お電話でのお問い合わせ 0120-641-297
10:00〜19:00 土日祝も対応(年末年始を除く)
  1. ナビナビ保険 /
  2. 保険・お金のコラム /
  3. #新卒 #保険 #意味ない はホント?期待の大型新人(191cm)がFPに助言を求めてきた

保険を知る

更新:2020.09.16 公開:2020.09.11

#新卒 #保険 #意味ない はホント?期待の大型新人(191cm)がFPに助言を求めてきた

#新卒 #保険 #意味ない はホント?期待の大型新人(191cm)がFPに助言を求めてきた

こんにちは。191㎝の新卒マーケター・翔太郎です。(写真からは身長伝わってこない……)

突然ですが、僕と同じ新卒の皆さん!保険のことについて考えていますか?

僕はまったく考えていませんでした。むしろいらないと思っていました。

新卒でIT企業のエイチームに入社した僕が配属されたのは、なんと新しく展開したばかりの「保険事業部」でした。もちろん、知識も皆無です。

事業部に配属になった早々「20代での保険加入率は約60%」「老後2,000万円問題」などが目に入ってきて、なんの保険も入っていない僕はパニックです

このままでは老後も穏やかに暮らせないし、20代としての常識も知らない人間なのかもしれない……

保険に入るにも知識がないし、どうしようと思っていた僕は、重要なことを思い出しました。

「あ、自分って保険事業部だった」

そこで上司に相談してみると、一度保険のプロに話を聞きに行け!という指令が。

ファイナンシャルプランナー(以下「FP」)の中村巧さんを紹介していただき、保険の相談に乗っていただきました。

【プロフィール】中村巧さん

岡山県出身。生命保険募集人資格、損害保険募集人資格、2級FP技能士などの資格を持つ。

外資系保険会社を5年経験したのちに、ファイナンシャルプランナーに転身。

今までに約300世帯ものお客様を担当し、10年以上にわたり金融業界で活躍しているプロ中のプロ!

趣味はソフトボール。学生の頃に、県選抜に選ばれた経験あり。


ナビナビ保険編集者 入江 翔太郎

翔太郎

本日はよろしくお願いいたします。(実は初インタビューでかなり緊張)

今回はインタビュー中に、僕個人の保険相談もさせて頂きたいと思っております。

もちろん、良いですよ。よろしくお願いいたします。

FP 中村さん

FP中村さん

ゼロよりも少しの保険、まずは医療保険から

ナビナビ保険編集者 入江 翔太郎

翔太郎

僕自身、実はまったく保険に入っていないんです。もう最初からぶっちゃけてしまいますけど、僕みたいな新卒にも保険って必要なのでしょうか?

保険って例えば病気などに備えるものだという気持ちがあって、30代になってからとか、結婚してからとかでも良いんじゃないかって思っていたんです。

インターネットで調べてみると「新卒は生命保険に入ってはいけない」や「新卒といえども、将来のために保険は必要」などさまざまな意見が飛び交っていて、何が正しいのかよく分からなくて。

人によって同じ新卒でも状況が違うので、一概に保険が必要、必要ないとは言えません

例えば同じ新卒でも、一人暮らしよりも実家暮らしの人の方が手元に残るお金が多くなる傾向にあるので、貯金が多い可能性があります。

基本的に「自分の貯金でできないことをカバーする」というのが保険の役割なので、極論を言うと新卒の時点で数千万円の貯金があるのであれば、保険は本当に必要最低限でもいいかもしれません。

しかし、ほとんどの人はそのような額の貯金はないと思うので、ゼロよりも少しの保険は加入した方が良いと思います。

FP 中村さん

FP中村さん

ナビナビ保険編集者 入江 翔太郎

翔太郎

僕はひとり暮らしで、全く貯金ができない性格なので、すぐにでも保険に入ったほうがいい気がしてきました(笑)。

ゼロよりも少しの保険……

どれぐらい自分でケガや病気をした時のリスクを回避できるかは重要ですよね。もし病気で入院ってなったとしたら、入院費も高いでしょうし。

そんな独身23歳の僕が初めて保険に入るとしたら、どのような保険がおすすめでしょうか?

