保険を知る

がん保険は必要? 不要? がん保険の必要性を徹底解説

保険を考えるときに切っても切り離せないのが「がん保険」ですが、がんのリスクやがんになったときにかかる費用など正確な情報がなければ、がん保険が必要か判断ができません。

この記事では下記の内容について詳しくご紹介します。

  • がん保険の特性(メリット)
  • がんのリスク
  • がんと医療保険の違い
  • がん保険の保障内容
  • 公的医療保険制度について

この記事を読めば、がん・がん保険について正しい情報を入手した上で、がん保険が自分にとって必要か不要か判断ができるようになります。

がん保険が必要な人・不要な人

がんにかかるリスクは誰もが持っています。リスクには備えた方が良いのはもちろんですが、がん保険に加入するとお金がかかります。

無駄なお金を払わないためにも本当に必要か考えてみましょう。

まずはがん保険が特にどんな人に必要または不要であるか解説していきます。

がん保険が必要な人

  • 貯蓄があまりない人
  • 働けなくなると収入がなくなる人
  • がん治療に貯蓄を使いたくない人
  • がんが不安な人

がん保険が不要な人

  • 貯蓄で治療費を賄える人
  • 働けなくなっても収入がある人
  • がんに対して何の不安もない人

がん保険はがんになった時の経済的リスクに備えるものなので、経済的リスクに不安があればがん保険が必要な人と言えます。

逆に収入や貯蓄など経済的に何の不安もなければ不要ですが、がんにかかった場合の経済的なリスクや治療の不安については、がんやがん保険の知識がなければ判断ができません。

