度 生活保障に関する調査」によれば、死亡保険給付金額は20代男性で1,330万円、20代女性で735万円であることがわかります。

ですが、30代になると男性で2,331万円、女性で1,013万円とどちらも1,000万円以上の高額な保障を備えており、中でも男性の保障額が一気に跳ね上がっています。

一般的には男性が仕事をして女性が家事や育児をする家庭が多いことから、働き手の男性に万が一のことがあっても、遺された家族が安心して暮らせるように多くの保障額を設定する人が多いためだと考えられます。

無料でお金のプロ(FP)に相談するclick

生命保険の種類

この章では、人生において想定される様々なリスクに備えるため、加入を検討すべき生命保険の種類についてご紹介していきます。

日々の生活を送る中で備えておきたいリスクとしては以下の3つが挙げられます。

生命保険は想定されるリスクによって加入すべき保険商品の種類が異なります。

それぞれのリスクに備えるための保険の種類について確認していきましょう。

1.病気やケガのリスクに備えたい場合

民間医療保険の必要保障額の考え方病気やケガのリスクに備えたい場合に加入を検討すべき保険は以下の3つが挙げられます。

病気やケガのリスクに備えたい場合の保険

  • 医療保険:病気やケガで入院や手術をする際の費用に備えるための保険
  • 三大疾病保険:日本人の死因上位を占める「がん・急性心筋梗塞・脳血管疾患」に備えるための保険
  • がん保険:日本人の罹患者数が特に多い「がん」に特化した保険

日本では国民皆保険制度が導入されているため、全日本国民が公的医療保険(国民健康保険や健康保険)を利用できます。

公的医療保険を利用することで医療費の3割を負担すれば病院での受診が可能となりますが、公的医療保険でもカバーできない費用があります

公的医療保険でカバーできない費用の一例

  • 入院中の生活費(家族の分も含む)
  • 差額ベッド代(自己都合の場合)
  • 入院中の食事代・交通費
  • 日用品代
  • 先進医療費
  • 自由診療代

これらの費用は非常に高額になりやすいため、十分な貯蓄がない場合には医療保険に加入して高額な費用に備えておく必要があります。

がん保険や三大疾病保険は、日本人の死因上位を占める特定の病気に対して手厚い保障が受けられる保険ですが、年齢が若いうちはそこまで優先度は高くありません。

保険に加入すれば毎月の保険料が大きな負担となることから、定期的に見直しを行って、その時々に見合った保険を選ぶことが大切です。

2.死亡のリスクに備えたい場合

必要な死亡保険金額(必要保障額)の計算式
死亡のリスクに備えたい場合の保険としては以下の3つが挙げられます。

死亡のリスクに備えたい場合の保険

  • 定期保険:死亡保障が一定期間だけである代わりに毎月の保険料が安めに設定されている生命保険
  • 終身保険:死亡保障が一生涯続く生命保険。保険料は定期保険よりも割高
  • 収入保障保険:被保険者が死亡または高度障害状態となった場合に家族が年金方式で保険金を受け取れる生命保険

これらの保険は独身であれば必要性は低いですが、扶養する家族がいる場合は非常に重要な保険となります。

もし自分に万が一のことがあれば、遺された家族は生活に困るばかりか、子供の教育資金が不足してその後の人生においても非常に大きな影響が出てしまいます。

また、自分自身の葬式代や身辺整理代なども考える必要があることから、家族ができたタイミングで死亡保障を備えた生命保険に加入することをおすすめします。

3.将来の出費に備えたい場合

昨今では老後2,000万円問題が叫ばれるように、65歳から受け取れる公的年金だけでは安定した老後生活を送ることが難しいとされています

そのため、様々な方法で老後に向けた資産形成をしておかなければなりません。

資産形成に適した政府や市区町村が運営する制度もありますが、万が一の時の保障機能を備えつつ、貯蓄性がある保険商品を選ぶこともおすすめです。

将来の出費に備えたい場合の保険

  • 学資保険:子供の教育資金を準備することを目的とした保険。子供が一定年齢に達すると満期保険金が受け取れる
  • 養老保険:死亡時や高度障害状態の保障を備えつつ、満期保険金や解約返戻金が受け取れる
  • 個人年金保険:払い込んだ保険料が控除の対象となり、保険料の総額に応じて老後から年金が受け取れる

