がん保険とは?医療保険との違い~治療の特徴や必要性・選び方のポイントを解説

がん保険とは?医療保険との違い~治療の特徴や必要性・選び方のポイントを解説

がん保険とは?がん保険と医療保険の違い

がん保険はがん(悪性新生物)を対象とした保険です。

通常の医療保険でも、がんは保険対象の病気です。しかし、入院・手術に備えることが主目的の医療保険だけでは、がんに罹患した際に十分な保障を受けられない場合があります。

その理由は、がん治療に以下の特徴があるためです。

がん治療の特徴

  • 高額治療になりやすい(保険適用外の治療方法が多い、退院後の通院も含め治療が長期化しやすいなど)
  • 再発リスクが高く、入退院を繰り返すケースが多い
  • (入院の場合)長期入院になることが多い
  • (入院とならない場合)通院治療のみのケースも徐々に増加している

以上のようながん治療の特徴に対応するため、がん保険と医療保険では保障内容に違いがあります。

がん保険の保障内容、医療保険との違い
がん保険 医療保険
保障対象
  • がん(悪性新生物)
  • 商品によっては癌(上皮内新生物)
  • 病気(がん含む)
  • ケガ
診断給付金(一時金) がんと診断された際に給付される一時金 ×
入院給付金 入院した時に支払われる給付金
通算入院支払限度日数 入院給付金が支払われる上限日数 無制限 制限あり
手術給付金 手術した時に支払われる給付金
通院給付金 通院治療した時に支払われる給付金 ×
免責期間 契約後、保障が受けられない期間設定 基本90日間 なし
特約 通常の主契約に付帯するオプション

※商品により多少保障内容は異なります

あらゆるケガ・病気の入院や手術に備えたい場合は医療保険を、保障対象はがんに特化しているものの罹患した際は手厚い保障を受けたい人はがん保険がおすすめです。

医療保険についてはこちらの記事を参考にしてください。

がん保険のメリット・デメリット

がん保険のメリット・デメリットは以下のとおりです。

メリット

  • 診断給付金(一時金)や通院給付金が受け取れる
  • 入院日数に制限がない
  • 高額な治療に特化した特約が豊富にある

デメリット

  • がん以外の病気やケガに対応できない
  • 保障されない免責期間がある

がん保険の必要性

がん保険の必要性が高い人とは「がんに罹患した際に手厚い保障が必要な人」であり、具体的には以下に当てはまる人を指します。

1.がんになりやすい人

    一般的にがんになりやすい人は、以下のとおりです。

    がんになりやすい人

    • がん家系の人
    • 喫煙者

    がんは遺伝子が大きく影響するといわれています。以下に当てはまる場合は、遺伝的要素でご自身もがんになるリスクが高いといえます。

    がん家系の人の特徴

    • 家系内に若くしてがんを罹患した人がいる
    • 家系内の複数人が特定のがんに罹患している

    また、国立がん研究センター「がん情報サービス」によると、タバコががんの原因になることは科学的にも明らかにされており、男性でがんになった人のうち約3割は喫煙が原因とされています。