そこで、まずはがんやがん治療にはどのような特徴があり、がん保険がそれらに対してどのように備えることができるのかご紹介します。

【がん保険の必要性①】 診断給付金でまとまったお金を受け取れる

がん保険の特徴の一つに「がん」と診断されたらすぐに受け取ることのできる診断給付金があります。

診断給付金がある理由は下記のがんの特徴が関係しています。

がん保険に診断給付金がある理由

  • 通院治療が主流となってきている
  • 先進医療や長期入院などまとまったお金が必要になりやすい

診断給付金がこの二つの特徴に対してどのように活用できるかをご紹介します。

通院治療に使える診断給付金

厚生労働省による平成29年の調査ではがん患者の総数は「入院患者:12万6千人」に対して「通院患者:18万3千人」となっています。

がんは以前は入院して治療を行うことが主流でしたが、近年は通院して治療を行うのが主流となってきているのです。

入院給付金しかない保険では通院治療だと給付金を受け取ることができません。

診断給付金の場合、通院治療でも治療費として使用することができます。

まとまったお金をすぐに用意できる診断給付金

がんは長期入院や保険の効かない先進医療など治療にお金がかかる病気です。

また、長期入院となると働けなくなるので収入も減ります。

入院や先進医療に対してはそれぞれ給付金がありますが、申請に時間がかかることもあり、先に自費で払う場面も多くなります。

また、給付されるまでの生活費を心配する方も多いでしょう。

診断給付金は診断後すぐに給付金を受け取れるので、当面の間の治療費や生活費にすぐ活用できます。

【がん保険の必要性②】 長期療養・再発した場合に備えられる

厚生労働省による平成29年の調査ではがん患者の平均入院日数は17.1日となっています。

平均でも2週間以上の入院が必要で、場合によってはさらに長期の入院が必要となるのが、がんです。

また、一度治療が終わり退院しても再発の可能性も高い病気です。

がん保険には長期療養や再発に備えた下記の特徴があります。

それぞれどんな点が長期療養や再発に合わせているか解説していきます。

入院給付金の給付日数と給付回数に上限がないがん保険

通常の医療保険には入院給付金の日数に上限があります。

90日、120日、180日などと商品ごとに定められており、その日数までしか給付金を受け取ることができません。

また、通算で給付を受けられる日数も決まっており、入院を繰り返して上限を超えると給付を受けられなくなります。

しかし、がん保険は原則として給付日数と給付回数に上限がありません。これはがんが長期入院・入院の繰り返しをする可能性が高い病気だからです。

診断給付金の給付回数も選ぶことができる

がんの診断給付金の給付回数は商品によって3種類に分かれます。

  1. 初回のみ
  2. 複数回(上限あり)
  3. 上限なし

がんは再発の可能性も高いので、より万全に備えたい方は複数回や上限なしの商品を選んでください。

診断給付金の回数については条件がある場合も多いので注意しましょう。

給付間隔に制限のあるタイプや入院治療が条件となっているタイプなどがあります。

がんにかかる確率

ここまで、がん・がん治療・がん保険にどのような特徴があるのかをご紹介してきました。

がん保険はがん・がん治療に合わせた特性を持っており、がんに対して経済的・精神的に不安を持っている方にとって必要な備えであることを理解できたかと思います。

しかし、そもそもがんにかかるリスクはどの程度あるのでしょうか。

がんにかかる確率がとても少ないのに備えを厚くしても無駄になってしまう可能性が高いです。

そこで、この章ではがんにかかる確率について紹介していきます。

がんのリスクについては、国立がん研究センターが調査して数字を発表しています。

まずは現在年齢別・性別でがんにかかるリスクがどの程度あるのかをご紹介しましょう。

※男性20歳の10年後0.4%とは20歳の男性が10年後までにがんと診断される確率を指す

■男性の年齢別がん罹患リスク

現在の年齢 10年後 20年後 生涯
20歳 0.3% 0.9% 63%
30歳 0.6% 2% 63%
40歳 2% 7% 63%
50歳 5% 19% 63%
60歳 15% 38% 63%
70歳 29% 60%

■女性の年齢別がん罹患リスク

現在の年齢 10年後 20年後 生涯
20歳 0.4% 2% 47%
30歳 1% 5% 47%
40歳 4% 9% 46%
50歳 6% 15% 45%
60歳 9% 21% 41%
70歳 14% 36%

次に実際に罹患している割合をグラフで見てみましょう。

国立がん研究センター資料

データ引用:国立がん研究センターがん対策情報センター「がん登録・統計」

表やグラフを見てわかるように男性の方が、がんになるリスクは高いといえます。

男性の生涯がん罹患率が全年代で60%以上、女性の生涯がん罹患率が60代までで40%以上と2人に1人に近いくらいの罹患率があります。

決して女性の罹患率が低いわけではなく、全体として高いことがわかります。

また、がんの罹患率は40代から上がり始め、50代から急激に上がり始めます。そのため、がんへの備えは40代になる前には考えておくべきです。

がん保険への加入はなぜ早めに考えた方が良いのか

一般的に保険への加入は早い方が良いと言われているのは、保険に加入するには必ず審査が行われるからです。

審査項目には過去の罹患歴や健康診断書の提出など自分の健康についての項目もあり、健康に問題があると月々の保険料が高くなることや、そもそも加入ができないということが起こるのです。

がん保険でも審査があり、がんにかかると、たとえ一度治っているとしても加入できない可能性が高くなります。

また、多くの場合、月々の保険料が高くなります。

だからこそ、がん保険への加入を考えている方はがんのリスクが高くなる年代の前に考えた方が良いのです。

女性特有のがんは30代までに備えを検討すべき

がんは男性の方が罹患率が高い病気ですが、上のグラフを見ると30代〜50代前半までは女性の罹患率の方が高いのが分かります。

年齢別のがん罹患リスクを見ても30代男性の10年後がん罹患率は0.6%であるのに対して、30代女性の10年後がん罹患率は1%となっています。

若年層の女性のがん罹患率が高い理由には女性特有のがんである乳がんや子宮がんが影響しています。

乳がんや子宮がんは20代から罹患する可能性があり、30代後半から罹患率が高くなる若年層に多いがんです。

女性は乳がんや子宮がんのリスクがある分、男性よりも早く30代までにはがんに対する備えを考えた方が良いでしょう。

「医療保険に加入=がん保険は不要」ではない!

