1. ナビナビ保険 >
  2. 損害保険 >
  3. ペット保険 >
  4. うさぎにペット保険は必要?補償内容や選び方、かかりやすい病気を解説
更新 更新:2022.07.12

うさぎにペット保険は必要?補償内容や選び方、かかりやすい病気を解説

うさぎにペット保険は必要?補償内容や選び方、かかりやすい病気を解説
執筆者

品木 彰

ファイナンシャルプランナー
所有資格
ファイナンシャル・プランニング技能士2級, 日商簿記検定3級
専門分野・得意分野
保険全般・不動産関連・税金・投資

うさぎの平均寿命は、7〜8歳といわれていますが、10年以上生きるうさぎもいます。年齢を重ねるほど病気やけがのリスクが高まるのは、人間と同じです。

保険会社によっては、犬や猫だけでなくうさぎもペット保険に加入できます。ペット保険に加入していれば、飼っているうさぎが病気やけがで通院や入院、手術をしたとき保険金が支払われるため、飼い主の負担を軽減できます。

本記事では、うさぎにとってペット保険が必要な理由や、うさぎがかかりやすい病気、ペット保険を選ぶ際のポイントなどを分かりやすく解説します。

うさぎにペット保険が必要な理由

うさぎにとってペット保険が必要な理由は、病気やけがで通院したり入院したりすると高額な治療費がかかる可能性があるためです。

人間であれば、病気やけがで医療機関を受診したとき、公的医療保険により、自己負担額はかかった医療費の3割以下で済みます。

しかし、うさぎをはじめとした動物には、公的医療保険制度がないため、病気やけがの治療費は飼い主の全額自己負担です。大病を患ったり大きなけがをしたりしたとき、飼い主にとって大きな金銭的負担となることがあります。

うさぎは、比較的デリケートな生き物です。環境の変化に敏感であり、ストレスにも弱いといわれています。また、身体が軽いため骨折もしやすいです。

一方で、うさぎは犬や猫とは違い鳴いたりしません。加えて、具合が悪かったとしても痛みや辛さを我慢する傾向にあるため、飼い主は体調の変化に気づきにくいです。

気づいたときには、病気がかなり進行している可能性もあるため、少しでも異変を感じたらすぐに動物病院へ連れて行き治療を受けさせることが大切です。

ストレスに弱い

うさぎがストレスを抱える要因は、テレビの音や飼い主とのコミュニケーション不足などさまざまです。抱っこでさえも、うさぎにとってはストレスになることがあります。

ストレスを抱えたうさぎは、食欲不振や下痢などになることがあります。

気温の変化に敏感

うさぎは、気温の変化に敏感であり、暑さにも寒さにも弱い動物です。気を付けて飼育をしていても温度や気圧が急激に変化すると、体調を崩してしまうことがあります。

特に、夏は熱中症になる恐れがあります。うさぎを飼うのであれば、夏は冷房を、冬は暖房を使って、室内の温度を調整することが大切です。

骨折しやすい

うさぎは、自然界において肉食動物に捕食される立場であるため、いざというとき速く走って逃げられるように、身体が軽くできています。そのため骨が軽く、犬や猫と比較して骨折しやすいです。

「飼い主が抱っこしているときに床に落下した」「高いところから飛び降りて着地したときに足が折れた」など、さまざまな原因で骨折をすることがあります。

うさぎがかかりやすい病気

では、うさぎはどのような病気にかかる可能性があるのでしょうか?ここでは、うさぎがかかりやすい病気をみていきましょう。

うさぎがかかりやすい病気
傷病名 概要
不正咬合 歯が正常でない方向に伸びて口腔内を傷つける病気
消化器疾患 胃腸の運動性低下(食滞症)や、胃の中に毛をはじめとした異物が滞って生じる異常(慢性の胃内異物)などの病気
尿路結石症 カルシウムやタンパク質の過剰摂取によって尿路に結石ができる病気
斜頸 脳に炎症が起こり首が左右のどちらかに傾く症状がある病気
スナッフル パスツレラ菌や緑膿菌、ブドウ球菌など原因による慢性鼻炎や副鼻腔炎
皮膚疾患 フケや脱毛など、ノミやダニなどが寄生することで発生する病気
骨折
熱中症

アニコム損害保険会社の調査によると、うさぎの保険金の請求理由としてもっとも多いのは、消化器疾患の25.1%でした。続いて、熱中症を含む全身性の疾患が16.4%、皮膚疾患が11.5%となります。※出典:アニコム損害保険「家庭どうぶつ白書

うさぎが病気になってからペット保険に加入できる?

