生命保険の基礎、メリット・デメリットと自分に合った生命保険の選び方

万が一に備えたい

病気に備えたい

貯蓄したい

生命保険の基礎、メリット・デメリットと自分に合った生命保険の選び方

生命保険とは

生命保険とは、病気・事故・災害などによって死亡または高度障害状態になった際に、契約者が指定した受取人に対して保険金が支払われる保険です。

生命保険の主な加入目的には以下の2つがあり、自分に合った保険を選んで契約できるのが理想です。

生命保険の主な加入目的

  • 万が一の際に、残された家族の生活費保障
  • 子どもの教育資金、老後資金などの積み立て

特に、就職や結婚・出産など、生活環境が大きく変わるタイミングは、契約内容を見直すのに非常によい機会です。

もしもの際の経済的リスクが軽減できるように、生命保険の基礎的な知識から、ご自身に合った選び方を紹介します。

生命保険の種類と目的

生命保険の主な種類と目的を、分かりやすくまとめました。

生命保険の主な種類と目的の一覧
保険で備えたいリスク保険の種類詳細
医療保障病気・ケガ医療保険病気やケガの際に、医療費の一部が負担される保険
三大疾病保険「がん(悪性新生物)」「急性心筋梗塞」「脳卒中」のいずれかになった場合に、一時金が支払われる保険
女性保険乳がんや子宮頸がんなど、女性特有の病気を対象に保障される保険
がんがん保険癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる保険
収入減就業不能保険半身不随や寝たきりなど、障がいが残ったために働けなくなった際に備える保険
介護介護保険介護を事由として支給される保険
死亡保障葬式代
生活費
教育費
定期保険契約時に保障される期間を定めて、契約終了時に返戻金がないもの
終身保険生命保険のうち契約期間の終了がないもの
収入保障保険万が一の際の死亡保険金を、分割で受け取れる保険
貯蓄性教育費学資保険子どもの学資金(教育資金)を準備できる貯蓄型の保険
老後資金養老保険生命保険のうち、一定の保障期間を定めたもの、満期時に死亡保険金と同額の満期保険金を受け取れる
個人年金保険払い込み期間に保険料を納め、契約時に定めた年齢に達した時点から一定期間もしくは一生涯、年金が受け取れる貯蓄型の保険

表を見ると分かりますが、生命保険はサービス全体の総称です。

がん保険や医療保険の他、年金保険など一見別のサービスに思えるものも生命保険に含まれます。

生命保険は誰でも加入できる?

生命保険は「相互扶助」の仕組みで成り立っています。

相互扶助とは?
みんなでお金を出し合って万が一に備え、加入者全員が公平な保険料を負担することで、不測の事態に遭遇した人に保険金を支払えるようにする仕組み

そのため、生命保険は誰もが必ず加入できるというわけではなく、加入の際には健康状態・職業・道徳的の3つの観点で、保険会社による診査が行われ、通過することではじめて生命保険に加入することができます。

生命保険に加入する際の診査項目
健康状態現在治療中の病気や過去の病歴、健康診断の結果などを審査します
職業プロボクサーなど格闘技全般の職業に就かれている人、また登山家やスタントマンなど他の職業より死亡リスクが高いとされる一部の職業の人は、生命保険に加入できない場合があります
道徳的保険の不正利用・悪用を防ぐため、収入や資産、反社会的勢力とのつながりなどを診査します

※保険会社や保険の種類によって診査内容は異なります

持病があって生命保険に加入できない場合

持病があって生命保険に加入できない方は、加入の条件が緩い「引受基準緩和型(ひきうけきじゅんかんわがた)」や健康状態の告知や医師の診断が不要な「無選択型」の生命保険を探しましょう。

通常の生命保険に比べ「一定期間の保障が削減される」「保険料が割高になる」という留意点はあるものの、持病の悪化や再発に対しても保障されます。

メリット

  • 持病や健康状態に不安のある方も加入しやすい
  • 通常の保険に比べ、健康状態に関する診査条件が緩やかに設定されている
  • 持病の悪化や再発の場合も保障される

デメリット

  • 一定期間の保障が削減される
  • 通常の保険に比べ、保険料が割高

主契約と特約の違い

民間の生命保険は、主契約(しゅけいやく)と特約(とくやく)の2つから成り立っていて、主契約は、その保険商品の基礎となる契約です。

一方、特約は主契約に上乗せできるオプション部分を指し、特約をつけることで保障内容をより手厚くできます。

生命保険における主な特約の種類
家族定期保険特約被保険者(保険の契約者)の家族(妻や子ども)まで保障対象となる特約です。対象となる家族に万が一のことがあった場合でも、保険金が支払われます
災害割増特約不慮の事故・所定の感染症などで死亡した際に、主契約に上乗せして保険金が支払われる特約です
介護特約病気やケガが原因で介護が必要になった際、一定の期間、一時金や年金を受け取ることができる特約です