がんのリスクを知り、がんへの備えをした方が良いと考え始める方は多いかもしれません。

しかし、一方で「医療保険に入っていればがんへの備えは十分」と考えている方も多いのではないでしょうか。

確かに通常の医療保険でもがんは対象となっていまが、がん保険と医療保険ではカバーできる範囲に明確な違いがあります。

医療保険に加入していても、がん保険が全く不要なわけではないため、がん保険と医療保険の違いについてご紹介していきます。

がん保険と医療保険には以下のような違いがあります。

がん保険 医療保険
保障対象 がん(悪性新生物、上皮内新生物) 病気、ケガ
入院給付金の上限日数 原則なし あり(90日など)
入院給付金の給付回数 原則なし 通算日数に上限あり
診断給付金 ありの場合が多い なしの場合が多い

がん保険には他に女性特約や放射線医療特約など、がん・がん治療に特化した特約が豊富に用意されています。

医療保険ではがんで多くある長期療養や再発による治療の長期化に備えられず、治療が長期化すると自費で全て払わなければならなくなります。

逆にがん保険のみに加入しておけば良いという考え方も危険です。がん保険はあくまで「がん」に特化した保険で、他の病気やケガへの備えができないからです。

医療保険とがん保険はバランスを取りながら、どの程度リスクに備えるか考えるべきです。

一つの保険にまとめたい方は特約を活用する

しかし、「いくつも保険に入ると管理が面倒」など保険を一つにまとめたいと考える人もいるでしょう。

そのような人は保険の特約を活用しましょう。

医療保険にはがん保険に近い保障を特約として用意している商品があります。

特約で診断給付金や給付日数に上限のない入院給付金を準備しておけば、医療保険の弱点をカバーすることができます。

また、がん保険にも特約として通常の病気やケガで使える入院給付特約がある商品もあります。

がん保険でも通常の医療保険に近い内容をカバーすることができるのです。

ただし、医療保険にがん特約をつけてもあくまで特約なので、がん保険よりはカバー範囲や金額が弱いケースが多いです。

自分がどの程度保険でカバーしたいかを考えた上で特約も上手く活用していきましょう。

がん保険特有の給付、特約保障内容

がん・がん治療やがん保険の必要性を感じ始めたら、いよいよがん保険の検討に入ります。

がん保険には通常の医療保険にはない独自の特約が多くあり、一見してわからないものもあります。

この章ではがん保険特有の給付や特約の保障についてご紹介していきます。

がん保険特有の給付、特約の代表的なものを下記にまとめました。

給付、特約の名称 保障内容 一般的な自己負担額
がん診断給付金
(一時金)
がんと診断された時に給付される一時金 一入院あたりの診療費
738,750円
がん入院特約
(入院給付金)
がんで入院した時に日額でもらえる給付金 1日あたりの診療費
65,550円
がん通院特約
(通院給付金)
がんで通院治療した時に日額でもらえる給付金 1日あたりの通院診療費
35,382円
がん手術特約
(手術給付金)
がんで手術した時にもらえる一時金 約25万円〜約60万円
先進医療特約 がん治療で先進医療を受けた時にもらえる一時金 約2万円〜約300万円
女性特約 女性特有のがんで治療を受ける際にもらえる給付金 約25万円〜約40万円
抗がん剤治療特約 がんで抗がん剤治療を受ける時にもらえる給付金 一回の支払い
約1万円〜約3.5万円
放射線治療特約 がんで放射線治療を受ける時にもらえる給付金 約6万円〜20万円

それぞれの給付、特約内容について詳しくご紹介していきます。

がん診断給付金(一時金)

がん診断給付金とは、がんと診断されたときにもらえる一時金型の給付金です。商品によって下記のような違いがあります。

給付金額 50万円〜300万円の間で50万円単位で設定
給付回数・日数 一回or複数回or上限なし
給付条件
  • 入院が条件or通院が条件or無条件
  • 新生物全般or上皮内新生物を除く(または減額)