    2.経済的な不安が大きい人

    がん治療は長期化することが多く、治療期間中の収入減や貯金額が不安な人はがん保険で備えておくべきです。

    以下に当てはまる場合は、がんに罹患した際に経済的に困る可能性が高いといえます。

    がんになったときに経済的な不安が大きい人の特徴

    • 治療費を貯金だけで賄えない人
    • 仕事を休職・退職したときに収入が極端に落ちる人

    がんへの備えとして保険が必要かの判断基準は、以下の費用を貯金で賄えるかどうかです。

    がんのリスクに備えるために考えておくべき費用

    1. 治療費の自己負担額
    2. 療養中の収入減に対しての補填額

    治療費の相場や、利用できる公的な制度も合わせて確認していきましょう。

    治療費の自己負担額の目安

    がん治療の相場金額は以下のとおりです。

    がんに罹患した際の一人あたりの平均治療費

    • 一入院あたりの診療費平均:738,750円
    • 一日あたりの診療費平均 :  65,550円

    厚生労働省 医療給付実態調査(平成29年)より

    ただし上記全額が自費負担なわけではなく、公的医療保険制度の高額療養費制度を利用すれば医療費の自己負担額が軽減することができます。

    「高額療養費制度」とは?
    一ヶ月の間に保険診療で支払った治療費が一定額を超えた場合に、超過分を公的医療保険が負担してくれる制度

    高額療養費制度は健康保険・国民健康保険、どちらに加入していても利用可能です。

    一ヶ月の自己負担限度額(上限額)は年収ごとに区分されています。

    平成30年8月診療分からの一ヶ月の上限額(69歳以下の方)
    所得区分 自己負担限度額(世帯ごと)
    区分ア(年収約1,160万円~)
    健保:標準報酬月額83万円以上
    国保::旧ただし書き所得901万円超
    252,600円+(総医療費-842,000円)×1%
    区分イ(年収約770~約1,160万円)
    健保:標報53万~79万円
    国保:旧ただし書き所得600万~901万円
    167,400円+(総医療費-558,000円)×1%
    区分ウ(年収約370~約770万円)
    健保:標報28万~50万円
    国保:旧ただし書き所得210万~600万円
    80,100円+(総医療費-267,000円)×1%
    区分エ(~年収約370万円)
    健保:標報26万円以下
    国保:旧ただし書き所得210万円以下
    57,600円
    区分オ 住民税非課税者 35,400円

    ※総医療費とは保険適用される診察費用の総額(10割)です。

    ※「区分ア」または「区分イ」に該当する場合、市区町村民税が非課税であっても、標準報酬月額での「区分ア」または「区分イ」の該当となります。

    ※後期高齢者など例外もあり

    ※総医療費は自己負担軽減前の金額

    ※旧ただし書き所得とは、所得から住民税基礎控除額33万円を差し引いた金額

    この自己負担限度額を貯蓄で賄えるかをひとつの目安に考えるといいでしょう。

    例えば月収35万円の人だと自己負担額は約8万円〜9万円のため、約10万円を問題なく捻出できるなら治療費への備えは一旦は大丈夫といえます。

    ただし上記の上限額は一ヶ月単位の金額のため、長期治療となればさらに金額がかさみます。また、高額療養費制度には以下のように対象外の費用があるので注意しましょう。

    高額療養費制度の対象外の医療費

    • 美容整形などの審美目的の治療費
    • 先進医療技術料や自由診療
    • 入院中の差額ベット代・食事代
    • 通院や入院時の交通費 など

    特にがん保険の治療法として利用される先進医療技術は数万円〜数百万円と非常に高額ですが、高額療養費制度の対象外です。

    このような対象外の費用も含め経済的に不安な人は、給付診断金(一時金)のあるがん保険に加入する、もしくは先進医療特約を付帯する必要性が高いといえます。

    先進医療については以下の記事も参考にしてください。

    療養中の収入減に備えるには

    がんは長期入院、もしくは再発し入退院を繰り返すリスクが高いため、治療費の他に働けない場合の収入減に備える必要があります。

    収入減に備えるために利用できる制度や方法は、以下のとおりです。

    収入減に備え、利用できる制度や方法

    • 傷病手当金
    • 会社や組合独自の福利厚生・保障制度(入院見舞金など)
    • 貯蓄や保険
    「傷病手当金」とは?
    健康保険の被保険者が病気やケガの療養のため、生活保障として報酬月額に応じて保険者から手当金がもらえる制度

    傷病手当金を利用することで、月収の2/3程度の手当金が最長1年6ヶ月支給されるため、家計を圧迫するリスクを軽減できます。

    傷病手当金の給付条件は下記のとおりです。

    傷病手当金の給付条件

    • 健康保険の被保険者であること
    • 業務外での病気やケガによる療養のための休業
    • 仕事に就くことができない
    • 連続する3日間を含み4日間以上仕事に就けない
    • 休業した期間給与の支払いがない、または減額される

