保険を知る

自分に合った生命保険の選び方、必要なポイントをまとめました

生命保険の加入を考えているけど、難しく商品数も多いため、どんな商品が良いのかわからない方も多いのではないでしょうか?

保険は難しく分かりづらい商品であり、さらに各保険会社が様々な商品を出しているので頭が混乱する方も多いです。

そこで、今回は生命保険の選び方について下記の3ステップをご紹介します。

  • STEP1 保険の加入目的を明確にする
  • STEP2 生命保険の種類を決める
  • STEP3 生命保険の保険金額を決める

よく分からないからと言って予算だけで保険を決めてしまうと、保障が足りないことや必要以上の保障に入ってしまうことがあります。

これではせっかく保険に加入しても意図した加入内容にはなりません。保険の選び方を学び、自分に必要な保険にきちんと加入できるようになりましょう。

【STEP1】何のために保険加入する?生命保険の加入目的を明確にする

まずは、保険で何に備えたいのかを考えることから始めます。

保険は万が一の時の経済的なリスクに備える商品ですが、保険で備えられるリスクには様々な種類があり、大きく分けると下記の3つです。

  • 病気やケガ・介護に伴う費用と療養に伴う収入減
  • 死亡や高度障害に伴う費用
  • 老後の資金が足りなくなる

自分がどのリスクに対して経済的な不安を持っており、どのように備えておきたいかを明確にしないと必要な保険はわかりません。

しかし、現在の自分にどのようなリスクがあるかわからない人も多いと思い、一般的に備えるべきリスクをご紹介していきます。

年代・家族構成別に検討すべきリスク

死亡・病気・ケガの際に、必要な資金は年代や家族構成によっても変わります。

また、年代や家族構成によっては他にもライフステージごとに必要な資金を用意する必要があります。

下記の表に年代別・家族構成別に検討すべきリスクをまとめたので自分にはどのようなリスクがあるのかチェックしましょう。

家族構成 年代 検討すべきリスク
結婚の有無 独立前の子供 医療保障 死亡保障 貯蓄性
病気ケガがん 収入減 介護 葬式代 生活費 教育費 老後資金
未婚(独身) × 20~30代 - - - - -
40~50代 - - - -
60代以降 - - - - -

既婚

(夫婦)
× 20~30代 - -
40~50代 - -
60代以降 - - - -
20~30代
40~50代
60代以降 -

◎ … 検討必須、〇 … 準備しておくとベスト、- …必要なし

基本的な考え方としては家族の構成人員が多い方が必要な資金は増えていきます。

それぞれの項目で、どのような費用が必要か詳しく解説します。

医療費

病気やケガ・がん・介護状態になると治療費や介護費用が必要となります。

長期での治療や介護ともなると、必要な資金は多くなるので準備をしておく必要があります。

また、長期での治療や介護を受ける際には治療費や介護費用以外にも収入減を心配しなくてはなりません。

働けなくなると収入がなくなるので、自分や家族の生活費を準備する必要があります。

60代以降は年金がありますが、独立前の子供がいる場合は準備が必要です。

死亡保障

自分が死亡した際には家計の収入が減ってしまうため、残された家族に生活費や教育費を準備しておく必要があります。

月々の生活費はもちろん、子供の教育費は幼稚園〜大学で1,000万円以上 かかる場合もあるので資金を用意しておきましょう。

独身の方は家族に生活費を残す必要はありません。しかし、自分の死亡時にかかる葬儀代などの費用は準備する必要があります。

葬儀にかかる費用総額の平均は178万円で、決して安い金額ではありません。

貯蓄性

日本では現在65歳以上になると年金を受け取ることができます。

しかし、年金のみだと生活費が心許ないという方も多くいますし、そもそも年金制度も将来的にどうなるかはわかりません。

足りない老後資金は自分で貯蓄しておく必要がありますし、老後資金以外に教育費も多額の資金が必要な費用です。

期間と金額を決めて半ば強制的に貯蓄を行うのは保険の得意とするところです。

ライフステージの変化に応じて保障の見直しが必要

年代や家族構成によって検討すべきリスクが変わることがわかりました。つまり、自分の年齢や家族構成などライフステージが変わると保障の見直しをする必要があるということです。

ライフステージの変化によって生命保険(死亡保険)の金額がどう変わるか一般的な変化を下記にまとめました。

ライフステージの変化 必要保障額の変化 変化する理由
結婚 多くなる 家族が多くなる
離婚 少なくなる 家族が少なくなる
出産 多くなる 家族が多くなる
住宅購入 少なくなる

