がん保険とはどんな保険?がん保険の特徴から選び方まで解説

日本人の2人に1人がなると言われている「がん」に備えた保険が「がん保険」で、保険を考えるとき必ず聞くと言ってもいいほど一般的な保険です。

しかし、がん保険がどのような内容の保険か詳しく知らない人も多いのではないでしょうか。

保険の内容を知らないと自分に必要な保険なのか判断もつきません。

そこで、この記事ではがん保険について下記の内容を解説していきます。

  • がん保険の保障内容
  • がん保険の特徴
  • がん保険のメリット・デメリット
  • がん保険の選び方

がん保険のメリット・デメリットなどをきちんと理解した上で、がんへの備えとして自分にとってがん保険が必要か考えてみましょう。

がん保険とは

がんは長期療養になるリスクや再発するリスクが高く、治療法も独自性があり、一般的な病気とは違う特徴を持っています。

がん保険は、がんやがん治療の特徴に合わせており、下記のような通常の医療保険にはない保障や特徴があります。

がん保険の特徴

  • 診断給付金がある
  • 支払限度に制限がない
  • 免責期間が設けられている
  • がん治療に合わせた特約が揃っている

次項でそれぞれの項目について詳しく解説していきます。

診断給付金(一時金)がある

通常の医療保険は入院給付金がメインの保障となっており、入院して治療を行わないと給付が受けられません。

一方、がん保険には診断給付金があります。

診断給付金とはがんと診断されたときに支払われる給付金で、一般的には100万円〜300万円に設定されています。

がん保険に診断給付金がある理由は、がん治療の特徴として下記の2点があるからです。

がん治療の特徴

  • 入院するとなると長期入院になることが多い
  • 通院治療になることも多い

がんで入院して治療する場合、長期入院や高額な治療などすぐにまとまったお金が必要になることが多く、それに備えた診断給付金が用意されています。

また、近年のがん治療は入院治療よりも通院治療の方が主流となってきています。

通院治療の場合、入院給付金を受け取ることはできません。

しかし、診断給付金であれば入院を条件としない場合が多いので、通院治療でも活用することが可能です。

通算入院支払限度日数が基本的には無制限

がん保険は原則として、通算入院支払限度日数が無制限となっており、これはがん治療に以下2点の特徴があるためです。

がん保険に通算入院支払い限度数が無制限な理由

  • 長期入院が多い
  • 再発のリスクが高く何度も入院することが多い

がんは長期入院や入退院を繰り返すことも多く、通算支払限度日数に制限がある一般的な医療保険だと給付金を受け取れなくなるケースが多い病気なので、通算支払限度日数が無制限となっています。

免責期間(猶予期間)が設けられている

がん保険には免責期間(猶予期間)が設けられており、加入の手続きが完了した後でも一定期間が経たないと保険が適用できず給付を受け取ることができません。

免責期間が設けられている理由は、診断給付金目当ての加入を防止するためです。

免責期間は多くの場合90日と定められているため、がん検診の受診も考えている人は、早めにがん保険について考えることをおすすめします。

がん保険の主な保障内容

がん保険の主な保障内容は下記の通りです。

主な保障 内容詳細
診断給付金(一時金) がんと診断された時に給付される一時金
入院給付金 がんで入院した時に支払われる給付金
手術給付金 がんで手術した時に支払われる給付金
通院給付金 がんで通院治療した時に支払われる給付金

入院給付金や手術給付金は、一般的な医療保険と同様の支払い基準があります。

ただし、がん保険には上記で紹介した支払限度日数が無制限であるという特徴があります。

がん保険は通院給付金のある商品もあり、その理由としては下記の2点があります。

がん保険に通院給付金がある理由

  • 通院治療が増えている
  • 退院後も継続して治療が行われることが多い

がんは通院しながら中長期的に継続した治療を行うことが多い病気なので、通院給付金特約がついているタイプが多いのです。

がん保険の主な特約内容

がん保険は、特約も豊富に用意されています。主な特約内容をチェックしていきましょう。

主な特約 内容詳細
先進医療特約 公的医療保険が適用されない先進治療を受けた際に一時金がもらえる特約
女性疾病保障特約 女性特有のがんにかかった時にもらえる一時金や給付金
退院給付金特約 がんの治療による入院が終了した時にもらえる一時金
化学療法・放射線治療特約 化学療法・放射線治療を受けた際にもらえる一時金や給付金