    また、会社の福利厚生として入院見舞金が出る場合もあります。

    これらの公的な支援制度や会社からの支援制度の有無や内容を確認し、収入減のリスクには貯金だけで賄えるのか判断しましょう。

    3.がんへの不安が大きい人

    保険は治療費や療養中の収入減など経済的なリスクを保障できるだけでなく「心理的な不安・負担を軽減する」側面もあります。

    「子供がまだ小さくこれから教育費が多額にかかる」「住宅ローンなど多額の支払いが残っている」などご自身の状況に不安を抱えている人もいるでしょう。ましてやがんは日本人の2人に1人がなるといわれる程、身近な病気です。

    がん保険に加入することは、そのような心理的負担を軽減するためにも有効といえます。

    がん保険の加入率(性別・年代別)

    生命保険文化センターによる平成27年度の調査では、がん保険の世帯加入率は60.7%です。

    各性別・年代別の加入率は以下のとおりです。

    がん保険の加入率(性別・年代別)
    男性 女性
    20代 22.0% 28.9%
    30代 46.3% 46.5%
    40代 52.8% 49.2%
    50代 46.8% 43.1%
    60代 42.2% 39.0%
    全体 43.2% 42.2%

    データ引用:公益財団法人生命保険文化センター 令和元年度「生活保障に関する調査」

    20代~30代は女性のがん保険加入率が高いのは、女性特有のがん(乳がん・子宮がんなど)の罹患率が若年層で高いことが影響しています。

    一方、40代以降は男性の加入率が高くなっています。特に40代男性の加入率が最も高く、家庭において主な収入源が男性であることが影響しているといえます。

    また、以下のグラフからも読み取れるように、50代半ば過ぎから男性の罹患人数が女性よりも男性が圧倒的に増えていくことも加入率に影響を与えているといえそうです。

    国立がん研究センターがん対策情報センター「がん登録、統計」

    データ引用:国立がん研究センターがん対策情報センター「がん登録・統計」

    がん保険選び方のポイント

    がん保険を選ぶときのポイントです。

    細かい保障内容は商品ごとに異なるので、自分が必要な保障内容や付帯できる特約があるかもあわせて確認しましょう。

    1.保障対象

    保障対象において確認すべきポイントは、以下の3点です。

    診断給付金(一時金)・通院給付金の有無

    がん保険は、診断給付金(一時金)や通院給付金があることが一般的です。

    しかし、すべてのがん保険に必ず付帯しているものではなく、商品によって通院給付金がない場合もあります。

    自身ががんになった際に、診断給付金として一時的に大きな金額を得たいのか、それとも長引く通院に備えた額に備えたいのかを考え、保険商品を選ぶ必要があります。

    また、診断給付金(一時金)は、商品によりがんに罹患した初回のみ・無制限・回数制限ありなど給付条件が異なります。

    複数回や無制限に給付される商品でも、二回目以降は給付間隔や入院の有無の制限がある商品もあります。

    診断給付金の有無を確認する際は、あわせて給付条件も確認しておきましょう。

    保障対象の範囲(がん(悪性新生物)と癌(上皮内新生物)の違い)

    がんには2種類あり、悪性新生物を指す「がん」と、上皮内新生物を指す「癌」があります。

    癌(上皮内新生物)は、臓器の表面に止まっているがん細胞で、手術により取り除けば転移の可能性が低く、治療負担が比較的軽めになることが一般的です。

    がん保険に適応されるのはがん(悪性新生物)であり、癌(上皮内新生物)の場合は、保障対象外もしくは保険金が安くなる場合があります。

    検討しているがん保険の保障対象を事前に確認しておきましょう。

    上皮内新生物に関しては以下の記事も参考にしてください。

    2.保険期間の違い(終身型・定期型)