やはり独身の方であれば、自分の身を守るのが最優先なので医療保険から入ったほうがいいですね

私の担当している若いお客様のなかで、男性の方は骨折などのケガが原因で通院される方が多いんです。

病気が原因で入院をされる方は少ないので、ケガの保障が充実している保険が良いと思いますよ。

FP 中村さん

FP中村さん

ナビナビ保険編集者 入江 翔太郎

翔太郎

確かに、僕もどんくさいのでよくケガをします……

反対に若い女性の方は、女性特有の病気が原因で入院される方が多いので、女性特有疾患の充実した保険をおすすめするようにしています

もし保険料を算出して、まだ金銭的に余裕があるというのであれば、葬儀費用分ぐらいの死亡保険に加入しておいてもいいかもしれません。

確率は極めて低いですが、自分に万が一の事があった時にご両親や周りの方に迷惑がかからないようにしておくのもいいかと思います。

FP 中村さん

FP中村さん

新卒の保険料相場は数千円から数万円までバラつきあり!

ナビナビ保険編集者 入江 翔太郎

翔太郎

医療保険に入って万が一に備える必要性は理解できました。

でも、僕が気になるのは月々の保険料です……

新卒でまだそんなに給料が高いわけでも、生活に余裕があるわけでもないのですが、僕の年齢(23歳)で医療保険に入る人の保険料の相場はいくらぐらいですか?

翔太郎さんぐらいの年齢の保険料の相場や平均のデータはありますが、ご希望される保障内容によっても変わってきます。

それこそ実家暮らしで金銭的に余裕があるため、病気やケガを保障するだけではなく貯蓄型保険に入られるのであれば、月々の保険料は1万円を超える場合が多いです。

でも、本当に最低限の保障だけをカバーしたい人であれば、月々数千円という人もおられますよ。

FP 中村さん

FP中村さん

「貯蓄型保険」とは?
死亡もしくは高度障害状態になった場合に備えながら、将来に向けた貯蓄ができる保険のこと
ナビナビ保険編集者 入江 翔太郎

翔太郎

数万円の保険料は今の僕には厳しいですね。数千円の方にしたいです。

保険料を考える際に一番大切なことは、10年などの長い目で見て考慮することだと私は思います

結婚や出産などのライフイベントを考慮しつつ、それでも払えるような保険料の設定をし、それでも資金に余裕があるのであれば、NISAなどの積立投資に回した方が賢い資産運用だと思います。

3年後に結婚をしたからすぐに保険料を下げるような金額設定になってしまわないように、気を付けましょう

FP 中村さん

FP中村さん

ナビナビ保険編集者 入江 翔太郎

翔太郎

あと、僕は喫煙者なのですが、保険料って高くなるのでしょうか?生活態度で保険料が変わるってこともあるんですか?

いえいえ、喫煙者だからといって高くはなりませんよ。ただ逆に、喫煙者でなければ非喫煙者割引を受けられる保険商品もあります。

もし非喫煙者割引を受けたいなら、商品にもよりますが1年間の禁煙が条件です

喫煙歴については検査を受けてもらいますので、もし告知段階で嘘をついても検査結果でバレちゃいますから。正直に言ってくださいね(笑)

FP 中村さん

FP中村さん

ナビナビ保険編集者 入江 翔太郎

翔太郎

そんな正確にたばこの検査結果って出るんですね!

もし僕が非喫煙者割引を受ける時には、絶対に正直に告知します(笑)

保険のプロによる保険の見直し方

ナビナビ保険編集者 入江 翔太郎

翔太郎

ちなみに中村さんは新入社員の時、保険には入ってましたか?