がん保険の特約は、がん特有の治療を使用した際に活用できるものが多いです。

先進医療や化学療法(抗がん剤など)・放射線治療は、公的医療保険制度の適用外となる治療も多く、高額な費用が必要となるので特約が整備されています。

女性疾病保障特約は女性特有のがん(乳がん・子宮がんなど)にかかった時にサポートする特約であり、退院給付金特約は退院後の治療や生活費をサポートする特約です。

これらのシーンに不安を覚える人は、がん保険の加入検討時に、特約も一緒に検討するといいでしょう。

がん保険の必要性

生命保険文化センターによる平成27年度の調査では、がん保険の世帯加入率は60.7%となっています。

加入率から見てもがん保険は人気保険の一つといえますが、そもそもがん保険は本当に必要なのでしょうか。

この章ではがん保険の必要性を考えるために下記の内容をご紹介します。

  • がん保険のメリット・デメリット
  • がん保険の必要性が高い人
  • 一般的ながんになる確率、がんにかかるお金

がんやがん保険に関して正しい知識を手に入れて、自分にとって必要かどうかを判断していきましょう。

がん保険のメリット、デメリット

病気になった時に備えるための医療保険と比較したメリット・デメリットは以下のとおりです。

メリット デメリット
  • 何度でも診断給付金や入院給付金が受け取れる商品がある
  • 長期にわたって入院給付金を受け取れる
  • 高額な治療に特化した特約が豊富にある
  • がん以外の病気やケガに対応できない
  • 免責期間がある

がん保険はがんに特化した保険なので、長期療養や再発による治療の繰り返しといったがんの特性に合わせた内容となっています。

逆にいうとがん以外の病気やケガには対応できないというデメリットもあります。

がん保険に加入しているとがんになったときにかなり手厚い保障を受けられます。

がん保険か医療保険、どちらの保険に加入しようか迷われている人は、がんになったときに自分にとって手厚い保障が必要であるかを考え、判断するべきです。

がん保険の必要性が高い人

がん保険の必要性が高い人は大きく分けると「がんになりやすい」「がんになった時の経済的な不安が大きい」の2種類に分けられます。

がんになったときに手厚い保障の必要性が高い具体的な人は、下記のとおりです。

がん罹患時に手厚い保障が必要だと思われる人

  • がん家系の人
  • 仕事を休職・退職したときに収入が極端に落ちる人
  • がんの治療費を貯蓄でまかなうことを想定していない人
  • がんへの不安が大きい人

がんは遺伝子が大きく影響すると言われているので、親や親せきががんにかかったことがある場合、自身もがんになるリスクは高いといえます。

また、がん治療は長引くことも多く、治療期間中の収入や貯蓄に不安がある人は保険で準備をしておくべきです。

また、保険は治療中の収入や治療費といった経済的なリスクを保障する他、「不安をなくす」という側面もあります。

自身がおかれている様々な状況から、がんに対する不安が大きい人は、がん保険に加入することで、適切な治療を受けることができる可能性が広がったり、収入が保障されることで治療に専念できたりするため、不安を少なくすることができるでしょう。

性別、年代別(20~60代)のがん保険の加入率

実際のがん保険の世帯加入率は60.7%です。

加入率について性別・年代別にもう少し詳しく見てみましょう。

男性 女性
20代 22.0% 28.9%
30代 46.3% 46.5%
40代 52.8% 49.2%
50代 46.8% 43.1%
60代 42.2% 39.0%
全体 43.2% 42.2%

データ引用:公益財団法人生命保険文化センター 令和元年度「生活保障に関する調査」

がん保険は40代から男性の加入率が高くなり、全体でも男性の方が加入率は高いです。

家庭において男性の方が主な収入源であることも影響していますが、がんの罹患率も加入率の差に影響を与えています。

国立がん研究センターがん対策情報センター「がん登録、統計」

データ引用:国立がん研究センターがん対策情報センター「がん登録・統計」

上記のデータからも分かるように、50代半ばを過ぎると男性の罹患率の方が、女性よりも圧倒的に高くなることがわかります。

この罹患率の差も男性の加入率の高さに影響しているでしょう。

また、このグラフから40代くらいまでは女性の罹患率の方が高いこともわかります。

理由は、女性特有のがん(乳がん・子宮がんなど)が若年層の罹患率が高いがんだからです。

それによってがん保険も若年層では、女性の加入率が高くなります。

がんで入院した場合の治療費用・自己負担額の相場

がん保険を考える上では、がんで入院した時にどの程度費用がかかり、どの程度の金額を保険で用意しなければならないかを把握する必要があります。

ここからは実際にがんで入院したときの治療費用や自己負担額についてご紹介します。

一入院あたりの診療費は平均して一人当たり738,750円、1日当たりの診療費の平均は65,550円となっています。(厚生労働省 医療給付実態調査(平成29年)より)