診断給付金は治療費や生活費に使える便利な給付金です。

金額の設定は治療費のみならず、入院などで収入が少なくなったときのリスクも考えて設定しましょう。

がんは再発のリスクが高い病気なので、できれば給付回数は複数回あった方が良いです。

給付回数が複数回でも給付の間隔など条件がある場合が多いので確認しておきましょう。

給付条件についても確認が必要です。入院前にまとまったお金を保険で用意したい場合は入院が条件のタイプではなく無条件タイプへ加入する必要があります。

がん入院特約(入院給付金)

がんの治療を目的とした入院をした場合にもらえる日額型の給付金です。

商品によって下記のような違いがあります。

給付金額 日額5,000円〜20,000円の間で5,000円単位で設定
給付回数・日数 原則、無制限
(一入院あたりの給付日数+通算給付日数)
給付条件 がんの治療による入院であること

入院給付金は入院日数に応じて給付金の支払額が変わります。がん保険は一入院あたりの給付日数と給付回数に制限がないという特徴があります。

がん通院特約(通院給付金)

がんの治療を目的とした通院をする際にもらえる給付金は商品によって下記のような違いがあります。

給付金額 3,000円〜10,000円の間で1,000円単位で設定
給付回数・日数 30日〜無制限
給付条件 退院後or通院のみでも可

通院給付金はもともと入院治療を前提として、退院後の治療費のサポートを目的とした給付金でしたが、近年通院のみで治療するケースも増えてきたことを背景に入院を条件としないタイプの商品も登場しています。

商品によって給付条件に大きな差があるので、きちんと確認してから加入しましょう。

がん手術特約(手術給付金)

がんの治療を目的とした手術を受けた際にもらえる一時金型の給付金。商品によって下記のような違いがあります。

給付金額 入院給付金日額の10倍〜40倍の間で10倍単位で設定or実費
給付回数・日数 原則として無制限(特定の手術に制限ある場合もあり)
給付条件 入院を条件or通院でも可

給付金額は入院給付金に応じて金額が変わるタイプが主流ですが、金額が決まっているタイプや実費を全て払ってくれるタイプもあります。

近年、入院を必要としない手術も増えてきており、通院による手術でも給付してくれるタイプも登場しています。

より手厚い保障を望む場合は通院でも給付可能なタイプを選びましょう。

先進医療特約

がんの治療にあたって、公的医療保険制度が適用されない治療を受けた際にもらえる給付金です。

商品によって下記のような違いがあります。

給付金額 実費(上限額1,000万円〜2,000万円の間で500万円ごとに設定)
給付回数・日数 回数に上限はないが通算給付金額に上限あり
給付条件 所定の治療を受けた場合