ちなみに、資産形成に適した国が運営する制度としては「iDeCo」や「つみたてNISA」が挙げられます。

これらの制度と組み合わせて、将来に向けた貯蓄性のある保険を活用することで、老後を安心して暮らせるだけの貯蓄ができるようになります。

ただし、貯蓄性のある保険は毎月の保険料負担が大きくなる傾向にあるので、収入に余裕が出たタイミングで検討するのがおすすめです。

資産形成の必要性や始めるべきタイミングについては以下の記事もあわせてご覧ください。

無料でお金のプロ(FP)に相談するclick

若いうちに生命保険に加入するメリットとデメリット

若いうちから生命保険に加入するのには以下のようなメリットとデメリットが存在します。

冒頭でもお伝えした通り、保険は若いうちから加入することを勧められますが、上記のようにメリットもあればデメリットもあります。

そのため、両親や知人に勧められるまま何も考えずに生命保険を契約するのはおすすめできません

この章でメリットとデメリットについて解説していくので、しっかりとその内容を確認した上でご検討ください。

メリット1.若い人ほど保険料が安くなる傾向にある

生命保険は高齢になればなるほど毎月の保険料が高めに設定されています。

その理由は、年齢を重ねるにつれて健康上のリスクが高まり、保険金の支払事由に該当する可能性が高いためです。

また、終身保険は契約時の保険料のまま一生涯の死亡保障が受けられるので、年齢が若いうちから保険に加入しておくことで、長期的に見た場合に払い込む保険料の総額を節約することができます

なお、定期保険の場合は、保障期間を更新する際に保険料が値上がりすることが多いので覚えておきましょう。

メリット2.貯蓄が少なくても万が一の時に安心できる

保険診療と自由診療の自己負担額の違い
生命保険の種類」でお伝えした通り、日本では国民皆保険制度が導入されているため、全日本国民が国民健康保険か健康保険に加入しています。

これらは公的医療保険と呼ばれており、どの地域の医療機関を受診しても同じ金額で診察してもらうことができます。

病気やケガのリスクに対する備えは、一見すると公的医療保険だけで十分に見えますが、公的医療保険だけでは高額になりやすい入院費用やそれにまつわる食事代・交通費・日用品代などは補填できません

また、先進医療や自由診療にあたる医療費に関しては公的医療保険が使えないので、全額を自己負担で支払う必要があります。

年齢が若いうちは収入が少ないことから、十分な貯蓄が作れていない可能性が高いです。

そのため、医療を受けるための十分な貯蓄がない場合には、保険料が割安な定期型の医療保険に加入することで、毎月の支出面を抑えつつ、万が一のときに備えておくことができます

メリット3.年齢が若いほど加入できる保険の選択肢が広がる

年齢が若ければ若いほど、加入できる保険の選択肢が広がります

基本的に、保険に加入する際には現在の健康状態や過去の病歴などを告知する義務があります。

健康状態が悪かったり大きな病気に罹患した経験があったりすると、通常の人よりも保険金支払いの事由に該当する可能性が高いことから、保険の加入条件が厳しく設定されているのが一般的です。

一方、年齢が若ければそういったリスクが少ないので、加入できる保険商品の選択肢が広がり、自分の家庭環境や収支状況に見合った最適な保険に加入できる可能性が高まります。

デメリット1.毎月の出費が増える

若いうちは収入が少なく、日々の生活費で給料を使い切ってしまう人も多いかと思います。

保険に加入すると毎月の保険料が大きな負担となるので、家計を圧迫する原因となってしまいます。

保険に加入する際は、生活費を除いた余剰資金の範囲内で加入できる生命保険を選ぶようにしましょう

デメリット2.インフレ発生時のリスクが高くなる

インフレの場合とデフレの場合の「お金・モノ」の価値の違い

長期的に加入することになる生命保険は、インフレが発生した時のリスクが高いといわざるを得ません。

インフレとは、物の価値が高くなることで相対的にお金の価値が下がることをいいます。

生命保険を契約する際、将来的に受け取れる保険金の金額を決めるのが一般的で、たとえインフレが発生しても受け取れる金額は変わりません。

たとえば、今までは100円で買えた飲み物1本が、インフレが発生したことで200円になった場合を考えてみましょう。

単純に見れば、飲み物の価値が2倍になったように見えますが、お金の側面から見ると200円分のお金を出さなければ飲み物が買えないほどにお金の価値が下がってしまった状態と言い換えられます。