    保障期間には、「終身型」と「定期型」があります。それぞれの特徴は以下のとおりです。

    終身医療保険と定期医療保険のメリット・デメリット
    メリット デメリット おすすめな人
    終身型
    • 一生涯同じ保障を受けられる
    • 保険料がずっと変わらない
    • 加入時の保険料が定期医療保険より高い
    • 保険内容が変更されても反映されない
    • 一生涯同じ保障を受けたい人
    • 自分のタイミングで契約終了を決めたい人
    • 保険料を変えたくない人
    定期型
    • 加入時の保険料が終身型より安い
    • 保障内容が変更されると更新時に最新の内容になる
    • 保険期間が期間限定のため、終了すると保障がなくなる(更新は可能)
    • 同額更新すると保険料が高くなる
    • 一定期間のみ保障を手厚くしたい人
    • 定期的に保険の見直しを考えたい人
    • 月々の保険料負担を抑えたい人

    がんの治療法は最新化が進んでおり、それにともないがん保険の内容や特約もリニューアルされています。

    数十年後にはがん保険の内容が、今とは異なっている可能性が高いです。

    常に最新の保障内容で備えたい人や、がん保険を定期的に見直したい人、また子供が幼く教育費がかかる・家のローンの支払いが残っているなど出費が多い一時期だけ保障を手厚くしたい人は、定期型を選ぶことをおすすめします。

    一方、終身型は、ライフステージに関わらず一生涯変わらないベースとなる保障を持っておきたい人向けです。終身型は保険料が変わらないので、家計の収支も想定しやすいメリットもあります。

    3.貯蓄性の有無(掛け捨て型・貯蓄型)

    医療保険は大きく分類すると、貯蓄性のない「掛け捨て型」と貯蓄性のある「貯蓄型」の2種類があります。

    それぞれの特徴と、おすすめな人は下記のとおりです。

    掛け捨て型・貯蓄型のメリット・デメリット
    メリット デメリット おすすめな人
    掛け捨て型
    • 貯蓄型よりも保険料が安い
    • 保険の見直しがしやすい
    • 解約返戻金がない
    • 保険料負担を抑えたい人
    • 定期的に保険の見直しをしたい人
    貯蓄型
    • 掛け捨て型よりも保険料が高い
    • 解約すると解約返戻金がある
    • 貯蓄ができる場合もある
    • 支払った全額が返ってくるわけではない
    • 早期解約すると返ってくる金額が少なくなる
    • 掛け捨て型に抵抗がある人
    • 一定期間だけ保険を厚くしたい人
    • 病気やケガにならなかった場合、支払った保険料が戻ってくる保険に興味がある人

    保険料負担を軽くしながらも万が一の場合に備えたい場合や、定期的かつ柔軟に保険の見直しをしたい人は、掛け捨て型を検討しましょう。

    ある程度の期間同じ保険に入り、その後は貯蓄などで医療費や収入減を賄うという人には貯蓄型をおすすめします。

    ただし、解約返戻金があるからといって、お金の積立目的として貯蓄型がん保険に加入することはおすすめしません。

    なぜなら、解約した際にがんに備える保障がなくなってしまうからです。

    保険を解約し別の保険に入るには、審査診査が必要です。もし再加入までにがんや病気の既往歴があった場合は新しいがん保険に加入できない、もしくは保険料が高くなるリスクがあることも覚えておきましょう。

    4.保険料の支払い方法(終身払いタイプ・短期払いタイプ)

    保険料の支払い方法は生涯保険料を支払い続ける「終身払いタイプ」と、一定期間あるいはある年齢までで支払いを終える「短期払いタイプ」があります。

    短期払いタイプでも、保険料の支払いを終えたあとも保障は一生涯続きます。

    終身払いタイプ・短期払いタイプの特徴
    特徴 おすすめの人
    終身払いタイプ
    • 毎月の保険料負担が軽い
    • 亡くなるまで支払いが続くため、長生きすると保険料の支払い総額が大きくなる
    • 月々の保険料負担を抑えたい人
    • 老後に保険料を払い続ける自信がある人
    • 将来的に見直しを想定している人
    短期払いタイプ
    • 毎月の保険料負担が大きい
    • 長生きすると保険料の総額が安く済む可能性が高い
    • 老後に保険料なしで保障だけを持つことができる
    • 月々の支払い能力に余裕がある人
    • 現状の医療保険で一生涯問題ないと考えている人

    Q&A

    最後に、がん保険を検討する際によくある疑問点をQ&A方式でご紹介します。

    がんと診断後、保険に加入することは可能?