もし入っていたなら、どのような保険だったんですか?

私の場合、初めての保険は医療特約付きの貯蓄型保険ですね

少し私の過去の話をさせていただくと、金融業界に入る前は車の営業をしていました。

その時の先輩が保険会社に転職をしたとき、貯蓄型保険を勧められたのがきっかけです。

当時は勧められるがままに入ったのですが、自分に合ったいい保険で今でも継続して加入しているんですよ。先輩には本当に感謝しています。

若い人が保険に入るきっかけは、「親が入ってくれていた保険を受け継ぐ」「身内からの紹介」「会社の人からの紹介」の3通りがメインだと思います。

その場合、自分で内容を考えるというよりは、勧められた保険にそのまま入るため、後から後悔したという話もよく聞きます。

ですので、新卒の頃から保険を自分で意識して入ることのできる翔太郎さんは、とてもいい環境に身を置けていると思いますよ!

FP 中村さん

FP中村さん

ナビナビ保険編集者 入江 翔太郎

翔太郎

確かに保険事業部に配属されていなかったら、今も保険についてなんて深く考えていなかったと思います。

保険は必要とは分かっていても、自分は若いから病気やケガもしないだろうとどこかで思っているため、どうしても後回しにしてしまいがちですよね。

初めに貯蓄型保険に加入してから今まで、保険の見直しはしなかったんですか?

先ほど言ったように、最初に加入した貯蓄型保険は自分に合っているので、今も継続して加入しています。

ただ、その後に掛け捨てタイプの終身保険や定期保険、病気に備えて三大疾病保険に追加加入するなど、ライフステージの変化に応じて見直しはしてきました

結婚した時には奥さんがほとんど保険に入っていなかったので、私が勧める保険に加入してもらいました。

FP 中村さん

FP中村さん

ナビナビ保険編集者 入江 翔太郎

翔太郎

奥さんも旦那さんがFPなら安心して保険のことも任せられますね!

健康保険証によって保障内容は違う!

ナビナビ保険編集者 入江 翔太郎

翔太郎

実は保険に入る入らないに関して、インターネットで「医療費に関しては国や会社の制度で十分」という意見をよく目にするのですが、中村さんはどのようにお考えですか?

現在の日本の医療保険制度は、すべての国民が何らかの公的医療保険に加入してお互いの医療費を支え合う「国民皆保険制度」になっています。

また、医療費だけでなく日本には年金制度がありますから、万が一の時の「遺族年金」や「障害年金」、老後のためには「老齢年金」があります

これら年金制度は貯蓄性の保険だと考えてもらえればいいです。

FP 中村さん

FP中村さん

ナビナビ保険編集者 入江 翔太郎

翔太郎

保険の記事で読んだような気がします。(うろ覚え)

軽度のケガであれば、国民皆保険制度によって自己負担3割の出費で済みますが、長期間働けなくなった時には、国の制度だけではカバーできない部分がでてきてしまいます

国民皆保険制度と年金制度でカバーしきれない部分を民間の生命保険や医療保険でカバーするというイメージで、保険を検討して頂ければと思います。

最初の頃に言いましたが、貯蓄で数千万円も持っている人は、国の制度と自分の貯蓄で保険料などを支払えるので、民間の保険は本当に必要最低限でいいかもしれません。

しかし、人によって貯蓄額などは異なりますし、国の制度だけでは万が一の時に心配だと思う部分は、民間の保険に頼ればいいと思います。

さらに、加入している健康保険によって保障内容が違うので、ご自身が入られている健康保険組合についても調べておくことをおすすめします

FP 中村さん

FP中村さん

ナビナビ保険編集者 入江 翔太郎

翔太郎

加入している健康保険によって、そんなに内容って違うものなんですか?