しかし、この金額を全て自費で用意する必要はありません。なぜなら日本は公的医療保険制度が全員に適用されており、医療費の負担が少なくて済むからです。

特に知っておきたいのが、高額な医療費の負担軽減となる高額療養費制度です。

高額療養費制度とは、1ヵ月あたりの医療費が一定額(自己負担限度額)を超えた場合に、超えた金額を公的医療保険が保障してくれる制度のことです。

自己負担限度額は収入によって決まりますが、金額の目安は下記のとおりなので参考にしてください。

平成27年1月診療分から

所得区分 自己負担限度額
①区分ア
(標準報酬月額83万円以上の人)
(報酬月額81万円以上の人)
252,600円+(総医療費-842,000円)×1%
②区分イ
(標準報酬月額53万円~79万円の人)
(報酬月額51万5千円いじょう~81万円未満の人)
167,400円+(総医療費-558,000円)×1%
③区分ウ
(標準報酬月額28万円~50万円の人)
(報酬月額27万円以上~51万5千円未満の人)
80,100円+(総医療費-267,000円)×1%
④区分エ
(標準報酬月額26万円以下の人)
(報酬月額27万円未満の人)
57,600円
⑤区分(低所得者)
(被保険者が市区町村民税の非課税者等)
35,400円

※総医療費とは保険適用される診察費用の総額(10割)です。
※診療を受けた月以前の1年間に、3ヵ月以上の高額療養費の支給を受けた(限度額適用認定証を使用し、自己負担限度額を負担した場合も含む)場合には、4ヵ月目から「多数該当」となり、自己負担限度額がさらに軽減されます。
※「区分ア」または「区分イ」に該当する場合、市区町村民税が非課税であっても、標準報酬月額での「区分ア」または「区分イ」の該当となります。

毎月の医療費は、この自己負担限度額を目安に準備するといいでしょう。

ただし注意したいのは、公的医療保険制度が適用されない費用がある点で、代表的なものは下記のとおりです。

  • 個室を希望したときの差額ベッド代
  • 公的医療保険制度適用外の治療(先進医療や未承認の薬使用など)

特に先進医療は数万円〜数百万円と非常に高額になるので、費用を用意できるか不安な人は、特約などで先進医療に備えておきましょう。

療養中の収入減に備える

ある程度、自己負担額がわかると「その費用のみを保険で用意すればいいのでは?」という考え方になりますがそれは間違いです。

入院すると入院中の収入が減ってしまうので、その収入減にも備えなければなりません。

がんでは長期入院が必要となり、休職になるケースも多く、一度退院しても再発する可能性があるため、その度に収入減の心配をしなければなりません。

病気になったときの収入減に備える方法は、下記の3点です。

  • 傷病手当金(公的医療保険制度)
  • 入院見舞金など(会社や組合といった民間による保障制度)
  • 貯蓄や保険(自費による用意)

公的医療保険制度では、病気やケガで働けなくなった人のために傷病手当金を用意しています。

連続して3日間休んだ後の4日目以降から給料が出ないときに限り、手当金が支給されます。

金額の目安は、標準報酬月額を平均した額の2/3程度で、最長で1年半支給されます。

また、公的医療保険制度の他に、会社の福利厚生として入院見舞金などが出る場合もあります。

保険を検討する際には、これらの公的な支援制度や会社からの支援制度の有無・内容を一度確認したうえで、これらの支援で足りない資金を保険や貯蓄で用意しましょう。

がん保険の選び方

実際にがん保険の加入を検討する際の、がん保険の選び方を解説します。

がん保険は「保障期間」と「貯蓄性の有無」で大まかに分類することができます。

終身型(一生涯) 定期(保障期間が限定)
貯蓄性あり(積立) 終身 + 積立 定期 + 積立
貯蓄性なし(掛け捨て) 終身 + 掛け捨て 定期 + 掛け捨て

基本的にはこの4つのタイプからどう選ぶかで考えましょう。

他には保障範囲や特約内容が商品ごとに変わってくるので、自分が必要な保障内容や特約があるかも確認しましょう。

保障期間(終身型・定期型)

まずは保障期間には、終身型と定期型があります。それぞれの特徴とおすすめする人は下記のとおりです。

特徴 こんな人におすすめ
終身型
  • 一生涯保障が続く
  • 保険料が変わらない
  • 加入時の保険料は定期より高い
  • 一生涯の保障が欲しい人
  • 自分のタイミングで契約終了を決めたい人
  • 保険料を変えたくない人
定期型
  • 保障期間が限定(更新は可能)
  • 同額更新すると保険料が高くなる
  • 加入時の保険料は終身型より安い
  • 一定期間のみの保障で良い人
  • 定期的に保険を見直したい人
  • 保険料負担を抑えたい人