特約の位置づけはあくまでオプションのため、必ずつけなければならないというわけではありません。

自分に合った特約がある場合は「特約をつけた場合の保険料がいくらか」「特約の保険期間はいつまでか」の2点を確認した上で検討しましょう。

生命保険の主なメリット・デメリット

生命保険の主なメリット・デメリットは以下のとおりです。

メリット1. 万が一の経済的リスクに対して保障ができる

生命保険に加入する一番大きなメリットとしては、やはり貯蓄でカバーしきれないリスクに対しての保障になるという点です。

まず、死亡リスクは誰にでもあるものです。生命保険に加入していれば万が一の際も葬儀費用をはじめ、残された家族に対して一定期間の生活を保障できます。

また、死亡保険の中には死亡した場合だけでなく、所定の高度障害状態になり、今までのように働けなくなった場合に保険金が支払われるタイプの商品もあります。

生活を支えていく家族がいて、かつ経済的リスクに備えたい方は、死亡保険加入の優先順位はおのずと高くなるはずです。

また、ケガや病気のリスクにも同じことが言えます。もし入院となれば治療費や入院費がかかりますし、入院中の食費や交通費が必要になる場合もあります。

入院期間が長期になると、働けない期間が増え収入減に直結します。

家族の生活費を保障するために医療保険やがん保険に加入していれば、これらの不足分をカバーできるだけでなく、高額な医療費の大部分を補うことができます。

メリット2. 所得税・住民税の負担が軽減される

生命保険に加入していると「生命保険料控除」の対象になり、一定額まで所得税と住民税の負担が軽減されます。

生命保険料控除とは?
1年間の払い込み保険料の一定額を所得税と住民税の対象となる所得から控除できる制度

会社員の方は、年末調整の時期になると保険会社から控除証明書が送付されてきますので、そちらの内容をもとに控除額を申告します。自営業者の方は、確定申告で控除の申請を行いましょう。

メリット3. 相続税の対策になる

死亡保険金は、契約者(保険料負担者)と受取人の関係によって相続税・所得税・贈与税のいずれかの課税対象となります。

契約者被保険者受取人税金の種類
契約者=被保険者の場合相続税
契約者=受取人の場合所得税
すべて違う場合贈与税

※(契約者) … 保険会社に保険料を支払う義務がある人 (被保険者) … 保険の対象となる人のこと (受取人) … 保険金を受け取れる人のこと

それぞれの税金に非課税限度額や控除額があり、一定額を超えると課税されますが、相続税の場合は「3,000万円 + 600万円 × 法定相続人の数」の基礎控除額を超えると課税対象になります。

しかし、生命保険には、死亡保険金の相続に限り「500万円 × 法定相続人の数」まで非課税となる、生命保険の非課税制度と呼ばれるものがあります。

例えば、父と母、子ども2人の家庭で父が亡くなってしまった場合、法定相続人は母と子ども2人の計3人です。父が生命保険を契約していた場合「500万×3人(法定相続人) = 1,500万円」まで相続が非課税になるのです。

この制度を利用することで、非課税枠を増やし、分割できない不動産などの相続税を保険金で支払うなどの対策をとることができます。

メリット4. 所得税がかかる保険金では、利息分が50万円まで非課税になる

生命保険は、満期金や解約返戻金にも税金がかかる場合があり、契約者と受取人が同一人物の場合は所得税の対象になります。

保険金を一括で受け取ると一時所得になり、年金形式で受け取ると雑所得になります。

一時所得には特別控除額があり、最高50万円まで非課税になるメリットがあります。

契約者と受取人が別の場合は、贈与税の対象になります。この場合、基礎控除は年間110万円です。

デメリット1. インフレになると不利

市場全体の物価が上がり、お金の価値が下がることをインフレと言い、一般的に好景気になるとインフレになりやすいと言われています。

貯蓄性のある生命保険の多くは、契約時の予定利率によって総支払保険料が決まります。この保険料は、払い込みが終わるまで変わらないため、保険加入後にインフレが進むと実質的な資産価値が目減りすることになります。

これらのリスクを軽減するためには、性質が異なる(インフレに強い)金融商品への分散投資などがあります。

デメリット2. 貯蓄型の生命保険をすぐに解約した場合、元本割れすることも

保険の種類によって、解約すると保険料の一部が戻ってくるものがあります。

この戻ってくるお金を解約返戻金と言いますが、多くの保険で解約返戻金は払い込んだ保険料よりも少ない金額になることが大半です。

基本的に、保険の契約から解約までの期間が短いほど解約返戻金も少なくなり、元本割れのリスクが高くなります。

生命保険の選び方

自分に合った保険を選ぶ際に、確認したいポイントは以下の2つです。

保険金額(掛け捨て・貯蓄型)