最近の傾向としては、国の医療費高騰により財源が少なくなっており、保障の見直しが行われています

厚生労働省の調査によると、2015年に41.5兆円だった医療費が2019年には43.6兆円になっており、5年間で約2兆円もの医療費が高騰しています。

長期的に考えると、保障が変わってしまった時のことも考慮して、民間の医療保険を検討するのがいいですね。

FP 中村さん

FP中村さん

ナビナビ保険編集者 入江 翔太郎

翔太郎

健康保険組合によって保障内容が変わるとか、国の制度とか、みなさん知っているものなんでしょうか?

僕は全然知らなかったです……

日本人は世界的に見て、残念ですが金融リテラシーはかなり低いんです

日本人の金融リテラシーが上がらない理由のひとつとして、今の20代の人たちとその親たちが経験してきたことにギャップがあるということが挙げられます。

例えば、20代の子がつみたてNISAをやるか親に相談したら、投資なんてやめた方がいいと言われるということが多くあります。

40代や50代の親世代で投資信託をやっている人は少数。投資などに関してまったく知識がなく、バブルなどを経験している世代ですから、「投資 = 怖い」と思っているからです。

こういうギャップが起こらないように、義務教育に金融リテラシーの科目を追加しようと活動している人もいるんですよ。

FP 中村さん

FP中村さん

ナビナビ保険編集者 入江 翔太郎

翔太郎

僕は以前、留学でカナダに住んでいた時があるんです。その時にはみんな現金をあまり持たず、株や保険などで金融資産を持っていたので日本とは違うなと思った記憶があります。

保険は早めに加入するほど安くなる!

ナビナビ保険編集者 入江 翔太郎

翔太郎

周りの先輩方から「保険は若いうちに入っていた方がいいよ」と言っていただく機会が多いのですが、若いうちから入ったほうがいいメリットは何ですか?

将来的に入ってもいいかなと思う保険は早いうちから入ったほうが、将来同じ保障に対して、支払うお金は少なくなります

例えば、死亡保障300万円の保険に加入すれば、23歳~33歳の10年間で支払う保険料と、33歳~43歳の10年間に支払う保険料を比べると、前者の方が安くなります。

もちろん商品に寄りますけど、一般的にはそのぐらいの差が生まれてしまいます。

FP 中村さん

FP中村さん

ナビナビ保険編集者 入江 翔太郎

翔太郎

保険料の10%は大きいですね。

(例えば23歳~33歳の保険料が5,000円/月として、10年間で支払う金額は60万円。
33歳~43歳だと5,500円/月で66万円。おなじ保険商品を購入しているのに、年齢が違うだけでなんと6万円も差が付くのか……)

特に貯蓄型の保険には、若いうちから入ったほうがいいと思います

その時に60歳まで入るといった年齢で決めるタイプ(歳満了)と、10年間入るといった年数で決めるタイプ(年満了)があるのであれば、独身20代の方は年満了タイプの貯蓄型保険の方が良いですね

その理由としては、例えば、払込み期間が20歳から60歳までの契約をすると、30歳時点などで解約をしてしまうと解約返戻金が支払った保険料よりも少なくなるのが一般的だからです。

しかし、払込期間を10年のように短くしておけば、途中で結婚やお子様の教育資金などで解約返戻金を使いたくなった時に使いやすくなります。

FP 中村さん

FP中村さん

ナビナビ保険編集者 入江 翔太郎

翔太郎

確かにライフイベントごとに出費がかさみますよね。

また、歳満了契約で、20代の時に60歳までの保険に入ったとしても、ゴールが遠すぎて精神的にしんどくなって途中解約をしてしまう可能性もあります。

そのような可能性を考慮すると10年刻みのような年満了タイプの貯蓄型保険の方が、将来的な利益が大きいと思います

FP 中村さん

FP中村さん

ナビナビ保険編集者 入江 翔太郎

翔太郎

精神的にしんどくなって解約のパターン、僕の場合は高確率であり得そうです。

貯蓄型保険に入る際は、ゴールは短めに設定することを意識してみます!