がんの治療では公的医療保険制度が適用されない治療を行う場合があります。

しかし、公的医療保険制度が適用されないと全て自己負担になり非常に高額です。

そこで、生まれたのが先進医療特約です。

先進医療特約はほとんどの場合、保険料が非常に安いです。

先進医療は数十万円〜数百万円かかることもあり、経済的リスクは高いのでぜひおすすめしたい特約です。

女性特約

女性特約は乳がんや子宮がんなど女性特有のがんに対してより保障を厚くするための特約です。

女性特約は商品によってかなり差があります。

給付金に関して一時金型もあれば日額型もあり、給付条件も入院が条件のタイプもあれば通院から給付されるタイプもあるのです。

女性の方で不安な方はどんな病気に対してどのような備えが必要かをよく考えて商品を選ぶようにしましょう。

抗がん剤治療特約

抗がん剤治療特約はがん治療を目的として抗がん剤を使用した際にもらえる給付金です。

治療を受けた月ごとに給付金を受け取るタイプが主流です。

抗がん剤は一回で終わりではなく、中長期で治療を続けるため、治療が長期化しやすいので一時金ではなく、月ごとに受け取るタイプの保障になっています。

抗がん剤は未承認の薬であれば公的医療保険制度の適用外となります。適用外の薬を使用すると全額自己負担となり、高額な費用がかかるので準備しておきましょう。

放射線治療特約

放射線治療特約はがん治療を目的とした放射線治療を受けた際にもらえる給付金です。

治療を受けるごとにもらえる一時金タイプが主流です。

放射線治療は一回で終わらないことも多く、給付回数は複数回または無制限のタイプが多いです。

また、手術給付金が放射線治療でも受け取れる設定の商品もあります。

がん保険以外でカバーできる公的医療保険

がん保険の給付・特約内容を見るとかなり幅広い範囲をカバーしていることがわかります。

この中から自分に必要な特約を選んでカバーする範囲を決めていきましょう。

しかし、がんに対する備えにはがん保険以外に「公的医療保険」もあります。

公的医療保険があることも知った上でがんに対する準備を考えていきます。

公的医療保険とは健康保険などの総称です。日本の公的医療保険の充実度は世界でもトップクラスと言われています。

がんに関わることが多い公的医療保険制度は下記の2点です。

治療費の自己負担減額

がんに関わらず病院などで治療を受けた際に公的医療保険に加入していれば、公的医療保険が治療費を一定額負担してくれます。

負担の割合は年齢などで決まっており、70歳未満の成人では治療費の7割を公的医療保険が負担し、治療費の自己負担額は3割となります。

手術や検査・薬など直接治療に関わる費用は多くが公的医療保険の適用範囲なので、実は治療費における自己負担額はかなり安くなっています。

公的医療保険が適用されない費用

しかし、中には公的医療保険が適用されないものもあります。

下記が代表的な費用です。

  • 先進医療
  • 未承認の薬(治験)
  • 個室の差額ベッド代

がん治療には先進医療や未承認の薬を使うことも多く、公的医療保険の適用外なので全額自己負担となります。

また、入院中に個室を希望した際には通常の大部屋よりも料金が高くなります。

この差額ベッド代も公的医療保険の適用外です。長期入院するとばかにならない金額となるので注意してください。

高額療養費制度

がん治療に関わらず、公的医療保険が適用される治療費は高額療養費制度を適用できます。

高額療養費制度とは一月でかかった治療費が一定額を超えた場合、超えた金額を払い戻してくれる制度です。

高額療養費制度が適用される金額(自己負担限度額)は所得によって定められており、目安としては下記の通りです。

所得区分 自己負担限度額の目安
報酬月額27万円未満 57,600円
報酬月額27万円以上~51万5千円未満 約80,000円
報酬月額51万5千円以上~81万円未満 約170,000円
報酬月額81万円以上 約250,000円

自己負担限度額は所得と総医療費がわかれば計算することができます。

気になる方は、全国健康保険協会のホームページから計算してみてください。

自己負担限度額が決まっているということは、公的医療保険が適用される治療のみであればこの限度額を毎月用意できれば良いということです。

ただし、自己負担限度額以外にも必要な費用があることに注意しましょう。

公的医療保険適用外の治療費や差額ベッド代ももちろんですが、他に下記のような費用をどう用意するかも考える必要があります。

  • 通院や家族がお見舞い時にかかる交通費
  • 働けなくなった分の収入の補填
  • 家賃などの生活費

病気になった時の治療費のみに目がいきがちですが、生活費なども今までと同じようにかかるのでその準備も必要です。

まとめ

今回はがん保険の必要性についてご紹介してきました。

がん保険の必要性について考える際にはがん保険やがん・がん治療に関する正しい情報が重要です。

今回ご紹介してきた情報をもう一度整理しましょう。

  • がん保険やがん・がん治療の特性
  • がんのリスク
  • がん保険と医療保険のカバー範囲の違い
  • がん保険の給付・特約内容
  • 公的医療保険による保障内容

がんは決してリスクの少ない病気ではありません。

また、長期療養や再発の可能性も高いなど、他の病気とは異なる特徴も理解した上でがんについて考えてみましょう。

がん保険は一度がんにかかると加入が難しい保険です。

がんへのリスクが高くなる年代の前にきちんと考えた上で、必要な備えを見極めて必要があればがん保険をぜひ活用してください。

Insurance