生命保険は大きく分けると「掛け捨て」「貯蓄型」の2つに大別されます。

それぞれの違いは以下のとおりです。

掛け捨てと貯蓄型の比較
メリットデメリット
掛け捨て
  • 毎月の保険料が貯蓄型に比べて割安
  • 高額な死亡保障が準備しやすい
  • 満期まで生存しても満期金や解約返戻金はない場合が多い
  • 一定期間しか保障が受けられない場合が多い
貯蓄型
  • 資産形成の手段のひとつとして積立ができる
  • 途中で解約しても解約返戻金が受け取れる
  • 毎月の保険料が掛け捨てに比べて割高
  • 短期解約すると解約返戻金が少ない、もしくは受け取れない場合がある

掛け捨て保険、貯蓄型保険、双方にメリット・デメリットがあるため、自分にとってどちらが合っているかで保険を選ぶ必要があります。

掛け捨て保険

掛け捨て型保険は、支払った保険料が返ってこない保険の総称で、保険期間も一定の定期タイプが主です。

一般的に、一定期間だけ保障が必要な際に加入し、保険料は保障の費用のみになるため保険料は貯蓄型保険に比べて割安です。

貯蓄型保険

貯蓄型保険は、万が一の場合に備えつつ将来の貯蓄ができる保険商品で、掛け捨てと比較すると保険料が割高な場合が多いです。

とはいえ、終身保険など保障期間が一生涯にわたるものもあり、亡くなった際や高度障害状態になった際の保障はもちろん、保険料の払い込みが終わり満期となった場合や、解約時に満期保険金、解約返戻金を受け取ることができ、貯蓄になるという側面があります。

保険期間(終身型・定期型)

生命保険の種類が決まったら、次は保障期間を選びましょう。

生命保険は大別して「終身型」と「定期型」の2つに分けることができます。

終身型保険と定期型保険の違い

  • 終身型 … 一生涯の保障を受けられる代わりに毎月の保険料は定期型より高め
  • 定期型 … 契約時に決めた期日まで保障されるが、毎月の保険料は安め

それぞれにメリット・デメリットがありますので、自分のライフステージに合った方を選ぶようにしましょう。

まとめ

生命保険の基礎的な知識から、ご自身に合った選び方を分かりやすく解説しました、最後に振り返りをしていきましょう。

まず、生命保険とは病気・事故・災害などによって死亡または高度障害状態になった際に、契約者が指定した受取人に対して保険金が支払われる保険のことで、主な種類と加入目的は以下です。

生命保険の主な種類と目的

生命保険は「相互扶助」の仕組みで成り立っているので、誰でも加入できるわけではありません。

加入の際は、健康状態や職業、道徳的な3つの観点で保険会社による審査があります。持病があって生命保険に加入できない場合は「引受基準緩和型」や「無選択型」などの選択肢を検討しましょう。

また、生命保険は主契約と別に特約をつけることで、自分に合った保障を手厚くすることができます。

生命保険における主な特約の種類

  • 家族定期保険特約 … 被保険者(保険の契約者)の家族(妻や子ども)まで保障対象となる特約です。対象となる家族に万が一のことがあった場合でも、保険金が支払われます
  • 災害割増特約 … 不慮の事故・所定の感染症などで死亡した際に、主契約に上乗せして保険金が支払われる特約です
  • 介護特約 … 病気やケガが原因で介護が必要になった際、一定の期間、一時金や年金を受け取ることができる特約です

次に、生命保険の主なメリット・デメリットの比較です。保険も万能というわけではないため、特にデメリットはよく把握した上で加入を検討しましょう。

最後に、生命保険の選び方についてです。大きなポイントは2つ、保険金額と期間です。自分のライフステージに合あわせて選択しましょう。

基本的に、生命保険は自分のためだけではなく、家族や親しい人のために加入するものでもあります。

種類が多く、分かりづらい部分も多いですが、ちゃんと理解して加入することで万が一の際の大きな保障になります。

これまで解説してきた内容を読んでいただき、それでもよく分からない……という方もいるかもしれません。そのような方は、ぜひファイナンシャルプランナーへの無料相談を検討してみて下さい。

あなたに合った保険や資産運用について、お金のプロであるファイナンシャルプランナーがサポートさせていただきます。

プロに相談する

生命保険に関するおすすめコラム

もっと見る
Insurance