資産形成は保険と投資のバランスが重要

ナビナビ保険編集者 入江 翔太郎

翔太郎

ただ「貯蓄」をするのであれば、「ideco」や「つみたてNISA」などの積立投信の方が効率が良いのかなと思うのですが、どうお考えですか?(自分の持っている知識を振り絞って反論)

「ideco」とは?
毎月の掛金を積み立てて運用を行い、積み立てた金額や運用益を60歳以降に受け取れる私的年金制度。
「つみたてNISA」とは?
年間40万円までの売買による利益が非課税で運用できる積立に特化した少額投資非課税制度。

確かに何もケガや病気をせず、利率や効率の面だけ見れば、idecoやつみたてNISAの方が良いかもしれません。

しかし、貯蓄型保険のメリットは“保障を備えながら貯蓄もできる”という点です。

例えば、貯蓄額が50万円の時にもし三大疾病にかかり、治療代に300万円が必要になったとします。

idecoは60歳まで現金を引き出すことができず、つみたてNISAは現金の引き出しが50万円+利子と決まっているので、300万円には到底届きません。

しかし、貯蓄型保険であれば、貯蓄額は50万円かもしれませんが、残りの250万円が保険金として支払われるのです。

ですので、保険で保障を賄いながら、つみたてNISAやidecoなどで貯蓄するというバランスが大切だと思います。

FP 中村さん

FP中村さん

ナビナビ保険編集者 入江 翔太郎

翔太郎

貯蓄型保険と積立投資、それぞれのメリットを活用しながら資産形成を行っていくのが賢い方法なのですね。

僕もまず自分の収入やライフスタイルに合った医療保険から考えて、余裕ができれば貯蓄型保険や死亡保険の加入を検討しようと思います!

病気になった後に保険に入りたいと思っても、加入できる保険はかなり限られてきます。

健康な今のこの機会に、保険について真剣に考えてもらえたらうれしいですね

FP 中村さん

FP中村さん

ナビナビ保険編集者 入江 翔太郎

翔太郎

本日は貴重なお話をありがとうございました!

保険・お金のコラムに関するおすすめコラム

お金の貯め方にはコツがある!意識すべきポイントと効率の良い6つの貯蓄方法

お金の貯め方にはコツがある!意識すべきポイントと効率の良い6つの貯蓄方法

2020.09.23
新型コロナウイルス感染症の流行前後の家計とお小遣いについて調査を実施

新型コロナウイルス感染症の流行前後の家計とお小遣いについて調査を実施

2020.07.10
家計の見直し方法とは?支出を減らし貯蓄するためのチェック項目&固定費の節約ポイントをFPが解説!

家計の見直し方法とは?支出を減らし貯蓄するためのチェック項目&固定費の節約ポイントをFPが解説!

2020.08.11
節約・貯金が苦手な人、必見!FPが解説する継続する家計簿のつけ方のコツとは?

節約・貯金が苦手な人、必見!FPが解説する継続する家計簿のつけ方のコツとは?

2020.09.10
「新型コロナウイルス感染症の流行による生命保険加入への影響調査」を実施

「新型コロナウイルス感染症の流行による生命保険加入への影響調査」を実施

2020.06.18
同棲カップルの生活費は月いくら?将来を見据えた同棲の始め方[FP監修]

同棲カップルの生活費は月いくら?将来を見据えた同棲の始め方[FP監修]

2020.09.17
貯金ができない人の特徴は?今から始められる貯金を増やすための対処法を解説

貯金ができない人の特徴は?今から始められる貯金を増やすための対処法を解説

2020.08.06
電気代を節約するための方法は?家電ごとの効果的な節約方法をわかりやすく解説

電気代を節約するための方法は?家電ごとの効果的な節約方法をわかりやすく解説

2020.09.17

もっと見るclick

Insurance