    がんと診断後にがん保険に加入するのはかなり難しいです。

    がんが一度完治した後でも加入できないケースは多くあります。

    しかし、近年各社「引受基準緩和型」や「無選択型」といった審査基準が緩いもしくは審査なしで加入できる保険が販売されており、無選択型であれば無審査で加入可能です。

    ただし、保険料が高い、保険金給付金が安い、保険金給付金の給付条件が厳しくなっているなどの場合があるので注意しましょう。

    がん保険は年末調整の生命保険料控除の対象になる?

    がん保険も年末調整の生命保険料控除の対象です。

    生命保険料控除は保険を3種類に分けてそれぞれ控除されますが、がん保険の区分は「介護医療保険料控除」です。

    給付金は非課税対象?

    がん保険にかかわらず、個人が生命保険会社から受け取った給付金は基本的には非課税です。

    がん保険の特約にはどのような種類がある?

    がん治療は、先進医療や化学療法(抗がん剤など)・放射線治療など公的医療保険制度の適用外となることも多いです。

    がん保険にはそのような治療に備えた特約が豊富に用意されています。主ながん保険の特約種類と内容は以下のとおりです。

    がん保険の特約種類と内容
    特約の種類 内容詳細
    先進医療特約 公的医療保険が適用されない先進治療を受けた際に一時金がもらえる特約
    女性疾病保障特約 女性特有のがん(乳がん・子宮がんなど)にかかった時にもらえる一時金や給付金
    退院給付金特約 がんの治療による入院が終了した時(退院時)にもらえる一時金
    化学療法・放射線治療特約 化学療法・放射線治療を受けた際にもらえる一時金や給付金

    がん保険の加入検討時に、特約も一緒に検討しましょう。

    まとめ

    今回はがん保険について下記の内容をご紹介してきました。最後に大切なポイントを振り返りましょう。

    入院・手術のリスクに備えることが主目的の医療保険だけでは、がんへの備えは不十分です。

    がん保険はがん以外の病気・ケガには対応はできません。しかし、長期療養や再発の可能性が高く、治療費が高額になりやすいがん治療の特徴をカバーできる保険となっています。

    がん保険の特徴

    • 診断給付金(一時金)や通院給付金が受け取れる
    • 入院日数に制限がない
    • 高額な治療に特化した特約が豊富にある
    • 保障されない免責期間がある

    がん保険の必要性が高い人とは、主にがん家系の人や喫煙者、がんに罹患した際に治療費と収入減のリスクを貯金だけで賄うことに不安が大きい人です。

    もしご自身ががん保険の必要性が高いと感じられている人は、以下のポイントを比較しながら自分に合ったがん保険を検討しましょう。

    がん保険の選び方のポイント

    1. 保障対象
    2. 保険期間の違い(定期型・終身型)
    3. 貯蓄性の有無(掛け捨て型・貯蓄型)
    4. 保険料の支払い方法(終身払いタイプ・短期払いタイプ)

    これまで解説してきた内容を読んでも、自分自身で適切な保険を選ぶのが難しく感じる人もいるかもしれません。そのような人は、ぜひお金・保険のプロであるファイナンシャルプランナーへの無料相談を検討してみてください。

    複数の保険会社の商品からあなたにあった保険や資産形成についてサポートさせていただきます。

    プロに相談する

    万が一に備えたい

    病気に備えたい

    貯蓄したい

    がん保険に関するおすすめコラム

    もっと見る
    Insurance