保険金として100万円が支払われる保険に加入している時、今なら1万本の飲み物が買えるのに、インフレが発生すると10万円の価値が半減してしまうため、5,000本の飲み物しか買えない計算となってしまうのです。

上記は物品の購入代金を例に出しましたが、病院での医療費などでも同様のことがいえるため、インフレが発生した場合には契約当時のままの生命保険では十分な保障が受けられなくなる可能性があります

デメリット3.すぐに解約すると損をする

解約返戻金が支払い保険料を下回る時に元本割れを起こす
生命保険の中には、途中で解約をしてもそれまでに払い込んだ保険料が返ってくる「解約返戻金」が受け取れる保険商品があります。

解約返戻金は、それまでに払い込んだ保険料の総額に解約返戻率を掛けた金額が支払われます。

保険料の払込期間を満了すると、解約返戻率が1倍を超える場合もあるので、途中で解約せずに契約し続けていれば支払ってきた保険料以上の金額が受け取れる可能性があります。

ただし、逆にいえば保険料の払込期間を満了するまでは解約返戻率が1倍を超えることはないので、払い込んだ保険料よりも少ない額の解約返戻金しか受け取れません。

つまり、すぐに解約をすると払い込んだ保険料が元本割れを起こしてしまうのです。

一度契約した生命保険は、定期的に見直しを行いながら、なるべく解約をしないように心がけることが大切です。

無料でお金のプロ(FP)に相談するclick

生命保険を検討すべき3つのタイミング

生命保険を検討すべきタイミングは、人生の中で大きく3つあると言われています。

生命保険を検討すべき3つのタイミング

  1. 就職した時
  2. 結婚した時
  3. 子供ができた時

1.就職した時

就職をしたことで親元を離れて暮らすようになる人も多いかと思います。

それまでは食事や家のこと、税金や保険のことを気にする必要はありませんでしたが、一人で暮らすようになれば親からの経済的な支援は受けられません。

また、若いうちは収入が少ないことから、病気やケガが原因で長期的な入院ともなれば、高額な入院費用を支払うことは難しいでしょう。

そうした場合に生命保険に入っていれば、支払われた保険金を使って経済的な負担を緩和しながら治療に専念できます。

そのため、まずは就職をしたタイミングで生命保険の加入を検討することをおすすめします

2.結婚した時

結婚をすることでパートナーと共に人生を歩んでいくことになります。

独身時代は自分ひとりの心配だけで済みましたが、配偶者ができると相手の人生のことも考えなくてはなりません

そのため、自分に万が一のことがあった場合に配偶者が困ることのないように、死亡保障のある生命保険に加入しておく必要があります。

また、妊娠が発覚した後だと加入できる保険の選択肢が狭まってしまうので、出産の予定がある女性は事前に「女性保険」への加入も検討しておくのが良いでしょう。

結婚時に生命保険を見直すポイントについては以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

3.子供ができた時

子供が生まれると、人生の三大支出に数えられるほどの高額な養育費や教育資金が必要となります。

そんな場面で働き手である自分自身に万が一のことがあれば、家族が生活できなくなることに加え、その後の人生においても大きな影響が出てしまいます。

そのため、子供ができた家庭においては、より一層手厚い保障が受けられる生命保険に加入すべきだといえます。

妊娠時から出産後に検討すべき生命保険や、助成金などについてまとめたこちらの記事も参考にしてください。

無料でお金のプロ(FP)に相談するclick

生命保険に関するよくあるQ&A

Q.生命保険の保障はいつから始まりますか?

申し込みから保険責任開始時期までのフローA.生命保険による保障が開始されるのは以下の2点が揃った時です。

生命保険の保障が開始されるタイミング

  • 第一回目の保険料を保険会社が受け取る
  • 被保険者の情報が保険会社に告知された時

なお、がん保険や介護保険の場合は第一回目の保険料払込から約90日間の待ち期間(免責期間)があります

がん保険の免責期間と責任開始日

90日後に責任開始日となり、ようやく保障が開始されるタイプの保険もあるので保障が開始されるタイミングについては確認しておくようにしましょう。

Q.生命保険の給付金はいつ支払われますか?