住宅費を支払わなくてもよくなる(団体信用生命保険に加入する)

子供の独立 少なくなる 保障が必要な家族が少なくなる
年金受取開始 少なくなる 保障が必要な家族が少なくなる

家族がいると自分が死亡した時に残された家族のために生活費や教育費が必要となります。

しかし、配偶者や子供の年齢によっては、年金の受給が始まっていたり、独立して教育費がかからなくなっていたりするため、生活を保障する必要のある家族の増減は、保障額の変化に直結します。

また、住宅を購入すると団体信用生命保険(団信)という保険に加入することになります。

団信は自分が死亡した時に住宅ローンの残債を全て保険金で支払ってくれるというもので、自分が死亡しても住宅費の準備は必要なくなるため保障額は減ります。

このようにライフステージの変化に応じて、自分に必要な保障内容をもう一度考えて保険の見直しを行いましょう。

【STEP2】目的に見合った生命保険を決める

自分が備えるべきリスクが整理されてきたら次は自分の目的にあった生命保険を決めていきます。

生命保険を選ぶためには、どのような生命保険があってそれがどのような機能を持っているのか生命保険について理解する必要があります。

生命保険の種類についてご紹介していきます。

どのようなリスクに対応できる? 生命保険の種類を解説

各生命保険会社が様々な生命保険を販売しています。

下記の表に多数ある生命保険の種類と保険の内容について簡潔にまとめていますので、参考にしてください。

保険をかけたいリスク 保険種類 保険内容
医療保障(病気やケガに備えたい) 病気・ケガ 医療保険 病気やケガによる入院や手術を受けた時に給付を受けられる
三大疾病保険 三大疾病(がん・心筋梗塞・脳卒中)と診断された時や入院した時に給付を受けられる
女性保険 女性特有のがん・病気で入院した時に給付を受けられる
がん がん保険 がんと診断されたときや入院・手術を受けた時に給付を受けられる
収入減 就業不能保険 病気などで長期間働けなくなった際に毎月給付を受けられる
介護 介護保険 要介護状態と認定された時に給付を受けられる
死亡保障(万が一に備えたい) 葬式代生活費教育費 定期保険 一定期間の間に自分が死亡した時に保険金を家族が受け取れる
終身保険 一生涯、死亡した時に保険金を家族が受け取れる。また、解約した時に支払った保険料に応じて解約返戻金を受け取れる
収入保障保険 一定期間の間に自分が死亡した時に家族が残りの期間、毎月一定額の給付金を受け取れる
貯蓄性(主が貯蓄目的) 教育費 学資保険 子供が進学(任意の期間)するタイミングになると支払った保険料に応じて満期保険金を受け取れる。またその期間中、子供や自分が死亡した時に家族が保険金を受け取れる
老後資金 養老保険 一定期間、自分が死亡した時に家族が保険金を受け取れる。また、一定期間終了した時に支払った保険料に応じて満期保険金を受け取れる
年金保険 一定期間、自分が死亡した時に家族が保険金を受け取れる。また、一定期間終了した後に支払った保険料に応じて毎月一定額の給付金を受け取れる

これらの代表的な保険は全て単体で契約のできる保険です。

保険には単体で契約できる保険の他に、特約というオプション商品が用意されており、主契約の保険につけることができるので必要に応じて活用していきましょう。

例えば、定期保険に医療特約をつけるなど、ここで紹介した保険を特約でつけることもできますし、先進医療特約といった独自の特約をつけることもできます。

【STEP3】生命保険の必要保障額(保険金)の考え方

加入する生命保険の種類が決まったら、必要な保障額を考えましょう。

保険金額や給付金額を高くすると月々の保険料も高くなるので、あまり高く設定したくない人もいるかもしれません。

しかし、必要保障額に足りないと必要な保障を受けることができない保険になってしまうので、必要保障額はきちんと考えましょう。

必要保障額を考える際には下記の計算式をイメージすると良いです。

死亡時の保障額 家族への収入 - 家族の支出 = 必要保障額
入院時の保障額 入院時の収入 - 入院時の支出 = 必要保障額

非常にシンプルな計算式ですが、収入や支出にどんなものがあるかわからない方も多いと思いますので、収入や支出としてどのようなものがあるかをご紹介していきます。

死亡時の収入・支出

まず、自分が死亡した時の家族の収入と支出の例をご紹介します。

家族への収入 家族の支出
  • 遺族年金
  • 勤務先の死亡退職金など福利厚生費
  • 配偶者の収入
  • 貯蓄 など
  • 生活費
  • 住宅費
  • 教育費
  • 葬儀費用 など