がん保険は、がん治療で新しい治療法が出るたびに内容や特約がリニューアルされています。

つまり、20年後、30年後にはがん保険の内容が今と違うものになる可能性が大きいので、がん保険を定期的に見直したい方は定期型を検討しましょう

しかし、とにかく一生涯変わらない保険が欲しいという人は終身型を検討しましょう。

終身保険は保険料も変わらないので、家計の収支も想定しやすいというメリットもあります。

貯蓄性の有無(掛け捨て型・積立型)

貯蓄性が無いタイプ(掛け捨て型)と、あるタイプ(積立)との特徴とおすすめする人は下記のとおりです。

特徴 こんな人におすすめ
掛け捨て型
  • 規約返戻金はない
  • 保険料が安い
  • 保険料負担を抑えたい人
  • がん保険を解約するつもりがない人
積立型
  • 解約すると解約返戻金がある
  • 解約すると保障がなくなる
  • 保険料が高い
  • 掛け捨てに抵抗がある人
  • 一定期間だけ保険をかけたい人

お金が返ってくる分、積立型の方がいいと考える人は多いかもしれません。

しかし、注意すべき点は、お金をもらうために解約すると保険がなくなってしまう点です。

つまり、お金の積立を目的にがん保険に加入すると将来的にがんに備えることができなくなってしまいます。

保険を解約して別の保険に入ろうとすると、もう一度審査診査が必要になります。

それまでにがんや他の病気になると、がん保険に加入できないことや保険料が高くなることがあります。

がん保険を長期間続けようと考えている人は審査診査のリスクも考えて保険を選んでください。

Q&A

最後に、がん保険を検討する際に出やすい疑問をQ&A方式でご紹介します。

がん保険を検討するときの疑問

  • がん保険と医療保険の違いは何ですか?
  • がん保険の診断給付金(一時金)の給付回数に制限はある?
  • がんと診断後、保険に加入することは可能?
  • 「癌」では給付金がおりないことがある?
  • がん保険は年末調整の生命保険料控除の対象になる?

がん保険と医療保険の違いは何ですか?

がん保険と医療保険は目的と保障範囲が大きく異なります。

がん保険は「がん」に特化した保障であり、医療保険は「病気・ケガ全般」向けの保障です。

その分、がん保険は支払限度日数や診断給付金の存在など、がんという病気に合わせた保障内容となっています。

がん保険の診断給付金(一時金)の給付回数に制限はある?

がん保険の診断給付金は商品ごとに下記の違いがあります。

がん保険診断給付金の違い

  • 初回のみ
  • 複数回(制限あり)
  • 無制限

複数回や無制限の商品でも二回目以降は条件があることが多いです。

給付の間隔や入院の有無など商品ごとにバラバラなので注意しましょう。

がんと診断後、保険に加入することは可能?

がんと診断後にがん保険に加入するのはかなり難しいです。

がんが一度完治した後でも加入できないケースは多くあります。

しかし、近年各社「引受基準緩和型」や「無選択型」といった緩い審査基準や審査なしで加入できる保険を販売しています。

無選択型であれば審査が必要ないので加入することができます。

ただし、保険料が高くなっていたり、保険金給付金が安く抑えられていたり、保険金給付金の給付条件が厳しくなっていることもあるので注意しましょう。

「癌(上皮内新生物)」では給付金がおりないことがある?

一般的に「がん」は悪性新生物全般を指し、「癌」は上皮内新生物を指します。

みなさんが思い浮かべやすいのは「がん」です。

「癌」が指す上皮内新生物とはまだ臓器の表面に止まっているがん細胞のことで、手術で取り除くことで比較的治りやすく、転移の可能性も低いです。

癌は治療の負担が比較的軽いので給付金の対象外となっている保険もあります。

対象外とまではならなくとも給付される保険金が安くなるタイプもあるので確認しましょう。

がん保険は年末調整の生命保険料控除の対象になる?

がん保険も年末調整の生命保険料控除の対象になります。

生命保険料控除は保険を3種類に分けてそれぞれ控除されますが、がん保険の区分は「介護医療保険料控除」です。

まとめ

今回はがん保険について下記の内容をご紹介してきました。

  • がん保険は長期入院や通院治療に備えた内容になっている
  • がん保険は何度でも長期にわたって給付金を受け取れる
  • がん保険はがんに特化した保険なので、他の病気に対する備えも必要
  • がん保険は保険期間や貯蓄性の有無、特約内容で選ぶと良い

がんは長期療養や再発の可能性が高く、長期にわたってお金がかかる病気です。

また、高額な治療が必要となることも多いので、経済的なリスクを把握した上で、どのように準備するかこの機会に考えておくと安心です。

プロに相談する

万が一に備えたい

病気に備えたい

貯蓄したい

がん保険に関するおすすめコラム

もっと見る
Insurance