A.保険金の支払事由に該当した場合、保険会社へ必要書類を提出してからおよそ1週間程度で保険金が支払われます

ただし、保険商品の種類や保険会社によって保険金の支払い期間は異なるので、あらかじめ確認した上でご契約ください。

無料でお金のプロ(FP)に相談するclick

まとめ

生命保険は若いうちから加入することを勧められるのが一般的です。

その理由は、以下のようなメリットとデメリットがあるためです。

若いうちから生命保険に加入するメリット

  1. 若い人ほど保険料が安くなる傾向にある
  2. 貯蓄が少なくても万が一の時に安心できる
  3. 年齢が若いほど加入できる保険の選択肢が広がる

若いうちから生命保険に加入するデメリット

  1. 毎月の出費が増える
  2. インフレ発生時のリスクが高くなる
  3. すぐに解約すると損をする

年齢が若ければ若いほど保険料が安めに設定されていることから、長期的に見た場合に払い込むことになる保険料の総額を節約することができます。

一方、収入が少ないとされる若いうちから保険に加入すると、毎月の保険料が大きな負担となり家計を圧迫する原因となります。

そのため、メリットとデメリットをしっかりと見比べて、生活資金を除いた余剰資金の範囲内で保険料を賄える生命保険に加入することをおすすめします。

なお、生命保険は想定されるリスクによって加入すべき保険商品の種類が異なるので注意が必要です。

想定されるリスクと、それに見合った保険商品の種類は以下の通りです。

想定されるリスクとそれに見合った保険商品の種類
想定されるリスク 検討すべき保険商品
病気やケガのリスクに備えたい場合
死亡のリスクに備えたい場合
将来の出費に備えたい場合

これから生命保険に加入する際は、上記を参考にして自分にとって本当に必要な保障を備えた保険商品をお選びください。

無料でお金のプロ(FP)に相談するclick

この記事の執筆者

中村 翔也

携帯代理店法人部門にて営業職として2年半勤務後、2017年12月よりwebライターとして独立。通信ジャンルをメインに金融系、保険記事を毎月30本以上執筆。
この記事の監修者

石田 直樹

ソニー生命、東京海上日動あんしん生命保険、保険代理店等、保険業界を28年間勤務。支社長や管理職を経験、200回以上のセミナーや研修講師の登壇経験あり。その知識を活かし、もっと多くの人に保険の必要性を正しく理解してもらいたい!という思いを胸に、ナビナビ保険の事業立ち上げメンバーとして異業種のIT企業に転職し、現在に至る。
所有資格
AFP資格、TLC(生保協会認定FP)資格
この記事の編集者

ナビナビ保険編集部

ナビナビ保険編集部は「どこよりも分かりやすい保険情報を届けること」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

生命保険に関するおすすめコラム

生命保険の見直しポイントとは? 見直し手順と注意点を把握して家計を節約しよう!

生命保険の見直しポイントとは? 見直し手順と注意点を把握して家計を節約しよう!

2020.09.11
生命保険解約の注意点とは?手続きの流れや解約以外の対処法

生命保険解約の注意点とは?手続きの流れや解約以外の対処法

2020.09.11
生命保険に加入するタイミングは? 年齢・性別・ライフステージ別の選び方

生命保険に加入するタイミングは? 年齢・性別・ライフステージ別の選び方

2020.09.14
生命保険の「掛け捨て型」と「貯蓄型」の違い、損しない生命保険の選び方

生命保険の「掛け捨て型」と「貯蓄型」の違い、損しない生命保険の選び方

2020.10.20
生命保険料控除証明書とは? 各項目の見方、再発行・手続きの流れを解説

生命保険料控除証明書とは? 各項目の見方、再発行・手続きの流れを解説

2020.10.05
貯蓄型保険とは?他保険と比較したメリット・デメリットから選び方まで徹底解説

貯蓄型保険とは?他保険と比較したメリット・デメリットから選び方まで徹底解説

2020.09.11
インターネットで加入可能!ネット保険(通販型保険)のメリット・デメリット、や選び方、注意点を解説

インターネットで加入可能!ネット保険(通販型保険)のメリット・デメリット、や選び方、注意点を解説

2020.10.01
生命保険は誰にでも必要性がある?保険の必要性や保障額について解説

生命保険は誰にでも必要性がある?保険の必要性や保障額について解説

2020.09.14

もっと見るclick

Insurance