家族の収入としては配偶者の収入の他に遺族年金や勤務先の福利厚生費がありますので、制度を確認して計算に組み込みましょう。

また、生活費は子供が小さい時と子供が大きくなった時では大きく差が出ます。

そのため、現在の生活費をそのままスライドさせるのではなく、余裕を持って組んでおくことがポイントです。

入院時の収入と支出

次に、長期入院時の収入と支出の例を下記の表でご紹介します。

入院時の収入 入院時の支出
  • 傷病手当金
  • 入院見舞金など福利厚生費
  • 高額療養費制度による返還金
  • 家族の収入
  • 貯蓄 など
  • 入院費
  • 先進医療費(高額療養費適用外)
  • 差額ベッド代
  • 家賃など家族の生活費 など

長期入院で働けなくなった場合、公的には傷病手当金が支給されます。

他にも、福利厚生として入院見舞金などがある会社は多いので、あらかじめ確認しておきましょう。

医療費は高額療養費制度が適用されるので、毎月自己負担上限額が決まっています。

しかし、高額療養費適用外の費用や家族の生活費など上記の表にあるような様々な費用がかかるので注意してください。

保険加入時はプロに相談しよう

ここまでの3STEPで生命保険の選び方と保険金額の決め方をかんたんに説明しました。

しかし、全て自分で考えて決めていくのは無理という方もいるはずです。

例えば、保険金額を決める際には遺族年金なども計算する必要がありますが、すぐに自分が死亡してしまった際、遺族年金額がわかる人は多くないでしょう。

全て自分でひとつずつ計算して計画を立てるのは時間と労力を相当使う必要があります。

やはり生命保険を考える時にはプロの相談員や担当者と一緒に考えた方が、これまでの経験などからリスクの種類や家計の考え方まで適切なアドバイスをくれるはずです。

保険ショップの相談員を活用する

「保険の相談をしたら押し売りされそう」と相談するのに躊躇する人もいるでしょう。

現在は様々な法律があり、強引な販売などはできないため、相談したからといって必ずしもその保険に入らなければならないといったことはありません。

しかし、特定の保険会社の担当者に相談すると、他の会社にいい商品があったとしても、その保険会社の商品を勧められるので、自分に最もあった保険に加入できない可能性はあります。

明確に入りたい保険商品などが決まっていない場合には、そこで、複数の保険会社の商品を取り扱っている保険ショップを活用しましょう。

保険ショップのスタッフは保険会社による制約がないため、複数の商品の中から公平な目で本当に合った商品を勧めてくれます。

最近では保険金額を決める際に必要な家計のシミュレーションなども行ってくれるので、気軽に相談してみましょう。

まとめ

この記事では生命保険の選び方について下記の内容をご紹介してきました。

  • STEP1 保険でどんなリスクに備えるかを明確にする
  • STEP2 保険を理解して加入する保険の種類を決める
  • STEP3 収入ー支出で必要な保障額を決める
  • 保険を選ぶ時にはプロの担当者・相談員に相談して決める

保険は万が一の時に備えるものという形もなくイメージしにくい商品です。

だからこそ、ステップを踏んでしっかりと考えていきましょう。

お申し込みはこちら

この記事の執筆者
小山 直樹
所有資格
ファイナンシャル・プランニング技能士2級, 生命保険販売資格, 変額保険販売資格
外資系生命保険会社にて個人・法人向けの営業・販売を担当。生命保険・医療保険・相続・外貨建て・学資保険など様々な商品を扱っていました。 難しい保険をわかりやすく考えられるように解説していきます。
この記事の監修者
石田 直樹
所有資格
AFP資格、TLC(生保協会認定FP)資格
ソニー生命、東京海上日動あんしん生命保険、保険代理店等、保険業界を28年間勤務。支社長や管理職を経験、200回以上のセミナーや研修講師の登壇経験あり。その知識を活かし、もっと多くの人に保険の必要性を正しく理解してもらいたい!という思いを胸に、ナビナビ保険の事業立ち上げメンバーとして異業種のIT企業に転職し、現在に至る。
この記事の編集者
ナビナビ保険編集部
ナビナビ保険編集部は「どこよりも分かりやすい保険情報を届けること」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。
Insurance