ペット保険に加入するときは、ペットの健康状態を告知しなければなりません。飼っているうさぎがすでに病気になっている場合、ペット保険に加入できない可能性があります。

また、加入できたとしても、申し込み時点ですでに発症している病気については補償の対象外になるなど条件付きとなることがあります。

健康状態を損ねてからでは加入できなくなる可能性があるため、うさぎが健康なうちにペット保険への加入を検討することが大切です。

年間治療費の平均額

アニコム損害保険の調査によると、うさぎ1頭あたりの平均年間診療は以下の通りです。

うさぎの年間診療費の平均
平均値 中央値
0歳 8,820円 0
1歳 11,115円 0
2歳 14,383円 0
3歳 28,445円 2,160円
4歳 50,748円 8,964円
5歳 47,649円 14,008円
6歳 63,666円 18,122円

※出典:アニコム損害保険「家庭どうぶつ白書2019

中央値とはデータを小さい順に並べたとき、ちょうど真ん中にくる値です。平均値は、一部の極端なデータの影響を受けて、結果が実態とかけ離れることがあります。そこで実態に近い数値を知るために、中央値を確認することがあるのです。

0〜2歳までは、中央値が0となっているため、うさぎを飼っている人の多くは、治療費を負担していないと考えられます。3歳以降の中央値を見ると、年間医療費の実態は、数千〜2万円弱です。

一方で、すべての年齢を通して中央値と平均値には大きな差があるため、高額な治療費を負担している飼い主がいるとも考えられます。

うさぎのペット保険の選び方

ペット保険は、犬と猫であればどの保険会社でも補償の対象です。一方でうさぎについては、保険会社によっては補償対象となりません。ペット保険を選ぶ際は、最初にうさぎが補償の対象であるものを探しましょう。

そのうえで、以下の点を比較して加入するペット保険を選ぶのがおすすめです。

年齢制限

ペット保険は、新規で加入できる年齢に制限が設定されており、老齢になるほど加入しにくくなるのが一般的です。

また、継続して加入できる年齢も保険会社によって異なります。生涯にわたってペット保険に加入する可能性がある場合は、補償を継続できる年齢も確認しましょう。

保険料

ペット保険の多くは、加入時のペットの年齢が高くなるほど保険料も上がっていきます。

また、ペット保険の保険期間は原則1年であり、期間満了後も引き続き補償を得るためには更新をするのが一般的です。基本的には、更新をすると保険料は上がっていきますが、中には年齢を重ねても保険料が上がらないペット保険もあります。

ペット保険によっては、保険期間中に保険金を請求すると更新時の保険料負担がさらに増えることがあり、更新自体ができないケースもあります。

保険会社によって保険料の決まり方や計算方法、更新の取り扱いは異なるため、検討時によく確認することが大切です。

補償内容

ペット保険は、病気やけがの治療を目的とした入院や手術、通院が補償されます。入院と手術のみを補償するペット保険もありますが、うさぎは通院治療をすることも多いため、通院補償があるものを選ぶと安心です。

また、以下の点も確認すると良いでしょう。

  • 免責金額・免責期間
  • 補償割合
  • 支払限度額・支払限度回数

免責金額・免責期間

免責金額は、ペット保険の契約者が自己負担する金額のことです。

例えば、免責金額が5,000円である場合、うさぎの診療費が5,000円以下であれば、保険金は支払われません。

また、ペット保険の多くは、加入したあと30日程度の待機期間が経過しないと補償が開始されません。ペット保険を選ぶ際は、免責金額や免責期間を確認しましょう。

補償割合

ペット保険は、実際にかかった医療費に所定の補償割合をかけて保険金の支払額を算出します。保険会社によって取り扱いは異なりますが、補償割合は、50%、70%、100%から選べるのが一般的です。

例えば、10万円の手術を受けた場合、補償割合が70%、免責金額が5,000円であれば、保険金の支払額は10万円×70%-5,000円=65,000円となります。自己負担額は、35,000円です。

補償割合が高いほど、うさぎが医療機関を受診したときの飼い主の自己負担は減りますが、保険料は高くなります。補償内容と保険料のバランスをもとに、補償割合を決めましょう。

支払限度額・支払限度回数

ペット保険は、入院や通院、手術をしたときの保険金について、支払い限度額が設けられています。入院保険金と通院保険金は1日ごとに、手術保険金は1回ごとに支払限度額が設定されているのが一般的です。また、年間の最大補償額も設定されています。

保険金の支払対象となる入院や通院、手術の回数も決められているケースがほとんどです。

たとえ保険料が安くても、支払い限度額が低いペット保険や、支払限度回数が少ないペット保険を選ぶと、うさぎが病気やけがになったとき、想定よりも自己負担が重くなるかもしれません。

保険料だけでなく、支払限度額や支払限度回数についてもよく比較したうえで加入するペット保険を選ぶことをおすすめします。

窓口精算の有無

窓口精算とは、保険会社が発行する保険証を動物病院の支払い窓口に提示すると、支払額が自己負担額までに済む仕組みをいいます。

ペット保険は、動物病院の支払い窓口で治療費を全額負担したあと、保険会社に保険金を請求するのが一般的です。請求時に、診断書が必要となる場合もあります。

窓口精算ができるペット保険であれば、動物病院の支払い窓口で自己負担額を支払うだけで良いため、後日保険会社に保険金を請求する手間を省けます。

ただし窓口精算ができるペット保険は、保険料が割高です。また、すべての動物病院が窓口精算に対応しているわけではありません。かかりつけの動物病院や、自宅の近くにある動物病院が窓口精算に対応しているか確認したうえで、検討すると良いでしょう。

特約・付帯サービス

ペット保険に付帯できる特約や、付帯されているサービスも選ぶポイントの一つです。ペット保険に付帯できる代表的な特約は、以下の通りです。

ペット保険に付帯できる特約の例
補償内容
個人賠償責任特約 日常生活における偶然の事故によって、他人をけがさせたり他人の持ち物を壊したりして負った法律上の損害賠償責任を補償する特約
葬儀費用特約 ペットが亡くなったときの火葬やセレモニーの費用を補償する特約

例えば、ペット保険に個人賠償責任特約を付帯すると、飼っているうさぎが他人に噛みついてけがをさせたときの損害賠償を補償してくれます。

ただし賠償責任リスクには、個人賠償責任保険や、自動車保険や火災保険などで付帯できる個人賠償責任特約でも備えられます。ペット保険にまで個人賠償責任特約をつけると補償が重複するため、加入中の保険の補償内容をよく確認することが大切です。

またペット保険によっては、獣医師にうさぎの健康を相談できるなど、さまざまなサービスを提供しています。サービス内容を比較して、ペット保険を選ぶのも方法の1つです。

まとめ

うさぎは、環境の変化やストレスによって、さまざまな病気にかかる可能性があります。また、体が軽いため、高所から飛び降りたときに骨折しやすいです。

一方でうさぎは、身体表現で体調の変化を主張することが少ない動物であるため、飼い主は常に体調の変化に気を配る必要があります。うさぎの異変に気づいたら、すぐに動物病院につれて行き、必要に応じて治療してもらいましょう。

うさぎの治療費は全額自己負担となるため、身体の状態や治療内容によっては飼い主の金銭的な負担が重くなることがあります。ペット保険に加入していれば、うさぎが通院したり入院したりしたときの金銭的な負担を減らすことができます。

うさぎを飼っている方や、これからうさぎを飼おうと考えている方は、ペット保険への加入を検討してみてはいかがでしょうか。

品木 彰

品木 彰

大手生命保険会社にて7年半勤務し、チームリーダーや管理職候補として個人営業、法人営業の両方を経験。その後、人材会社で転職コンサルタントとしての勤務を経て、2019年1月よりwebライター/監修者として独立。
所有資格
ファイナンシャル・プランニング技能士2級, 日商簿記検定3級
専門分野・得意分野
保険全般・不動産関連・税金・投資
ナビナビ保険編集部

ナビナビ保険編集部

ナビナビ保険編集部は「どこよりも分かりやすい保険情報を届けること」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

おすすめの関連記事

ペット保険はいらない?犬・猫の治療費から検討する必要性や後悔しないための比較ポイントを解説

ペット保険はいらない?犬・猫の治療費から検討する必要性や後悔しないための比較ポイントを解説

2022.07.12
傷害保険とは?補償内容や支払われない例、必要性などをわかりやすく解説

傷害保険とは?補償内容や支払われない例、必要性などをわかりやすく解説

2022.07.12
猫に保険は必要? 疾患別の治療費からペット保険の必要性を解説します

猫に保険は必要? 疾患別の治療費からペット保険の必要性を解説します

2022.07.12
猫にマイクロチップの装着は必須?費用やデメリット、メリットを解説

猫にマイクロチップの装着は必須?費用やデメリット、メリットを解説

2022.07.12
猫を飼うときの心構えとは?準備するものやかかる費用、後悔を防ぐためのポイントを解説

猫を飼うときの心構えとは?準備するものやかかる費用、後悔を防ぐためのポイントを解説

2022.07.12
うさぎにペット保険は必要?補償内容や選び方、かかりやすい病気を解説

うさぎにペット保険は必要?補償内容や選び方、かかりやすい病気を解説

2022.07.12
犬を飼うにはどうすればいい?必要な準備や費用とペットを飼うことの心構えを解説

犬を飼うにはどうすればいい?必要な準備や費用とペットを飼うことの心構えを解説

2022.07.12